<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『水族館劇場』後二回で終了です!!
後二日で、夢は終わります。

水族館劇場、実は、一昨日も見てきました。

水族館劇場、芝居はどんどん変わって行きます。

世田谷区太子堂の鎮守の杜(もり)太子堂八幡神社境内にてテントを張り、世の中を、騒がせている水族館劇場。
桃山邑、作、演出の新作「あらかじめ喪われた世界へ」残す処あと、二日と成ってしまいました。

芝居は、常に変化する生き物である。
日々変わってゆく演劇、それは、激しい命を持ちながら、同時にそれは、はかない幻でも在る。

決まった終演など無く、其処に役者の狂気と、覚悟さえあれば、それを制する者など何処にも居ない。
さらに、激しく、更に狂おしく。

廃墟の様なテントの中に、何トンもの大量の水が流れ落ち、その様は、余りにも美しく、そして、死の一瞬をフラッシュバックさせる。

忘却の元にながされた、名もなき弱者の意思は、その舞台を押し流さんばかりに流れ落ちる水流の飛沫となりて、観客に降り注ぐ。

役者は、宙を舞い、鉱山列車は闇より現れ、哀しき望郷にその鉄の轍をきしませる。

幻の街に響くビオロンの音は、彷徨える旅人の喪われた街の記憶をよびさます。

そんな芝居も遂に、完成に向かっている。
水族館劇場、東京公演『あらかじめ喪われた世界へ』、いよいよ残す処、後二回に成ってしまいました。
芝居も舞台美術も完成の域に近づいています。
しかし、この芝居は、まだその変化止めようとはしていません。
行けるとこまで、ギリギリの高揚感を求め、本日、楽日一日前にしても、更にシーンが付け足されるとの事。
役者泣かせと言えば、役者泣かせ、だが、水族館の役者達は、それを事も無げに、やってのける。

あと二回のうたたか、間違いなく、凄いものが観られる、そして、それは、後たった二回で終わってしまう。

もの悲しくも、禍々しく、幻の劇場は、もう少しで、幕を閉じます。

どうか皆さん、お見逃しの無い様に、度肝を抜かれにお出かけください。
ジュネのブログを見て来たと言えば、前売り券で入れますよ!!

何せ、チケットいっぱい預かっちゃってますんで(笑)!!

僕も今日、月曜日、又々お邪魔しちゃう予定です!!

皆さんも、愉しんで下さいね!!

桃山邑作、演出「あらかじめ喪(うしな)われた世界へ」
午後六時四十五分開演。前売り三千七百円、当日四千二百円。中高生二千五百円。
詳細は水族館劇場ホームページを。
問い合わせは=電090(6527)9740

《拡散希望》命がけの芝居、水族館劇場。
驚愕のスペクタクルアングラ芝居、本日より内容が更にディープに、更に過激に変わっていきます。客席も増やしたので、その決死の熱位を助けるため、チケットを預かりました。ジュネのブログを見たと言って頂ければ、前売り料金で入れます。
今日を入れて、残す処あと2日。
是非とも見に言って下さいね!!
ジュネ様絶対お勧めデスから、ヨロシク!!
僕は、今日も伺うつもりですよ!!


人気ブログランキング
人気ブログランキングぽちっとなで、宜しくお願いします。も忘れないで下さいね!!



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
《拡散希望》命がけのアングラ劇水族館劇場。
《拡散希望》命がけの芝居、水族館劇場。
驚愕のスペクタクルアングラ芝居、本日より内容が更にディープに、更に過激に変わっていきます。客席も増やしたので、その決死の熱位を助けるため、チケットを預かりました。ジュネのブログを見たと言って頂ければ、前売り料金で入れます。
今日を入れて、残す処あと4日。
是非とも見に言って下さいね!!
ジュネ様絶対お勧めデスから、ヨロシク!!
僕は、月曜日に伺うつもりですよ!!


友人の劇団『水族館劇場』この劇団は、在る意味深い関わりを持ってまして。
旗揚げから、ずっと、ちょくちょく見て来た劇団なんですが……。
正確には、結成旗揚げ前からの付き合いデス(笑)。

この劇団、マジ凄いですよ!!

