<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ゴシックてモダンになるのでしょうか!!
今日は特になんて事なかったんだけど、夜は、テレビでトリプルXを見てしまいました!!

公開当時映画館で見たんですが、とり合えず見出したら最後まで見ちゃいました、まあやっぱりB級の映画ですね!!
でもカットされなければもう少しましなんですが・・そんなのあたり前か・・・
でも、この映画は実は結構モダンダークウエーブな映画で(どこがやねん!!)

先ずオープニングにラムシュタインのライブシーンから始まるんですが、コレがまったく通常のラムシュタインよりかなりかっこよい!!

まあその後も良くあるクラシカルなストリング系の音にモダンヘビーとエレクトロ?な音楽、適当にインダストリアルなんて感じで音量は低いが意識してればカッコイイ!!!
何よりもアメリカじゃなくてチェコのプラハが舞台だって事がゴスゴスです!!


マジであんなクラブがあって、そこでラムシュタインが火炎放射器だらけのコンサートしてる訳はないんだろうけどまあ、吸血鬼映画でも恋愛もの、ましてや戦争映画でもなく、ヨーロッパの古き町並みを無駄に使うその姿!!
まさにゴシック文化の指の皮一枚くらいかすってるかな、と思わせる単なる出来損ないのアクション…本当は、はっきり言ってはゴシックとは何の関わりも在りませんスミマセン・・・
特に最後の10分はひど過ぎる・・・まるで30年前の007です。

まあ個人的には許したく成る範囲、と言うか、兎に角主役がスキンヘッズ、その上タトゥー男、まあそこんとこだけで見てしまった映画です!!!!

主役のヴィン・ディーゼル 、はまさに、現代のアメリカを象徴する不良のジェームスボンドしかもゴリラ顔、しかしやたら剃り残しが目立つ頭は 、もっとこまめに剃って貰いたいもんです!
タトゥーのセンスもイマイチ(もっともアレは全部ペインティングだけど)

やっぱり光り輝くいさぎよさと努力こそが、ROCKたる所以じゃないですかね!

そして最後にやっぱ去年ラムシュタイン見に行けば良かったとちょっと後悔!!



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング