<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 練習帰りにつるかめ食堂で一杯、いや二杯(笑)!! | main | 今週の土曜日はダークキャッスルですよ!! >>
行徳のバリバリジョニー超お洒落ですよ!!
地元行徳のラーメン屋バリバリジョニーに行って参りました!!


地元行徳のラーメン屋が今面白く成って居ると、近頃吠えているジュネ様でございますが。

やはりそう言わしめているのは、近頃行徳ラーメン状況を何かと、騒がせている。
『味噌王 仲間』と『バリバリジョニー』の存在がでかいですね。

しかし、なんと僕は、未だこの『バリバリジョニー』さんに伺った事が無かったと言う体たらく。

そんな訳で、行って参りました、『らー麺屋 バリバリジョニー』。

実は、この『らー麺屋 バリバリジョニー』、あのラーメン激戦区小岩に2009年にオープンしたベジポタラーメンが売りの店、かなりユニークなお店と言う事で、僕もその名前は、知ってましたよ。

そんな『バリバリジョニー』が、何故か、昨年の大晦日に閉店して、今年2月頃に、何と我が街行徳に移転したんですよ。

事情を良く知らない僕としては、何故としか、言葉の出ないこの移転。
まあ、色々あるんでしょうが、そんな事より、ラーメン好きの僕としては、兎に角、地元に旨いラーメン屋が増えるのは大歓迎!!

そのうち行こう、行こうと思いつつ、二ヶ月以上経ってしまいましたが、やっとこのゴールデンウイークに、話題の『らー麺屋 バリバリジョニー』のラーメン頂いて参りました。

伺ったのは、ゴールデンウィーク中の天気の良いお昼時。

場所は消防署を超えて、地元では大きな駅前公園も超えて直ぐ、以前イタリアンレストラン『ジャルディーノ』があった処。
駅からやっぱり10分位は、歩くかな。
公園を斜めに突き抜けて行けば幾分近いし、気分も変わるから、そんな道順が良いかな……。


南向きの日当たりの良い、お店の外観は、暖簾がなければ、ちょっとカフェっぽくも見れる、黒を基調としたおしゃれなお店です。


店には、何故かガネーシャが飾られています。

なんか、惹かれますね。

ラーメンさんとしたら、中々個性的なお店ですね。

まあ、未だオープンして3ヶ月経っていないのですから、綺麗なのは当たり前ですね。

厨房を9席位のL字型カウンターが囲み。
厨房の中では、プロレスラーの吉江豊をお洒落でスマートにした様なとも、太ったジョニーデップとも言えなくも無い、赤いポロシャツ姿の店主さんが、1人楽しそうにラーメンを作っています。

この方が、ジョニーさんなのかな……。

今回は、限定ラーメンを喰べてみたかったので、僕は、限定ラーメン、カミさんは、此処『バリバリジョニー』一押しのバリしおラーメンの食券を購入。

お店の右側にある券売機で、チケットを買って、入り口近くのカウンターに着席。

席は9席位かな……、先客が4人位、でも僕らの後から、どんどん客が増えて行きましたけどね。

席に着き、店主さんが食券を取りに来るのを待ってると、やって来た店主さん一言、「あれ、ダイエットしてるんじゃないですか?」って……。

あれ、バレてる!!!

いやあ、ファーストコンタクトがこれですかって……、いやー驚いちゃいました。
仲間さんと繋がってるのかな……。
なんか近頃、地元のラーメン屋で悪い事ができないような雰囲気になってきました……(冷汗)。

取り敢えず、ご挨拶して、今日の特製ラーメン、濃厚海老つけ麺を、カミさんは、バリバリジョニー一押しの『バリしおラーメン』お願いいたしました。

いや、ジョニーさん、面白い方ですね。

色々話し掛けて下さって、待ち時間も楽しい時間でしたよ!!

そうそう、ジョニーさんが、行徳に来たのって、元々ジョニーさん、行徳の名店『葫』で、修行されてたんだそうです。
って事は、行徳移転じゃ無くて、行徳帰還って感じですね!!

そんな、ジョニーさんと、話ししながら待ってると、先ずは、カミさんの『バリしおラーメン』が登場。

『バリバリジョニー』と言えば、ベジポタラーメンと言われる店。

当然この『バリしおラーメン』もベジポタです。

ベジポタと言うと、イメージ的には、ドロドロと言う感じで、ドロドロ嫌いの僕としては、苦手の部類に入るのですが、吉祥寺の『えん寺』で頂いたベジポタは意外とすんなり行けたので、豚骨系のドロドロとは、苦手度も違うとの認識。

具は,チャシューの上に、茹でもやし,青ねぎ,フライドエシャロット。

カミさんのオーダーなので、カミさんより、先に喰べる訳にはいかないので、一先ず静観。

中々美味そうです。

喰べたカミさん一言「美味しいよ!!」です(笑)。

ではと、僕も一口頂きました。
いや、やっぱり旨いですね(笑)!!

