<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パンクな出会いなら、つるかめ食堂!! | main | 『味噌王 仲間』の味噌カレーラーメン、リベンジ果たしました!! >>
命懸けのポールダンスリベンジですよ!!
命懸けのポールダンス リベンジですよ!!



写真は全て、公式カメラマンはっしん君の撮影のものです。》 キリストンカフェでの東京ダークキャッスルの名物の一つは、ポールダンサーNANCYのチームによる、アクロバティックなポールダンスです。

キリストンカフェでの東京ダークキャッスル開催時には、フロア中央に、長いポールが立てられます。
東京のクラブとしては、かなりの高さを誇るポールです。
そんな危険な位置で披露されるポールダンスは正に、手に汗を握るハラハラもんの命懸けのパフォーマンスです。
そして、そんなNANCYのユニットによるポールダンスは、キリストンカフェでダークキャッスルを開催する時には、もう絶対になくては成らない存在です。

以前は、アロエちゃんと二人でNasty Catsのユニット名で活動していたNancyですが、アロエちゃんが、現在活動を休止して居るので、近頃は、新しいパートナーKamiさんと二人で、『NANCY&KAMI』を結成、よりダイナミックで、セクシーな パフォーマンスを見せてくれています。


こちら、Kamiさんのポールダンスです。

彼女も、凄いんですよ(笑)!!
二人のワイルドでアクロバティックなポールダンスは、見る者を圧倒する迫力と、妖艶さに彩られ、二人の天空の魔女達の舞は、見る者の視線を全て釘付けにしてしまいます。
そんな『NANCY&KAMI』のポールダンスなんですが、実は、前回の4月30日の深夜に開催された東京ダークキャッスルの『ワルプルギスの夜』でも行われる筈だったのですが、なんと突如中止と成ってしまいました。
原因は、会場側と僕ら側との間での、安全面に関する、最終確認の詰めの甘さに因るものでしたが、当日ポールが使えないと言われた時は、もうショックでしたよ。
しかし、事問題が安全面にあるとなると、直接命に関わる事態となるので、前回は、即断でポールダンスを諦め、彼女達は翼を折られた天使として、地上のステージで踊りました。
そんな『NANCY&KAMI』、今回は、正にリベンジなんですよ!!
10月1日土曜日の深夜、魔女達は、再び、キリストンカフェの天空を舞踊ります。 東京ダークキャッスルのハロウィンは、彼女達の興奮と共に、素敵なエクスタシーをお届けしますよ!! 一足早いハロウィンパーティーですが、皆んなでメチャクチャ盛り上がりましょうね!! お待ちしてますよ!!


10月1日深夜はダークキャッスルハロウィンで盛り上がりましょうね!!



いよいよハロウィンが近づいてきましたよ!!
今年は、ゴシックハロウィンですよ!!

TOKYO DARK CASTLE vol.110



2016.10.1(Sat Midnight) at Shijuku Christon Cafe

[Band] AUTO-MOD、
PHAIDIA 、
Vanished Empire 、
REMNANT、
LOOPUS 《DJ》 Chihiro /
TAIZO /
WAKANA/
Ray trak/
Götediener/
裏口入学/ DORA (CyberAgeVooDoo)

[Fashion Performance]
革命貴族

[Gothic SM]
性魔術緊縛師
†SHIMA Malphas†
Grotesque Athena

[Poledance] Nancy&Kami

【Magic】 ミラ狂美

《Burlesque》
Maria Luna/
Marie Horn

2016.10.1(Sat Midnight) at Shijuku Christon Cafe

* Open / Start 24:00
* Adv : 3,000 円
* Door : 3,500 円
* ドリンク購入の義務は有りません。
* 5drink ticket : +2,000円
* Special Dress Code上記各入場から500 円OFF
(基準は、男女とも凄いと思わせる過激な方が対象となります!! 頑張って下さい!!)
* Ticket Reservation(前売予約)
http://tokyodarkcastle.org/info/reserve/reserve.html



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
COMMENT









Trackback URL
http://genet.jugem.jp/trackback/5295
TRACKBACK