<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
『築地天房』稚鮎、銀宝、白魚、最高春三昧!!
銀宝と稚鮎に白魚の天ぷら、そしてビール、極楽でございました!!


昨日は、天気も崩れたせいか、かなり過ごし易い気温でしたが、ここ数日、凄かったデスよね……。

インドなんて50度超えて、千八百人以上が熱中症で死亡したなんて言ってませんでしたっけ……。

確実に、地球が壊れて来てる気がしますね。

こんな感じで、四季に生きる日本も壊れ始めたら、マジ、地球も終わりですよ。

やはり、日本人が自然と共に、四季を感じながら生きて行く意味を、我々日本人は、もっと真剣に考えてみなくちゃ、いけませんよね。

やはり地球環境、マジで語り合うべきですよね。

処で、今日はなんの話しかと言うと、地球環境を論じる程の話しじゃなく、実は、これが、御蔵入り直前の、春の天ぷらの話しでございます……(冷汗)。
済みません、前振りが重くて。

しかし、こいつを今更書くのは、勇気が要ります。
実は、ずっと書こう、書こうと、思って居たんですが、忙しさと京都旅行なんかに阻まれて、このネタ、さらに遅くなり果てたって感じデス。
でも、考えてたら、まだギリギリ五月なんですよね。
普段だったら、全然一月前の事デスが……、で、済まされちゃうネタなんデスが、もう春すっ飛ばして、夏なんじゃないかって位の陽気になっちまって、今更春の旬を語るのなんて、時季外れも甚だしい、なんて事になりかねない位の五月の終わり。
異常気象とは言う物の、やっぱり、こいつを今更書くのは、勇気が要ります(笑)。

でも、旨い物は、旨いんです。
『旬の物にハズレ無し』は、間違い無いんです。

そんな訳で、何故か、真夏を感じる陽気に成って来ましたが、今月頭に、僕の琴線を大きく揺さぶった、春の旬の極み、天ぷらバージョンを敢えてこの暑さの中で、お伝えいたします!!

そんな訳で、話しは、未だ未だ春の四月最後の平日。
短い初春の旬の中、未だ未だ僕を愉しませてくれる、二つの食材に、再び出会うべく、築地場内の天婦羅屋『天房』に向かったジュネ様でございました。

二つの食材ってのは、銀宝と稚鮎の天ぷらで御座いました。

前回四月の10日頃に頂いたのはメインに銀宝の天丼と、サイドにチョイと稚鮎一匹って感じでしたが、その稚鮎の旨さが半端なく、今回の狙いはもう、稚鮎、稚鮎、絶対稚鮎でございます!!
もう、しっかり稚鮎の天ぷら喰ってやるぞ的テンションでの、『天房』再訪問でございました。
そんな、訳で、四月に二度目の天房の暖簾を潜り、カウンター席に着席。

今回は、壁に、銀宝の他に、稚鮎、ホタテ、そして白魚なんてメニューが、張り出されてましたよ!!


うわ〜、白魚もそそられますね!!

しかし、先ずは、当初の目的達成とばかりに、稚鮎の天ぷら三匹、銀宝の天ぷら一つ、そしてビールをお願いしました。

銀宝もさることながら、稚鮎の天ぷらの旨さ、中々鮮烈ですよ!!

ビールを口に含み、厨房から聞こえてくる、軽快な天ぷらを揚げる音を聴きながら、いつもの大将の仕事っぷりを眺めていると、気分は更に上がりますね。


やって参りました。

稚鮎三匹に、銀宝一匹。
白い紙の上に、正に泳がんとばかりの登場です。

先ずは、やはり稚鮎から!!

稚鮎、この小さな身体に、春の息吹を十分に纏ったその味は、爽やかな苦味、初々しい旨味、爽快な食感にあやどられ、正に絶品でございます(笑)。

『旬の物にハズレ無し。』

正に、今しか喰べれないその味に、
エクスタシーでございますよ(笑)。

そして、銀宝。

今回の物も、江戸前でしたが、前回四月の10日頃に喰べた銀宝より、弾力があり、ワイルド感アップで、更に僕を、官能の世界へと、誘ってくれましたよ!!