この、『水族館劇場』、テント芝居の劇団なんですが、その演出は、ハンパ無いですよ!!
劇団の名前の通り、舞台では、常に、数トンにも及ぶ豪快な水を使った演出が行われ、過去には、馬が出て来たり、飛行機が落ち、列車が はしり、巨大な船が現れたたりと、常に、非常に大掛かりな舞台装置によるスペクタクルな展開を見せ、既存の劇場空間では不可能な、野外劇ならではの驚愕の演出を繰り広げて来た、物凄いアングラ劇団です。

以前は、駒込大観音の境内や雑司が谷の鬼子母神でやってきたんですが、色々な問題があり、ここニ、三年、東京では、公演が出来なかったのですが、この度世田谷区太子堂の鎮守の杜(もり)太子堂八幡神社境内にてテントを張り、桃山邑、作、演出の新作「あらかじめ喪われた世界へ」を公演する事になりました。

場所は、三軒茶屋の閑静な住宅街の中に、ひっそりと佇む、神社の境内の中。

今回も凄いです。

会場前に始まる、テント前で行われたプロローグから、度肝を抜かれます。




今、世界でもこんな芝居が見られるのは、この水族館劇場しかいないと思いますよ!!
今回のネタは、ばらしませんが、この終演後の舞台を見て頂ければ、凄さの片鱗を御理解頂けるかと……。

(写真は公演終了後)
今回見ないと、今後又東京で見られるのは、いつになるか分かりません。
もし、物凄い物が見たかったら是非とも世田谷区太子堂の鎮守の杜太子堂八幡迄、足を運んでみて下さい。
驚愕の体験が皆様を待ち受けている事は、このジュネ様が補償します。

(写真は公演終了後)
公演は、もう始まっていますが、本日二十八日は休みで、明日から、六月四日まで、毎日異次元の扉は、開かれます。


幻想と狂気の水族館劇場。
ほんとに面白いですから、是非とも見に行ってみて下さい!!
芝居に対する価値観ぶっ飛びますよ(笑)!!
是非、是非、御覧あれでございますよ(笑)!!

桃山邑作、演出「あらかじめ喪(うしな)われた世界へ」
午後六時四十五分開演。前売り三千七百円、当日四千二百円。中高生二千五百円。
詳細は水族館劇場ホームページを。
問い合わせは=電090(6527)9740

人気ブログランキング
人気ブログランキングぽちっとなで、宜しくお願いします。も忘れないで下さいね!!



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
ジュネ様と初音ミクは、合わないのかな(笑)?!
初音ミクとの初遭遇は、はずれミクでしたよ!!


ちょいと、チケットを頂いたので、Bunkamuraオーチャードホールでやってる、渋谷慶一郎+初音ミクによるボーカロイド・オペラ「THE END」なる物を見て来ました。

言っとくけど、僕は、全然初音ミクなんて興味持ってないんですが、『こち亀』の両さんが、ボーカロイドのライブをネタに、色々やってたので、その形態には、些か興味があったかな……。

暴食連合の某メンバーがスポンサー筋だったみたいで、チケットが二枚タダで流れて来て、プログラム付きの一枚一万円のプレミアムチケットだし、まあ、行って損はないかと、アメリカ人の文化人類学者、ジョン・スケルトンを誘い、行ってみました。

ホームページには、
『ここには生身の歌手や指揮者、オーケストラはいない。
代わりにアリアを歌うボーカロイド・初音ミク、コンピュータ制御された音響と映像、ピアノ、テクストによってオペラは進行する。つまりステージには通常のオペラのとおり声も歌もストーリーもあるが人間はいない。
これは反転した死のイメージであり、ステージにはそれらを操作する渋谷慶一郎が、唯一の人間として出演し、ピアノも含めた彼自身の部屋が再現される。
映像には巨大な初音ミクのキャラクターが登場し、プロジェクションマッピングなどの最新の技術によって、その死までのプロセスが変型、解体といったダイナミックな過程を経て描かれる。
これは世界の終わりが見えた現在に、死とはなにか?終わりとはなにか? を解き明かすと同時に、キャラクターとその二次創作が普遍化した現代に、モーツァルトの「魔笛」は可能か?という試みでもある。』

なんて、凄い事書いて在ったので、ちょっとは期待して行ったのですが、なんと言うか……。

会場に着いたら、流石スポンサー筋、ドリンク迄付いてて、もうVIP扱い。

開演前に、オーチャードホールのバーカウンターでシャンパン迄頂き、連れてった刺青だらけのアメリカ人の人体改造野郎のジョン・スケルトンと浮きまくりながら、優雅に乾杯!!

