<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 都会の中の別世界、等々力渓谷!! | main | 千鳥ヶ淵の桜状況とお勧めスポット!! >>
『OTTO』等々力渓谷でお洒落なイタリアン
等々力渓谷のイタリアンOTTO


先週の木曜日に、カミさんと、等々力渓谷を散策した事は、既にお伝えしましたが、そんな等々力渓谷に、中々良い感じのイタリアンのお店見つけました。

既に言いましたが、等々力渓谷は、東京23区内で唯一の渓谷、ホント住宅街に忽然と現れる都会のオアシスです。
東急大井町線 等々力駅から5分ほど歩いた住宅街の渓谷は、ある意味驚きに満ちた、別世界です。

そんな小さな渓谷の遊歩道を鳥のさえずりと、水のせせらぎに導かれながら、500メーター程歩くと、OTTOの看板が見えてきます。

その看板を見上げると、10 メーターくらいの崖の上にOTTOの建物がみえます。
今回お昼を喰べたのが、そんな渓谷の上にあるイタリアンレストランOTTOです。
歩き辛い階段を上って行くと、一瞬にして、自然は消えて、そこには、大通りに面した、お洒落なレストランの姿が……。

大通りからだと、入り口は、渓谷を渡る玉沢橋より下になるから、地下一階になるのかな……?
赤と緑のネオンが映える、ピザ窯を思わせる様なレンガ造りの入り口から、重厚そうな木の扉を開けて、店内へ。

店内は、クリーム色の色調で、イタリアンと言うより、フレンチな雰囲気、中々お洒落なお店です。

このOTTOは、12時の昼時は、行列も出来る、人気のお店らしいのですが、この日は、平日の一時過ぎ、マジ意外と空いてました。

家族連れ、怪しいサングラスの紳士、女性同士、ママ友サークル、走り廻る子供達(笑)、1人黙々喰べる客など様々なお客さんがお店にいました。

意外と敷居は、高くないみたいです。

すんなりと、外が見える窓際にすわり、渓谷を臨んでのランチです。

まあ、時期的に、そんなに素敵な景色じゃありませんが、それでも、まあ悪くはありませんよ……(苦笑)。
乾いた冬の空気を纏った木々が、メランコリックな気分を醸し出してくれます。

今回は初めてなので、基本のランチAセットで、僕は、パスタ、
カミさんは、ピザを注文。
確か1人1250円位だったかな……。



先ずは、サラダから。

お洒落ですが、まあ、普通のサラダですね……!!

処で、ピザを喰べるってのに、お手拭きがありませんでした。
言ったら持って来てくれたけど、サービス面に少し心配ありかな……。

五分ほど待ってピザの登場!!

ピザは、薄いクリスピータイプ。
でもカリッとした訳じゃなくて、まあ程々、悪くはありません。
今回は、『ポッソ』、牛蒡のピザをたのみました。

薄くスライスした牛蒡が載ってるピザです。
牛蒡のピザなんて、初めて喰べましたが、結構いけますよ!!
世の中、未だ未だ知らない味覚があるんですね!!

こちらのピザは、ピザカッターが付いてて、カットは、セルフでした。

このピザ旨かったな!!

ガッツリ頂きましたよ(笑)!!


ピザを、カミさんとシェアして食べていると、次はパスタがやってまいりました。

ちゃんと、シェアしやすい様に、取り皿二枚用意してくれました。
サービス面、悪くないですね……(笑)。

パスタはマーレ、魚介のピザです。
こちらも、普通に美味しく結構楽しめました。

魚介のペペロンチーノって感じのパスタです。

このピザとパスタで、結構お腹が張りました。

最後に食後のコーヒーで、まったりいたしました。

混んでも無かったし、余り気を使う事も無く、渓谷散策の途中に、良い一息をつけたって感じです。

食後のコーヒーを飲んで、しっかり休んで、又渓谷散策を再開しました。

なんか、このパターン良いですよ!!


等々力渓谷の人気店OTTO、
平日の一時過ぎは、穴場かもしれませんよ!!

又来ても、良いかな……。

結構お腹も張ったし(笑)!!

そんな訳で、等々力渓谷散策の途中に、お洒落なイタリアンで、ピザとパスタを楽しんだジュネ様でございました。

皆さんも、等々力渓谷散策の折は、自然に囲まれたイタリアンで、お食事なさったら如何ですか!!



4月30日の深夜は、東京ダークキャッスル 『ワルプルギスの夜』で、最高に楽しいザバトの夜を堪能して下さいね!!

2016.04.30(Sat Midnight) at Shijuku Christon Cafe


* Open / Start 24:00
* Adv : 3,000 円
* Door : 3,500 円
* ドリンク購入の義務は有りません。
* 5drink ticket : +2,000円
* Special Dress Code上記各入場から?500 円OFF
(基準は、男女とも凄いと思わせる過激な方が対象となります!!
頑張って下さい!!)


* (前売予約)
http://tokyodarkcastle.org/info/reわerve/reserve.html






[BAND]
AUTO-MOD
Phaidia
Vanished Empire
shiratamata and the niches

《DJ》
Chihiro / TAIZO / WAKANA/
Ray trak/Götediener/裏口入学/
DORA (CyberAgeVooDoo)


[Fashion Show]
Takuya Angel

[Gothic SM]
性魔術緊縛師
†SHIMA Malphas†
Grotesque Athena

[Poledance]
Nancy&Kami

《Burlesque》
Maria Luna/Marie Horn


[Fashion Effects]
PureOne Corset Works / TADACy / and more!!









東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
COMMENT









Trackback URL
http://genet.jugem.jp/trackback/5235
TRACKBACK