天丼で喰べるより、当然サクサク感が違いますね。
兎に角、旨いデス!!

もう、かなり、足腰立たない位に、極楽を彷徨ったジュネ様でしたが、今回は、 さらなる奥の手が待って居たんですよ!!

銀宝と稚鮎に、この身を溶かされ、夢うつつでございましが、どうにも、先程から、白魚の天ぷらが気に成って、どうしようも御座いません。
自慢じゃ、ありませんが、僕は未だ、生まれてこの方、白魚の天ぷらなんて物、喰べた事ございませんでした。
正に、初体験。
この機を逃したら、又いつ会えるやら……。

こうなりゃ、この機会に喰っておくべきかと、もう何の躊躇もなく、白魚の天ぷらもお願い致しました。

この、白魚の天ぷら、想像以上に旨かった!!

初白魚一口、口に含むと、サクッとした、食感の後に、中から溢れ出る、優しい、ゆなやわらかく、しかしその淡白でありながら、極めて味わい深い旨味が口の中に広がります!!

でも、もし、最初に白魚から喰べたら、其れ程感激しなかったか知れません。
稚鮎、銀宝と、春の突風に吹かれた後の、まるで春の微風の優しさに包まれた様な柔らかな味わいは、どうにもこうにも、心に刺さりましたね(笑)。
マジ、旨すぎです(笑)。

何処で獲れた物かは、聞きませんでしたが、その鮮度は間違いなし、正に旬の味その物デス。

いやあ、旨かった、旨かった。

朝からビールに、こんな春の旬揃いで、バチが当たりそうですよ!!

もう、この日は、一日中、ニコニコしていたと思いますよ(笑)。

そんな訳で、御蔵入寸前の、四月最後のネタで御座いましたが、その味の鮮烈さは、薄れようが無い、マジ春の天ぷら選りすぐりをお伝えしました。

でも未だ稚鮎は、楽しめるんじゃないかな……。

ホント、珍しい物に出会えるし、築地『天房』、又ちょくちょく覗いてみよう(笑)!!

そんな訳で、地球環境も、考えつつ、やはり『旬の物にハズレ無し』の言葉に打ち震えた、ジュネ様でございました!!

皆様、これから、益々暑くなると思いますので、熱中症に気をつけて下さいね!!


6月13日.東京ダークキャッスル100回記念パーティー!!
一点集中で、頑張ります!!

東京ダークキャッスルVol.100

2015.6.13 (Sat) at Shinjuku Christon Cafe
Open / Start 24:00
Adv 3,500円(1Drink付)
前売予約
http://tokyodarkcastle.org/info/reserve/reserve.html

TOKYO DARK CASTLE 公式サイト
http://tokyodarkcastle.org/

Day:A 4,500円(2Drink付)
Day:B 5,500円(5Drink付)
先着400名に、幻のオリーブ『オリーチェ』をプレゼントします!!


《DJ》
DJ Chihiro
TAIZO
WAKANA
Takuya ANGEL
Zono Pansy
裏口入学
Ray Trak

and more

[Pole Dance]
Nasty Cats

【fashion show】
STIGMATA
show music:律,長谷川 正,武井 誠
model:アヤコシラタマ,カリーナ,NANCY,...and more

《Band》
AUTO-MOD
オーラルヴァンパイア
HAT TRICKERS
KASSTRICK BACTERIA

《Fashion Effects》
Takuya Angel
PureOne Corset Works
TADACy
DALKIMA
NeQro
GALVANIC
銀龍堂
Cherry Mist Baraqiel
and more









東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
今年も築地で銀宝の天婦羅頂きました!!
初春の旬、銀宝と稚鮎に大満足でございました!!