この時は、初めてみるボーカロイドショーに対する乾杯かと思ってたんですが……。

意外と、会場は、普通でしたね。
『クラシックやオペラの殿堂オーチャードホールに10.2チャンネルのサラウンド音響と1万ルーメンを超える高解像度プロジェクター7台を持ち込み、言わば電子の要塞化されたデジタルな環境』と謳っていたら割には、調整卓が地味だったので、ちょっと不安が…。

まあ、この予感が、見事的中しちまうとは、思ってもみませんでしたね(笑)。

まあ、こう書いて在ったら、だいたい察しが付くとおもいますが、先程の乾杯は、無駄に過ごす一時間半の時間に対する、労いの乾杯だったみたいです。

先ず、『クラシックやオペラの殿堂オーチャードホールに10.2チャンネルのサラウンド音響』と言われた音響は、オペラのバッグ演奏で在る、キーボードに依る、プログラム演奏は、レコーディングの時点で、音の分離が悪く些かダンコ状態。
会場で、マルチトラックから、調整卓に落とし、音一つ一つ各チャンネルで音作りして居たとは、思えないな……。
この時点で、プロの仕事かどうか、疑いがはいります。
しかも、音楽自体が、どちらかと言うと、環境音楽の様な作りで、ドラマ性にかけ、平坦な作品ばかり。
近頃の深夜アニメの音楽のスリリングさに慣れた僕にとっては、とても満足出来かねる物でしたね。
その上、そんな不鮮明なバック演奏に乗っかるのが、此れ又不鮮明な、ボーカロイドのアリア。
横に日本語の字幕が出るんですが、歌中で歌詞として、『どうせ何言ってるのか、分からないし』
みたいな、言葉が出てくるんですが、ボーカロイドってそんなもんじゃん的発想から、生まれたとしか考えられないボーカロイドサウンド……。
僕が知る限り、もう少し明確なボーカロイドってのは、いくらでも在るんじゃないかと思えるんですが、なんか不明瞭でしたね。
そんな主役のボーカロイドも、そして、バックの演奏も不明瞭なサウンドが響く、クラシックやオペラの殿堂って、どうなのって感じですよね……。

そして、『1万ルーメンを超える高解像度プロジェクター7台を持ち込み……』とあり、かなりこちらは期待していたんですが、なんとこちらも不鮮明。
近頃のアニメや、3Dの映画に慣らされてて、凄い映像期待してたら、此方も動きの少ない、淡々とした、環境映像風CG。

う〜ん、ボーカロイドも、演奏も、映像も引っかからないなんて、こりゃ、かなりやばいなって感じでしたね……。

ストリートも、だいたい15分の短編映画で充分な内容。
それを、同じ事をダラダラと垂れ流し90分も続けるのは、初音ミク自身にとっても苦痛だったんじゃないかな(笑)。

演出的にも、動きは少なく、ドラマチックな展開も無く、環境アートの範疇とも取れなくもなく……。
これは、エンターテイメントでは無く、現代アートとして見るべき物だったのかな……。
とにかく眠気を誘われます。

『「わたしは死ぬの?」と自問するミクの旅が始まります。』
とありましたが、このテーマ、いささか、小難しいかとも、思ったんですが、結局、人工知能を持った、ロボットや、アンドロイドの自分探しと言う、良く在る的テーマを初音ミクに語らせただけで、此方も目新しさは、何もなく。
返って古臭い、昔の実験映画的ニュアンスさえ感じてしまいました。

結局、何か、企業的アーティストが集まって、何かお金引っ張れるから、話題の初音ミク使って何かやってみるかって感じで作られた作品の様な気がするな。

ガチにオタクの初音ミクファンや、純粋にオペラとしての、ボーカロイドオペラを期待して、高いチケットにお金を払った、一般の観客にとっては、かなり不満が残る作品だったと思えますね。

なんか、観客不在の作品と言う印象が強く残りました。

まあ、それは、あくまで僕の意見で、作品が終わった後、其れなりに拍手も起こり、カーテンコールも起きたんだから、喜んで居る人は、いた訳で、まあ、僕が要らぬ口出しする必要は、全く無いのかもしれませんが、あくまでこれも、一つの意見として、書いておきます。

因みに、ジョン・スケルトンは、はずれミクだと言ってます!!
上手いなあいつ……(笑)!!

