<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ダークキャッスル新しい場所を発表します。 | main | 7月1日 新しいダークキャッスルが誕生 >>
追悼 アナーキーのマリこと逸見泰成氏を偲ぶ。

マリ 逸見泰成を偲ぶ。
カッパンクとマリと最後の思い出。



6月4日朝、アナーキーのマリが死んだ。 未だ57だった。
今のバンド状況を見ると、未だ未だやれる年齢、やっぱ早すぎるよ……。
ましてや、あいつの今のバンドJacksも良い感じで、動いてたし………。


連絡を受けた時は、5日の昼だった。
その時は、未だ詳しい事が何一つ分からず、悪い冗談にしか思えなかった。
信じられない、だって、3月のカッパンクにAUTO-MODのゲストとして出て貰って、Born to Be Wild と I Wanna Be Your Dogで盛り上がったばっかりだし、その夜、マリのうちに泊まって、朝まで呑んでたんだぜ………。
まじピンピンしてたし、何一つ変わった事なんて無かったよ……。
マリの彼女に連絡すると、只々泣くだけで、要領を得なかったが、はっきりした事が一つ、やはりマリは、亡くなっていた。


逸見泰成 通称マリ、もう30年を遥かに越える友人だ。
マリ、マリと呼んでたけど、本名は泰成、マリってのは、単なる辺見マリから取られたあだ名だった訳で、でも俺にとっては、奴は永遠のマリだったよ。


あいつとは、何故か昔から仲が良かった。
あいつは、僕より二つ、三つ若くて、なんにつけても、初々しかったな(笑)!!
アナーキーって、元々。ヤマハ主催のアマチュアコンテスト「EastWest」出身で、しかも暴走族上がりで、しかもパンクだって言うから、ある意味何から何まで斬新で、ある意味ライブハウス上がりの俺達とは大違い(笑)。
そんなスタンスのバンド居なかったから、ライブハウス界隈じゃ、独特のスタンスだったかも知れないな。
当時は、此方から見てると、幾分閉鎖的と言うか、そんなに色々なバンドと付き合ってる感じじゃ無かったな……。

そんな、アナーキーのメンバーの中で、何故かマリだけが俺達とつるんでたな……。
ARBのキース、マリ、布袋、まこっちゃん、ハートビーツのシャイ、そしてAUTO-MODの貢と俺で、良く小滝橋通りにあったロフトで遊んでたな……。
だいたいロフトに行くと誰かがいて、結局朝まで呑む羽目に……。
あの頃の新宿ロフトは、まさに俺達の青春の1ページだった。


いろんな事があった。
マジいろんな事が色々あり過ぎて、人前で言えない様な話しも沢山あっ て………。
でも、其れが、俺達のリアルな時代だったよ。


そして、あれから、35年も月日が経って、でもマリは何も変わらなかった。
良く、遊んだよ、ここ、数年は、AUTO-MODのゲストとして、セッションしたり、飛び入りでステージ乱入して来たり、兎に角俺達は、ダチだったよ。
近頃マリは、Jacksって言うバンドやってて、中々良いバンドで、ライブもコンスタントにやってて、かなり良い感じだったのに。
結局あいつとの最後は、3月19日のカッパンクが最後と為っちまった。

「カッパンク」、パンクの祭典、歌舞伎町をパンクで埋めつくせと、三年前に始まったこのイベント。歌舞伎町の複数のライブハウスを使い、行き来自由にして、しかも三日間もやっちまおうって言う、かなり凄いイベントで、AUTO-MODは、三年連絡の参加。
残念ながら、今年が最後と言う噂も有り、僕としては、トコトン破茶滅茶に楽しみたかった。
しかもこの日は、同じロフトで、僕は、4時ごろメインステージで、マリのJacksは、バーステージで8時頃ライブやるってんだから、お互いのステージの間も良い感じに空いてるし、こりゃマリ誘って遊ぶしかないなと、即電話。

今回はステッペンウルフのBorn to Be Wild と ザストゥージズのI Wanna Be Your Dogをやる事に。

マリとは、何遍か、セッションらしき事をしているが、大概破茶滅茶になっちまう、まああいつが呑み過ぎて、メチャクチャになっちまうなんてパターンもあるが、兎に角楽しくてメチャクチャになっちまう(笑)。
今回は、メチャクチャに成らない様に、当日入り時間の一時間前にスタジオに入って、一時間程リハーサルしてステージに臨みました。

なんか、往年の名曲のコピーをやるって純粋に楽しいですよね!!