やっと、春 爛漫と言う感じに成ってきましたね!!
春と言ったら、毎年僕の心をくすぐりまくる、憎い魚がいるんですよ(笑)!!
そいつを喰わなきゃ、ジュネ様の春はやっちゃ来ねえとばかりに、僕の気を惹くにくい奴、その名シルバートレジャー、銀宝でございまする。

銀宝と書いて、ギンポと読むんですよ!!
このギンポ、関東では、高級店でしか出ないと言われる通の又通の魚で御座います。

そんな、ハイソなお魚、貧乏人のジュネ様が何処で喰ってるんだと言う話しに成る訳ですが、築地場内の天婦羅屋『天房』は、ここ数年、僕の春の欲望を極めてリーズナブルに叶えてくれてるんですよ(笑)。

だから、春は、『天房』でギンポの天ぷら喰べて、気分新たに、来たるべき夏に向かうジュネ様でございますが、そんなギンポの季節が来たら、もう、気もそぞろ、アタマの中がギンポでいっぱいに成ってしまいます(笑)。

しかもギンポ、機会を逃したら、も来年迄喰べれ無い正に旬の魚!!

もう、ギンポ、ギンポで四方日も明けぬでございますよ(笑)!!

そんな訳で、今年もしっかりギンポ求めて、春の築地に行って参りました。

行ったのは、桜が散りきった、今から10日程前の4月16日。
未だ、何とか僕の好きな、西のギンポが喰べられるんじゃないかとの期待を膨らませての訪問でした。
銀宝って魚は、時期が二度在るんですよ。
一度は、桜の開花が話題になり始める頃。
その頃は、西のギンポが旬なんですよ!!
そして日本の桜が全部散った頃に、西のギンポは一旦姿を消して、ゴールデンウィーク超えた辺りから、今度は、江戸前のギンポが姿を現します。
僕は断然、関東より西のギンポ、特に日本海の荒波に揉まれた、能登辺りのワイルドなギンポが好きなんですが、でもここ数年は、どうも時期逃しちゃって、殆ど江戸前のお世話になってます……。
しかし、今なら、未だ桜が東北には残ってるみたいだし、今年こそはとの思いでいっぱいでしたよ!!

その日は、久々に天気が良く、築地場内、観光客でいっぱいでしたね。
近頃本当に、観光客増えてますよ。
やっぱり、築地移転が効いてるのかな、兎に角場内、どんな寿司屋も行列だらけですよ(笑)!!
人気店は、二時間、三時間待ちは当たり前になってきてますよね………。
しかしなんで皆んな、そんなに寿司屋ばっかり行くのかな……。
他にも旨い物いっぱいあるのにね………(笑)。

そんな長い行列を尻目に、天房の暖簾をするりと潜ると、相席に成りましたが、直ぐにテーブル席に着席。
まあ、混んでると言えば、混んでる方ですね。

ちょいと壁に、目をやると、在りますよ、ギンポ、ちゃんと銀宝400円の手書きの張り紙が、貼られています。

今年も銀宝が喰えると言う安堵感。
ウキウキしてしまいますよ(笑)!!

そして、更にお勧め天丼の中に、稚鮎の文字を発見!!

おお、来ましたね!!
銀宝のみならず、稚鮎迄来たとは、コイツァ春から、縁起が良いと言うもんですよ(笑)!!
しかし、早いですね……。

ここは、当然、銀宝と稚鮎の両方頼むべきと、ギンポを二つ天丼にして貰い、そこに取り敢えず、稚鮎を一匹別にお願いしました。

後は待つだけワクワクタイム(笑)!!
待ってる内に、カウンター席が空いたので、厨房脇のカウンター席に移動。
今年も大将の丁寧な仕事振りに目を向け、天婦羅の揚がる軽やかな音に、胸を躍らせます。

このギンポ、グロテスクな容姿、そして調理の難しさから、
関東以外ではほとんど調理されない魚、そんなめんどくさい魚を毎年丁寧な仕事で、しかも庶民価格で出してくれる、大将には、ほんと頭が下がります。

そんな大将に、『今日は何処のギンポですか?』と聞いた処、『今日は横須賀の方、江戸前だよ!!』との事。

えっ、うそ、もう江戸前なんだ………。
ちょっと絶句でしたね。
早くないですか、江戸前出て来るの……。

まあ、江戸前だろうと、男前だろうと、ギンポはギンポ、ましてや、天下の江戸前、此処は有り難く頂こうじゃないですか!!

ちょっと、折れかかった心を建て直し、今年も有り難く頂こうじゃないですか!!

はい、こちらが、江戸前銀宝の天丼と稚鮎の天ぷらでございます。

ギンポ、今年は、ちょいと小さいかな……!!

やっぱ、今年は早いんじゃないですか………。
丼には、幾分小さめな江戸前銀宝二匹と更に海苔と獅子唐。
脇には、一匹稚鮎がちょこんと泳いでいます(笑)!!
まあ、小さくても、今年初のギンポです!!
しっかり、謹んで頂かなくては……。
ではと、先ずは、待望のギンポの天丼から、頂きます。

初ギンポ一口、口に含むと、その淡白でありながら、極めて味が深い旨味が口の中に広がります!!

独特の弾力が在る食感、そしてその、軽やか香が、粋な春の風を僕の鼻腔に注ぎ込みます。

やっぱ、旨えや、ギンポ(笑)!!

江戸前だって、バッチリ旨いですよ(笑)!!

そして稚鮎、食べるのは、塩で……。

うわ〜、旨すぎデス!!

口の中に感じるのは、まさしく旬、
天ぷらだからこその感動が、
身体全体に衝撃を走らせますよ!!
苦味、稚鮎のさわやかさ、なんとも言えぬ鮮烈な香り!!

天婦羅の神様ありがとうございます!!
旬な物は、旬な時に喰らえ、これが食いしん坊の神様が、僕に教えてくれた教えですが、正にギンポも稚鮎もど真ん中、最高でございます。

稚鮎なんですが、なんか、たった一匹ではとっても満足出来ない感じでしたが、今年はまだ未だギンポが喰えそう、ここは、次回のお楽しみにと、我慢、我慢(笑)。

兎に角今回は、またまた初春の旬を大満足、築地『天房』、本当に良いお店です!!
又、絶対来ちゃいますよ!!

次回は、江戸前ギンポと稚鮎を塩で、ビールでぐびっと行かせて貰うつもりです。
いやあ、想像しただけで、よだれが堪らないや……(笑)!!

そんな訳で、今年は、まだまだ愉しめる、ギンポでございますが、来年こそは、西のギンポを絶対喰ってやると心に誓うジュネ様でございました(笑)!!

TOKYO DARK CASTLE Vol.99
2015年5月2日 (土・深夜) @ 新宿 MARZ

TOKYO DARK CASTLE Vol.99



[Band]
AUTO-MOD / THE SODOM PROJECT / DESTRUCT SYSTEM / W.A.R.P.
[DJ]
Chihiro / TAIZO / Ray Trak
[VJ]
Akky

Open / Start 24:00
Adv 3,000円 (+1drink)
Day 3,500円 (+1drink)
前売予約
http://tokyodarkcastle.org/info/reserve/reserve.html

TOKYO DARK CASTLE 公式サイト
http://tokyodarkcastle.org/



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
最高に旨い初鰹を喰べました!!
初鰹旨かった!!


やっと春らしくなって来ましたね!!
天気はここの処、不安定だったりで、桜もあんまり楽しめ無かったし……。
でも兎に角、暖かく成って来ましたよ!!
本当に春が来たって感じです!!

そんな、やっと訪れた春、しかし、味覚の春は、もう一月前から、しっかり楽しんでましたよ!!
未だ桜の開花も告げられる前、僕はしっかり春を感じてしまいましたよ(笑)!!
やっぱり、食の春も良いものです!!
さあ、これから、どんどん春を満喫していきますよ(笑)!!


そんな、春の息吹、最初に頂いたのは、築地米花で頂いた初鰹でしたよ!!

其れは、三月の前半、小雨そぼろ降るかなり寒い日でしたね。
近頃、割と満員状態の築地米花。
でも、この天気なら大して混んでは無いだろうと高を括って向かった築地米花!!

処が、これが超満員!!

実は、近頃米花、凄いんですよ!!
移転前に、二郎さん商魂逞しくなったのか、ツイッター効果?、テレビ効果?、海外メディア効果?か、兎に角かなり人が押し掛けてますね!!
元々安くて旨い店、其れが取材拒否を貫いての今迄でしたから、取材解禁したら、やっぱり人の流れが、押し寄せますよ(笑)。
近頃九時半過ぎに行くと、海鮮丼が売り切れの事もしばしば。
まあ、其れでも、人気の行列寿司屋と比べれば、極めて穏やかなものですが、其れでも、なにせ、あの築地の異色店、ましてやあのアナーキーなジローさんが接客してる『米花』である事を考えると、この人気振りは、大したもんです!!