思ったより粘度は、対して高くは無いですね。
スープは、意外とアッサリと、喉を通過していきます。
これなら、全然OKですね。
もっともこれは、昼仕様で、夜に成ると、粘度が増して、正にポタージュの様に成るとの情報もあり、僕的には、昼間が狙い目なのかな………(笑)。

麺は黄色い中太の平打ち麺、僅かな縮れも付いています。

多加水のつるつる、もちっり麺は、噛み応えも良い感じです。
中々爽やかな麺を使っています。
ベジポタには、弱いんじゃ無いかな、なんて、思いもしましたが、これがこちらのペジポタには、バッチリでございますよ。
上に乗った、薄いクリスピーな、フライドエシャロットが実に軽快で、香りも良いですね!!
これなんか、本当に凝ってますよね!!

まあ、カミさんのなので、一口、二口位で止めましたが(笑)、今度は僕もこちらの『バリ塩ラーメン』頼んでみたいですね。

そんなカミさんの『バリ塩ラーメン』をつまみ喰いしていると、限定ラーメンやって参りました。

この日の限定ラーメンは、『濃厚海老つけ麺』。

海老のつけ麺、好きなんですよ!!

本当なら、始めてのラーメン屋さんなら、その店の基本を注文するべきなんですが、やっぱりカミさんと二人で来てて、同じメニューを注文するのは、つまらないので、だってカミさん先ず食べ切れないから、大体カミさんの三分の一は、僕が喰べる事になる(笑)。
だから、今回は、一発目から、限定ラーメンと言う、チャレンジでスタートです。

しかし、こんな海老つけ麺、見た事有りませんよ!!

何せ、麺の上に載っている、二枚のチャーシューの上に、一枚には、マスカルポーネチーズ、二枚目には、バジルソースがかかっているんですよ!!

しかも、チーズの上には、黒いかなり粗挽きな黒胡椒が散らされています。
脇には、ベビーリーフとレモンが添えられています。

いやあ、お洒落としか、言いようがありませんよ!!
なんか、チャーシューも別物に見えてきます。
喰べる前から楽しくなりますね!!

麺は、バリ塩ラーメンと同じ、麺は黄色い中太の平打ち麺。
麺は、全部この麺を使ってるみたいですね。

では、海老つけ麺、行っちゃいます。
この海老つけ麺、濃厚と言うだけあって、ベジポタラーメンより、濃厚ですね!!

スープの中には、崩し肉も入っていて、更に濃厚さに輪を掛けてます。

基本のスープは、全てベジポタスープを使って色々と創作アレンジをしてるみたいです。
いやあ、マジ海老ですね〜、ベジポタだけど、マジ海老、海老、海老の海老ワールドですね。
麺を啜ると、海老の風味が、鼻腔に広がり、海老のスープを絡ませた喉越しの良い爽やかな麺が、海老の旨味と共に、ツルツルと入っていきます。


味変の、レモンを絞ると、一気に爽やかな風が吹いてきます。
うわっ、初夏の日差しを感じてしまいます。

そして、マスカルポーネチーズを塗ったチャーシューをスープに浸してチーズを溶かすと、又これがお洒落の一言。
サッパリしたスープが、再び味に深みが出てきましたね。
ましてやチャーシューが、まるでローストポークの様な味わい。
一気にヨーロッパの風が吹いてきましたよ!!

正に創作ラーメン、いや、評判通りの創作感ですね。

更にバジルを溶かすと、これが一気にイタリアンに変身。

又言っちゃいますけど、こんなラーメン、見た事有りませんよ(笑)!!

いやあ、かなりのインパクトの連続に、終始ワクワクで、気がつくと、ペロリと完食してまして。

本当にご馳走様でした。

店を出ると、店頭に数人の行列が出来てましたよ!!


そんな訳で、地元行徳に、新しい風を吹かせてくれている『らー麺屋 バリバリジョニー』に遂に行って参りましたジュネ様でございました!!

確かに、こんな面白いお店が地元行徳に出来たのは、嬉しい限りです。

『味噌王 仲間』さんが、真正面から、大上段に大太刀振りかざして創作ラーメンに向かっているとしたら、『バリバリジョニー』は、軽いステップで、遊び心満載で、創作ラーメン作ってる感じかな……。

全く違う色合いの、創作ラーメンに特化した店が、競い合うなんて、マジうちの地元も面白く成って来たって、感じです。

なんか、二郎系の店が南行徳に出来たなんて情報も入って来てるし、鷹の爪も、人気だし、これで、うちの街も、ラーメンで町興し出来る様な街になれたら良いのですが………(笑)。

まあ、皆さんも、一度行徳のラーメンを喰べに来て下さい、今本当に来てますから(笑)!!








東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
COMMENT









Trackback URL
http://genet.jugem.jp/trackback/5263
TRACKBACK