それで、ライブはどうだったかって? 当然大盛り上がりで大成功。

そして、やっぱり最後はメチャクチャ(笑)!!

AUTO-MODの曲を4曲やった後、マリをゲストに呼んで、ご存知Born to Be Wildを渋めにかまして、なんか、普通のロックバンドみたいに、ご機嫌になって(笑)……。

最後は、ザ ストゥージズのI Wanna Be Your Dogを、当然滅茶苦茶になるまでやってやりました。


最後は、モニタースピーカー客席に投げ込んでやろうとしたけど、頭の上まで持ち上がらなくて辞めました(笑)!!
久しぶりに暴れた感じでしたよ。
なんかマリもガキンチョみたいに楽しそうな顔してたな(笑)!!

そして、三時間後には、マリのJacksのステージ。
酔っ払ってたから、よく覚えてないけど、始まりに、なんか俺がMCみたいな事やっちまった様な気が……(笑)。
いやあ、Jacks、メチャロックンロールで、ご機嫌でしたよ!!

そしてやっぱりパンクバンドですよ。
メチャ盛り上がり、パンクス達も新しいマリのバンド、しっかり受け止めたって感じ!!
なんか、マジ良いイベントだったな……。
マリは、やっぱりパンクスには、大モテ、皆んなマリと写真撮りたがってましたよ!!

ヤッパリアナーキーは、パンクバンドだったんですよ(笑)!!
こんな写真も、 ハットトリッカーズのケンちゃんとマリ、不思議な写真になりました(笑)。

ライブが終わったら、お決まり新宿西口思い出横丁の「つるかめ食堂に移動して、全開馬鹿乗りで、大騒ぎ(笑)!!

マジ、呑みまくりました。
何故か混じってた名古屋のシステムファッカーのゆうたが良い味だしてくれてました(笑)!!

呑んだの初めてだったけど、良い奴でしたよ!!
AUTO-MOD、Jacks、SYSTEM FUCKERでライブやりたかったですね………。
そして、最後はメチャクチャに(笑)!!



あんな楽しい夜を迎えて三カ月後に、こんな事態を迎えるなんて、夢にも思いませんでしたよ。
最悪と言うか、悲し過ぎますよ……。


つるかめ食堂」でしこたま呑んで、タツシの家に泊めて貰おうとしたら、マリが、俺の家に来いってんで、東武練馬迄タクシーで連れてかれて、マリと朝迄呑みましたよ。
なんか、昔の事から、今の事迄色々喋ったな………。
ひょっとしたら、こんなに喋った事ないくらい話ししたな……。
しかし、まさか、あれが最後に成るなんて……。


帰りは、駅迄送ってくれて。
なんか、桜が、いっぱいあって、お花見しょうぜって言ってたんだけど、天候のせいか、花見は出来なかった。
花見したかったな………。

だからあの日の駅での別れが最後に為っちまった。
あの日の人なつっこそうなマリの顔が、頭から離れられないよ。

昨夜は、何度も繰り返しあのカッパンクでの演奏を見ていた、見れば見る程信じられない。
全てが、悪い冗談にしか思えない。
でも、もう、マリは其処には居ないんだよ。
AUTO-MODが解散したら、マリとバンドやるのも悪くないななんて思って居たのに、あいつのギターで歌う事は、もう出来ないんですね………。
それどころか、もう二度と一緒に酒を呑む事さえ出来ない。
哀し過ぎるよ。


マリ、馬鹿野郎、早過ぎるよ………。
暫く僕は、普通じゃ居られない感じです。
でも、今は、祈るしかない、マリ、お疲れ様、近いうちに、俺もそっちに行くから、宜しく頼むよ!!


兎に角安らかに眠ってくれ、そして先にあの世で、ロックンロールかましてくれよ。

そんな訳で、マリ、暫くおやすみな!!
そして、又あったら、ご機嫌なロックンロールしようぜ!!
そして又、呑みまくろうぜ!!

其れまで、あばよ!!
安らかに眠ってくれよ!!



マリ、永遠に!!

Good-bye Mari,see you soon !!


AUTO-MOD ジュネ




東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
そうですか…。居酒屋オートモッドの時の
勇姿が最後の思い出になってしまいました。慎んでお悔やみ申し上げます。
プリニー | 2017/06/09 09:38

某バンドのカバーで知った、若輩者です
悲しいです...
prrs | 2017/06/13 20:33
COMMENT









Trackback URL
http://genet.jugem.jp/trackback/5328
TRACKBACK