この日は、何故か、女性客ばっかりでしたよ!!
米花も変わったもんです(笑)。

ジローさんもウキウキしてましたよ(笑)!!

いやあ、ノリノリでしたね(笑)!!


そんな築地米花で、いつもの様に、お任せで出されたのが、初鰹!!
これが旨くてビックリしました。

夏の到来を告げる初鰹、まあ、初鰹なんて、初物好きの江戸っ子の嗜好で在って、大して旨いもんじゃ無いと思ってた僕の人生。
でも、旨い初鰹って在るんですね……!!

初鰹は、脂が乗って居らず、さっぱりとしていて、旨さ的にも今一つと思っていたら、今回は、目から鱗ものの、絶品ぶり。
爽やかなかおり、さっぱりとしながらも、深い味わい。
脂が乗った鰹と違った、爽やかな春風の様な味わいといいますか、いやあ、初鰹旨かったですよ!!

しかも、このボリューム!!

ご飯に載せて、初鰹丼!!

旨いです!!

其れから、小付けのおから。

そして、おでん!!

どちらも旨かったデス!!
おでんに、米花特製辛子味噌を付けると、更に旨し!!
まだまだ寒かった先月中旬初め、おでんの旨味が染みましたよ!!

いやあ、毎度の事ながら、ビールが旨かったですよ!!

いつもながらに、楽しい時間を過ごせましたよ!!


そんな訳で、先月中頃の事でしたが、本当に旨い初鰹を食べて、春の息吹に吹かれまくったジュネ様でございました。

まあ、これを皮切りに、この後色々と、春の味覚を楽しみ捲っているジュネ様でございますが、先ずは一発目、初鰹から語らして頂きました。

皆さんも、やっと暖かくなってきたし、ガンガン春の味覚を楽しみ捲って下さいね!!








東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
初岩牡蠣、最高でしたよ!!
今年初の岩牡蠣、最高でした!!


火曜日の夜、久々に、マッキー先生のヴォイストレーニングに顔をだし、しっかり一時間絞られて来ました。

いやあ、ヴォイトレ効果有りますよ!!
ガンガン声が出て来ましたよ(笑)!!

忙しいので、月に一度、行けるかどうかのペースですが、自分でもハッキリ感じますね。

何せ、タトゥーゴッドのカツタ君にも『ジュネさん歌上手くなったね!!』と言われる位デスから(笑)!!

ホント、こんなんなら、35年前に、ちゃんとレッスンしとけば良かったな……、なんて、今更ほざいても後の祭り、まあこれから頑張りますよ(笑)!!
まあ、言っても、どうせ邪道ヴォーカリストですから、大したもんじゃありませんが(笑)!!

でも、全国の歌の上手く成りたいヴォーカリストは、マッキー事、川上真樹先生のレッスンを受けなさい、歌は上手くなれるし、このジュネ様と兄弟弟子に成れますよ(笑)!!

まあ、そんなレッスンの帰りに、又築地の『築地三代 魚や 粋』に寄り道。

なんか、ボイトレの後に築地三代が定番になりそうな感じになってきましたね……。

前回は、夕方の訪問でしたが、今回は、九時近くの訪問。
雨も降ってましたが、其れでも、7人位の先客が呑んでたかな。


周りの店がみんなシャッターを降ろしている中、ポツンと開いたこの店で、しっとりと一人呑みも良いものです。
いつもの様に、冷蔵ケースのテーブル席に陣取り、日本酒を頂く事に。
酒は、又山形の『ぼくれん 』 超辛口吟醸です。

ヴォイトレで、インナーマッスル使った後の一杯、堪りませんね!!

身体の芯に染み渡りますよ!!

お通しは、昆布と油揚げの煮物、渋い…(笑)。

この日のお勧め目玉商品は、明石の鯛の刺身380円。

明石の鯛摘んで一杯も、良いじゃないですか!!

これで、380円は、確かに目玉ですね。

塩を貰い、レモンと塩とワサビで頂きましたが、まあ普通に美味しかったですよ(笑)!!