そんな、訳で、不満だらけの僕と、ジョン・スケルトンは、パズのラーメン屋『御天』に行って、しっかり憂さ晴らしを致しました。

やっぱ、こっちの方が落ち着きますね(笑)!!

そして、やはりと言うか、僕には、初音ミクは、合わなかったんだと、時代遅れを嘆く、今一つ乗り切れ無かったジュネ様で御座いました(笑)!!



人気ブログランキング
人気ブログランキングぽちっとなで、宜しくお願いします。も忘れないで下さいね!!



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
吉祥寺にカッバを見に行ってみませんか!!
JUGEMテーマ:写真日記
遠野かっぱまつり


昨日、ハロウィンのドレスアップコンテストの賞品を頂く為に、吉祥寺のJAP工房の本当の工房、ノボルハウスを訪問。

帰りに、JAP工房のお店に寄ってみたら、面白い展示をやって居ました!!
『遠野かっぱまつり〜帰って来たかっぱたち』、いやあ河童アートの展示会ですよ!!

これは、今年の八月から九月にかけて、一ヶ月以上にわたり岩手県遠野市で開催された『遠野かっぱまつり』を吉祥寺に持って来て、再現している展示イベントです。
この『遠野かっぱまつり』は、ノボルの師匠で、遠野出身の伝統工芸金工師の泉公士郎氏が発起人となり、JAP工房が主催したイベントでした。

皆様ご存知のとおり、遠野市は、柳田國男の遠野物語の舞台となった町。河童や座敷童子、天狗などが跳梁跋扈する民間伝承「遠野民話」で知られる町です。

そんな遠野で相撲好きで、イタズラ好きと言う、愛くるしい妖怪としても慕われる河童をテーマに開かれた『遠野かっぱまつり』は、沢山の来場者を迎え、さまざまな地元メディアにも取り上げられ、大好評のうちに終了したそうです。

そんな『遠野かっぱまつり』を主催者自らの本拠地、吉祥寺井の頭公園の入り口に在るJAP工房に持って来て、ロックで、ファンタジックなイベントにしちまったのが、今回のこの展示会『遠野かっぱまつり〜帰って来たかっぱたち』です。

十一月の4日迄、開催してるみたいです。
シルバーのカッバGoodsもありますよ!!


発起人泉公士郎氏の名人芸も堪能できますよ!!

楽しい展示ですので、宜しかったら是非訪れて見て下さい!!

大小様々な河童たちが、皆さんを迎えてくれますよ!!

JAP工房の場所は、吉祥寺駅から井の頭公園に向かい、丸井の右脇を進み、右に在るフレッシュネスバーガーの三階です。

勇気を出して、河童に会に行って下さい(笑)!!

しかし、吉祥寺でカッバ、カッパといったら、やっぱりあれしか無いですよね!!

こりゃ、たまらんと、モツ焼きのカッパに飛び込んだのは、必然的結果だった事は、間違いない事実でございました。

と言う事で、モツ焼き『かっぱ』に続きます(笑)!!BR>
いつも、ブログのコメント返さなくてすみません、
出来れば、Twitterにコメント下さい!!
こちらだったら、簡単に返せるので、遅くなっても御返事しますよ!!
良かったらコメント下さいね!!!!


なんとブログランキング
1位に復活Death(笑)!!
こちらは、暫く大丈夫そうです!!
ホント皆さんのお力添えのおかげデス!!
今後とも、再び強い御支援宜しくお願い致します!!

でも一難去って又一難!!

なんとブロぐるめ、
関西の怪物が攻めて来ました。
ちょっと太刀打ちできないかな・・・。
暫く2位が定位置になりそうDEATH(苦笑)!!!

ホント気が抜けない状況デス。

兎に角頑張ります!!
今後とも、応援宜しくお願いします!!!


人気ブログランキング
人気ブログランキング

ぽちっとなで、宜しくお願いします。

も忘れないで下さいね!!






東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
『 マリアの心臓」本日閉館
JUGEMテーマ:写真日記


IMG_5511.jpg
渋谷の、人形博物館『マリアの心臓』が、本日19時で閉館です。
渋谷の中心地で、八年も人形博物館と言うエキセントリックな見世物小屋を続け、ロックのライブもやってくれた、人形屋佐吉さん。
ほんとに、お疲れ様でした。
人形好きな方、暇だったら七時迄やってるから、最期の『マリアの心臓』愉しんで下さいね!



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング