<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アニイ、誕生日おめでとう!! | main | 本日凄いイベントが有ります!! >>
DIR EN GREYと冷製ウニのポタージュ麺 バリバリジョニー最高デス!!

バリバリジョニーでDIR EN GREYを聴きながら、喰べた冷製ウニのポタージュ麺が最高でした!!


前回地元行徳のラーメン屋『味噌王 仲間』を紹介しましたが、今回も、再び地元行徳のラーメン屋を紹介させて下さい。
いや、本当に、近頃地元行徳のラーメン屋が面白くて、かなり、地元愛に満ちたラーメンブログを書く様になっておりますが。
ほんとに面白いんだからこれどうしようもないですよね(笑)。
まぁ僕の心に地元ラーメン愛の火を点けたのは、前述の『味噌王 仲間』と今回も又取り上げる『バリバリジョニー』の二つの創作ラーメンに特化したお店との出会いがあったからなんですが、他にも、『鷹の爪』『一条流がんこ11代目』とか、『金獅子』とか、行徳には、まだ色々面白いお店があるんですよ。
行徳の地域課は、絶対今行徳のラーメンを全国に、アピールする時だとおもいますよ(笑)!! そんな、地元ラーメン愛に目覚めたジュネ様で御座いますが、兎に角この『バリバリジョニー』は、地元愛もへったくれも関係もなく、本当に旨いラーメンでして、是非とも遠方からもわざわざ行徳迄いらっしゃられても、絶対そんはさせないお店だと、胸を張ってお勧めできるラーメン屋さんです。
『味噌王 仲間』は、まさにラーメン道の求道者というか、その大上段に振りかざした大鉈で、ラーメンの存在、真理までもぶった切るような、ラーメン道の修験者みたいなお店ですね。 一方の『バリバリジョニー』は、本当はラーメン屋さんでいる必要がないんじゃないかと言うような、ラーメン屋の衣を着た、創作料理人ですよ(笑)!!
ジョニーさんにとって、お洒落で、面白くて、そして美味しけりゃ、その作る料理は、何でも良いんじよないかとさえ、思えてきます。
『バリバリジョニー』で、最初に喰べたラーメン『濃厚海老つけ麺』におどろかされ、

その後喰べたタイ風グリーンカレーのアレンジである『グリーンカレーラーメン』にも、そのセンスの良さに脱帽致しました。

兎に角、バリバリジョニーは、創作ラーメンがお洒落!! 勿論基本の『バリしおラーメン』も旨いんですが、


ジョニーさんの遊び心を全開にした、その創作ラーメンの方が、ビジュアル的にも、そのお味の方も、最高のエンターテメントとして、僕を楽しませてくれる物です。
そんな『バリバリジョニー』で、今回頂いたのは、。
「冷製ウニのポタージュ麺」
いやあ、驚きました。
こんなラーメンあるんですね(笑)!!
これも、最高にお洒落で、美味しい一杯でしたよ!!
しかし、冷製ウニのポタージュ麺なんて、良く考えますよね!!
ジョニーさん、洋食もやってたのかな……?
ウニの冷製ウニのポタージュ麺なんて、ネーミングだけで、ノックアウトですよ。
そんな訳で、最初から目的は、『冷製ウニのポタージュ麺』。
暑さを吹き飛ばして貰おうとの訪問デス。
そんな訳で、7月の暑い日、一人で地元行徳の創作ラーメンの星、『バリバリジョニー』を訪れました。
店に着くと、なんとラーメン屋さんにしては、珍しい、大型モニターにDIR EN GREYのライブが、流れてるじゃないですか(笑)!!


京ちゃんカッコいい……(笑)!! なんだ、ジョニーさん、DIR EN GREY好きだったんだ……!!
僕も大好きですよ(笑)!!
この日は、こんな処から入って、DIR EN GREY話しで盛り上がっちゃいました。
話しを聞くと、ジョニーさん、かなりのディル信者みたいですよ!!

ラーメン屋さんでDIR EN GREYファンって方は、早々居ないんじゃないかな(笑)!!
そんなジョニーさんと、ラーメン談義ならねDIR EN GREY談義をかましながら、頼んだのは、この日の目的の「冷製ウニのポタージュ麺」!!

いや、旨かった!!
これは、近年僕が喰べたラーメンの中でも、五本の指に入りますよ!!
マジ旨かったですよ!!



ジョニーさんが太い指で作ってくれたのは、見た目も鮮やかな繊細ラーメン!!

ちょっと見フレンチ?と言いたくなる程のお洒落仕様!!
中央に真っ赤な食用花をあしらい、「冷製ポタージュ麺」の涼しさを更に際立たせています。

未だ口にしないのに、ウニの風味が柔らかに鼻腔を刺激し、脳裏の端に潮風を運びます。
そして先ずはスープを一口。
クリーミーです。
冷たくひえたウニ風味のスープが喉の奥に滑らかに滑り込んで行きます。
そのスープには、冷やし中華的タレの感覚は、一切無く、あくまでソフトなポタージュ感、タレとしてでは無く、冷たいスープとして喉をうるおします。
低温調理された美しい鶏チャーシューの上には、塩ウニがチョコと載せられ、ただウニが入っていると言うだけで無く、兎に角お洒落である事が、このラーメンの重要なテーマですね。

では、麺をと一啜り!!