やっぱり鯛は、塩が良いですね!!
そしてレモンと鮫皮でおろした生ワサビ、もう幸せです。

そんな鯛を口に含んだ後の日本酒は、もう言う事ありませんな(笑)。
正に極楽、極楽!!

『築地三代 粋』と言ったら、牡蠣ですよね、今日も色々並んでいます。

さあて、今日は、牡蠣は何を頼むかと、悩んだんですが、真牡蠣の三種盛りも良いなと思ったんですが、結局お勧めの、三重県鳥羽市畔蛸町の岩牡蠣を一つ注文。

岩牡蠣にしちゃ小振りだし、900円と言う値段ちょっと躊躇しましたが、やっぱり此処に来たら、旨い牡蠣喰って帰るべきですよ!!

今年初めての岩牡蠣ですよ!!

この時期に岩牡蠣はかなり、早いんじゃないかな……。

この牡蠣、本当に旨かったな……。

なんか、岩牡蠣と言うと、濃厚で、ミルキーと言うか、凄い味想像しちゃうけど、この畔蛸の岩牡蠣は、フレッシュで、フルーティで、其れでいて、味が深いって感じで、これはこれで、非常にありだなって感じでしたね!!

もう、満足、満足、大満足でございますよ!!

やっぱり、『築地三代 粋』は、牡蠣ですよね(笑)!!

ボイトレの後の心地良すぎる、癒しを楽しみましたよ!!

一人呑みの楽しさですか、十分満喫したって感じのジュネ様でございましたよ(笑)!!

又ボイトレの後にお邪魔したいけど、次のレッスンいつ出来るかな……。

まあ、気長にやっていきますわ(笑)!!

そんな、訳でボイトレ後の今年初の岩牡蠣で、超ご機嫌なジュネ様でございました(笑)!!




東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
築地三代 魚や 粋 で幻の魚を喰らう!!
『築地三代 魚や 粋』ヴォイトレの後の、最高の一杯!!


朝の築地と夜の築地、まるっきり別の顔になるんですよ!!
朝の築地の顔は、やっぱり市場ですよね。
場内、場外ともども、とんでもない喧騒に満ち、まじカオスでアジアンで、そしてアナーキーな街、それが築地ですが。
まあ、僕が呑んだくれているのも、この朝の築地、殆ど築地市場周辺のエリアで、そんな築地は、大体昼の2時頃迄には終わっちゃってます。
まあ、近頃、寿司屋やどんぶり屋関係は、夜迄やってますが、それでも、やっぱり夜の市場周辺は寂しいですね。

夜の築地の顔は、市場からちょいと離れるかな……。
打って変わった静寂が佇み、裏路地など、結構ハイソな臭いすら漂っています。
そりゃ、なにせ、銀座の隣だし、市場から新大橋通り隔てた銀座寄りには、元々名だたる高級料亭もいっぱいありますからね。

とは言うもの、そこは築地、ちょい飲みなら、リーズナブルで楽しい店もいっぱいありますよ!!
昨晩は、そんなリーズナブルな夜の店の一つ、天然刺身と牡蠣専の店『築地三代 魚や 粋』に、久しぶりに立ち寄ってみました。

実は、去年の夏位から、ヴォイストレーニング始めてまして。
先生は、マッキーこと、川上真樹。
知る人ぞ知る、正統派実力シンガーです。
もっとも、平均月一回位しか行って無いので、先生にとっては、あまり良い生徒とは言えませんが、まあ僕的にも、本格的シンガーを目指してる訳じゃ無いし……(笑)。
邪道ヴォーカリストとしては、この位が、丁度良い感じかな。
それでも以外と効果も在って、今年のレコーディングは、かなり楽しみなんですよ!!
そんな、マッキーのヴォイストレーニングスタジオが在るのが、なんと築地なんですよ!!

なんか、普段呑み歩いてる街で、ヴォイストレーニングってのも、こそばゆい感じがしますが、基本ヴォイトレは夜なんで、夜の築地の街を歩くのは、返って新鮮で、結構楽しくレッスンに通ってますよ!!
昨晩は、そんなマッキー先生のヴォイトレがあって、四時半頃から一時間、しっかりトレーニングいたしました!!
そんなレッスンも夕方五時半に終わり、良い汗かいた爽快感と、外気の心地良さに、気分は高揚し、どうもストレートに自宅に帰るのが勿体無くて、ちょっと一杯だけと、寄り道してしまいました。
久々、まじ久々の『築地三代 魚や 粋』訪問でございましたよ!!

場所は、築地のメインの交差点に在る、築地共栄会ビルの一階です。
あの浅田水産のまん前に、他の共栄会ビルのお店がみんなシャッターを降ろした時間に、夕暮れ時に突如として出現する店です!!

この店、とにかく旨い牡蠣と刺身を食わしてくれる店で以前、何度かお邪魔した店です。

僕が、訪れたのは、夕方5時45分頃。
周りの店がみんなシャッターを降ろしている中、ポツンとこの店しか開いていない、結構不思議な光景ですよ!!

先客はおらず、僕が最初の客かな。

久しぶりの『築地三代 魚や 粋』

店の奥は立ち飲みカウンター、ちょっと、いっぱい引っ掛けるのに最適ですよ!!

見た感じは、以前とさして変わってませんが、スタッフは皆さん変わっちゃった感じかな……。
実は、『築地三代 魚や 粋』さん、地下一階の方に、『地下の粋』なる店をオープンしました。
そっちの店の方が牡蠣をメインにしてるみたいで、こちら一階の『粋』は、今は、刺身が売りみたいですね。
さすがに、二店舗に別れくた分、ちょいと一階は、以前より地味に成ってるかもしれないな……。
当然、牡蠣の数は、以前より減ってますね………。

それでも、5種類の牡蠣が並んでるんだから、流石です。

そんな鮮魚や牡蠣が入った冷蔵ショーケースは、分厚いアクリル板が載せられ、なんとテーブルに成ってます。
これも『粋』の売りの一つですなね。

新鮮な魚を見ながら呑む酒は、中々乙なものですよ!!

取り敢えず、冷蔵ケースのテーブル席に陣取り、日本酒を頂く事に。
酒は、山形の『ぼくれん 』 超辛口吟醸です。

お姉さん、しっかり並々と、こぼれまくりに注いでくれます。

お通しは、蟹のワカメの小鉢。

酢が効いてて、サッパリ味の一品。

この『ぼくれん』ってお酒、初めてなんですが、中々旨い酒ですよ!!
キリッとした癖の無い、呑みやすい辛口吟醸です。

こりゃ、魚にも、牡蠣にもあいますね!!

お勧めは、ホワイトボードに書き出されています。


さあて、何を頼むかと、悩んだんですが、二店舗となり、牡蠣は地下店舗へと言われても、目の前に此れだけ並ぶ牡蠣を見てると、やっぱりそりゃ牡蠣が食べたく成るってもんで、その中から、陸前高田の牡蠣を一つ注文。

やっぱり『粋』に来たらには、牡蠣は外せませんよ!!

処で、この一階の『魚や 粋』は、名前の通り魚屋の機能もしております。
ここで呑んで、お土産に刺身を買って行くなんて、十分在りだし、ショーケース内の、魚の切り身を買って行くなんてのも、当然OKです。

そんな『築地三代 魚屋 粋』僕が呑んでる横で、上品そうな近所のおばさんが、カレイとアラを買って行きました。

アラって言っても、あの魚のさばきクズじゃありませんよ、九州の高級魚のアラですよ!!
「お味噌汁に入れようと思うの!!」だって……。
ちょいとおばさん、間違えてないか………。
幻の魚とか、超高級魚と呼ばれるアラを味噌汁にぶち込むつもりかい………。
どう考えても、普通アラの刺身は、味噌汁には入れないでしょう(笑)!!
アラ汁作るなら、魚のさばきクズでしょうに。

まあ、余計なお世話だし、おばさんが、分かってて、アラの刺身で、味噌汁作ろうとしてるのかもしれないし……(笑)。
まあ、兎に角、『築地三代 魚や 粋』は、そんな感じのお魚屋さんでもあるんです。

そんな魚屋みたいな呑み屋で、牡蠣をツマミに呑むなんざ、粋過ぎて、こそばゆく成ってきますよ(笑)!!