う〜!!
こりゃ旨い!!
冷製スープをしっかりとまとわり付かせているのは、いつもの加水率低めの中太平打ち麺なんですが、キリッと冷水で締められ、よりその喉越しをよくし、口に入った瞬間の鮮烈さを際立たせています。
そして、そんな麺が喉を通過した後にウニのウニ感と言うか、ウニらしさが口の中に、ジワジワとく拡がって行きます。 兎に角旨すぎ!!
そして食用花と共に、鮮烈な色彩を放っていた、ワサビオイルとコーンペーストは、喰べ進むうちに、どんどんとその表情を変えていきます?



ウニがでて、トウモロコシがでで、ワサビがでで、又ウニが来る(笑)。 そして味が交じって、また別な顔を出す。 甘さや塩っぱさ、辛さが形を変えながら色々変化して、舌の上でまるで万華鏡のように味を変えていきます。 なんか、DIR EN GREYを聴きながら、こんなお洒落なラーメンを喰べるなんて、不思議な感覚ですよ(笑)!! しかし、ウニのエグミを全然感じないし、結構良いウニを使ってるのかな……。
麺と、ウニとスープが絡んで口の中は、ウニワールド、幸せ過ぎる時間が続きます。

ひとしきり麺とスープを楽しんだ後は、チャーシューを頂く番です。

しかし、この鶏チャーシュー、兎に角見た目が美しい。
しっとりとしたキメの細かいその肉質は、喰べる前から、旨いと感じずには居られない一品です。 実際口にすると、そのしっとりとした肉質は、今迄喰べた事の無い様な、感動を呼び起こします。
うわ〜、コリャ堪りませんわ(笑)!!
この鶏チューシュー、炊飯器で低温調理したものとか、兎に角丁寧に作られてますよ!!
ウニといい、鶏チャーシューといい、兎に角贅沢モード全開で攻めてくるので、もう、浮き立つ気持ちが、収まり処を見失ってしまってましたよ(笑)!!
兎に角、喰べれば喰べる程心が浮き立つ、いやあ、こりゃ、参りましたよ(笑)!!
あっと言う間に喰べ進み、チャーシュー一枚の上に、ウニと真紅の食用花が残り、お楽しみか、終わりに近ずいて来た事を知らせます。

ここで、ウニを溶かすか、麺と喰べるか、それともウニとして、口に放り込むかと、考えたんですが、せっかく鶏チャーシューに載って居るんだからと、鶏チャーシューと共に一口。
これが又旨かったな、ウニスープをしっかり吸い込んだ鶏チャーシューに更にウニが加わり、ウニなのか、鶏なのか、それともやはりマリアージュとでも言ってしまうのか、兎に角このまろやかさと濃厚さは、簡単なもんじゃありませんよ(笑)!!
そして、残った麺も全部啜り、もう満足以外の文字は、出ませんでしたよ(笑)。
いや、本当は、もう一杯頼んでしまおうかとも思ってしまったのですが、いや、腹も身の内と、ここは我慢する事に。
最後に、絵画的なまでに、美しさを誇った中央の食用花、その美しさに一旦は躊躇しましたが、ここは御免とばかりに、一口(笑)。

美味しいとまでは、いきませんでしたが、不味くも無かったですよ……!! 花は、やっぱり目で愛でる物ですよ(笑)!!
まあ、花としては、上出来でしょう(笑)!!


そんな訳で、もっと喰べたいと言う気持ちも残しつつ、完食致しました。

いやあ、この美味さ半端じゃありませんよ!!
でも、これってなんか、ラーメン超えちゃって、別な食べ物みたいですよ!!
兎に角ご馳走さまでした。
地元行徳の創作ラーメン屋『らー麺屋 バリバリジョニー』これだから、堪りませんわ(笑)!!
次は、何が喰べれるか、マジ楽しみ!!
皆さんにもお勧めしちゃいますよ!!
行徳の『らー麺屋 バリバリジョニー』一度喰べに来て下さいね!!
、さね DIR EN GREY聴きながら、最高にお洒落なラーメンが喰べれますよ(笑)!!




10月1日深夜にダークキャッスルのハロウィンがありますよ!!
いよいよハロウィンが近づいてきましたよ!!

今年は、ゴシックハロウィンですよ!!

TOKYO DARK CASTLE vol.110



2016.10.1(Sat Midnight) at Shijuku Christon Cafe

[Band] AUTO-MOD、
PHAIDIA 、
Vanished Empire 、
REMNANT、
LOOPUS 《DJ》 Chihiro /
TAIZO /
WAKANA/
Ray trak/
Götediener/
裏口入学/ DORA (CyberAgeVooDoo)

[Fashion Performance]
革命貴族

[Gothic SM]
性魔術緊縛師
†SHIMA Malphas†
Grotesque Athena

[Poledance] Nancy&Kami

【Magic】 ミラ狂美

《Burlesque》
Maria Luna/
Marie Horn

2016.10.1(Sat Midnight) at Shijuku Christon Cafe

* Open / Start 24:00
* Adv : 3,000 円
* Door : 3,500 円
* ドリンク購入の義務は有りません。
* 5drink ticket : +2,000円
* Special Dress Code上記各入場から500 円OFF
(基準は、男女とも凄いと思わせる過激な方が対象となります!! 頑張って下さい!!)
* Ticket Reservation(前売予約)
http://tokyodarkcastle.org/info/reserve/reserve.html



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
わお!このラーメン(と言っていいのかな)、まるでシャガールの絵のようなビジュアルですね!食べられる花をあしらうあたりも、もう「食べる芸術品」と言ってもいいかも?これはぜひ愛用のロードバイクで「行徳たんけん」にいかなくちゃ!
はぎ原みづ禰 | 2016/08/24 21:49
COMMENT









Trackback URL
http://genet.jugem.jp/trackback/5289
TRACKBACK