今回の陸前高田の牡蠣350円、大振りで、プリっとした食感、爽やかな香り、どこまでも、上品で居ながら、牡蠣の旨味がしっかりと感じられ、中々良い牡蠣です。

今回は、レモンかけて頂きました。

旨い日本酒と、旨い牡蠣、日本人に生まれて、良かったなんて、陳腐ではありますが、そんな言葉が、リアルに染み出して参りません。

これだけで、この店に来た甲斐があると言う物です。

しかし、だからと言って此れだけで満足しちゃ、せっかく『粋』に来ているのに、勿体ないじゃありませんか!!

もう一品位、旨い物喰って帰りたいじゃありませんか(笑)!!

そうなると、さっきのおばさんの、アラの刺身の話しが頭に浮かび、どうしても喰べてみたい気分に。
アラの刺身なんて、そうそうたべれるもんじゃありませんからね。

そんな訳で、本日の目玉『鹿児島産 アラの刺身』680円でございます。

こちらでは、刺身を頼むと、大き目の生わさび一本と、サメ肌のわさびおろしが出てきます。

いやあ、これはこれで、粋ですね。
長次郎作と書かれたおろしで、自分で擦り下ろして頂きます。
わさびの香りが超爽やか、鼻腔を春一番が駆け抜けます。

そんなわさびを擦ると、いよいよアラの刺身頂きます。

大概アラの刺身は、食べる前に、何日か寝かすらしいのですが、こちらのアラの刺身は、どの位寝かして在るのかな……。

寝かしてあっても、その身は美しく、食感もプリっとしていて、新鮮と言う、言葉も出て来そう。
このアラは、脂はのってませんが、そのサッパリした味わいの中、中々の旨みを感じます。
まあ、脂ののったアラの刺身なんて、680円で食べれる訳ありませんもんね(笑)!!
しかし、別に脂が載ってれば良いってもんではありません。
あっさりとした味の中に、奥深い旨み。
いやあ、ありがたい限りでございます!!

そんなアラの刺身、最初は醤油で頂きましたが、半分は塩で頂きました。

いやあ、この脂の少ないアラの刺身には、塩が合います。
いや、正に、極楽、極楽でございます。


今回の処は、そんな感じで、陸前高田の牡蠣、アラの刺身、お通しに、山形の『ぼくれん 』 超辛口吟醸一杯で、締めて1800円ちょいでしたよ。

これ位が丁度良いかな、長居せずにサクっと美味し物を味わうのが粋と言うものですよね(笑)!!

そんな訳で、ボイストレーニングの後に、築地の築地共栄会ビルの一階『築地三代 魚や 粋』で、心も良い感じに共鳴させた、ジュネ様でございました。

そういや、アニイが牡蠣好きなんだよな……。
一度アニイ、此処に連れてきたいな……。
当然、そんな時は、『地下の粋』ですね!!

今度は、『地下の粋』も行ってみますので、楽しみにしていて下さいね!!



遂に明日、ダークキャッスルですよ!!

TOKYO DARK CASTLE Vol.98


2015.03.07(Sat Midnight) at Shinjuku MARZ

次回 Tokyo Dark Castle vol.98は、3月7日デス!!
AUTO-MOD にBAAL 、久々の†13th MOON† そして、ほぼ伝説と成っていたPhaidia が復活します。
これは、かなり凄い話ですよ(笑)!!

DJは、Chihiro / KENZO-A / P.R.D / 裏口入学 と、新旧取りまとめて、中々面白いキャスティング!!

次回もかなり人騒がせな一夜と成ると思います!!
MARZでお待ちしてますよ!!

Open / Start 24:00
Adv 3,000円(+1Drink)
Day 3,500円(+1Drink)
Ticket Reservation(前売予約)
Shinjuku MARZ

[Band]
AUTO-MOD / BAAL / †13th MOON† / Phaidia
[DJ]
Chihiro / KENZO-A / P.R.D / 裏口入学
[VJ]
Akky
[Fashion Effects]
PureOne Corset Works / TADACy / DALKIMA / Fetis
[Photograph]
GR-TAKA
[公式カメラマン]
はっしん



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング