<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初つるかめ食堂でございます!! | main | ダークキャッスルDJ新年会盛り上がりました。 >>
初築地は井上のラーメンでいかして頂きました!!
築地井上で元気は出たんですが……



ちょいと、初築地行ってまいりました。
数日前になりますが、初築地行って参りました。

初築地と言っても、時間が無く、もうほんと井上て、ラーメンをちょいと啜って、おさらばと言う、慌ただしいものでしたが、取り敢えず、築地の空気は吸えました(笑)!!



今年は、カミさんに風邪をうつしたらとんでも無い事に成るので、迂闊に風邪もひけないと、健康にはかなり来を使っていますが、やはり色々あって、かなり疲れて来てまして………。


やっぱ、元気出すには、井上のラーメンかなと思い、無い時間をやりくりしての築地訪問。

ほんとは、ジックリぶらぶらして、場内のジローさんにも新年の挨拶に行きたい処ですが、もう少し辛抱かな……。

兎に角、先ずは、元気出して、色々頑張らなきゃなりませんね。
そんな疲れた僕には、井上の中華そばは、かなりの元気フード!!

手っ取り早い元気ラーメンを求めて、初築地、初井上でございます。


そんな初築地、天気もイマイチだったせいかそんなに混んでは無かったですね。
井上の前も、いつもの長い行列は、未だ出来てませんねでした。

でも、そんな天気も物ともせず、今年も大将頑張ってますね!!

お兄ちゃんとのいつものコンビネーションで、テンポ良くラーメン作ってくれてます。

大将に軽く新年の挨拶して、いつもの様に味濃いめで麺硬めをお願い。

大将、いつも通り、白い粉と、元気を沢山投入してくれてます(笑)!!

今日はお姉さんが、ラーメン運んで来てくれました。

そんな、今年もスープが、多過ぎて、トレイにスープこぼし捲り、それでもまだまだスープはいっぱい、どんだけ〜でございまする(笑)!!

麺硬め、味濃いめのジュネ様仕様。

しかし良く見るといつもより色が薄め……。

すると大将、「味が薄かったらたすよ!!」と大きな声で声をかけてくれました。

ありゃ、大将忘れたなと思いましたが、この薄めが、今年の大将の愛かなと、身体きづかいモードで、このまま頂く事に。

ニンニクもしっかり載せました。

唐辛子も、黒胡椒もバッチリです。

やっぱり旨いです!!

井上の中華そば、元気出ますよ!!

いつもより薄めのスープですが、別に全然駄目じゃ有りません。
たまには、本来の味を味わうのも悪くないかと……(笑)。
いや、これでも少しは、濃いめなのかも……(笑)。

スープに浸ったチャーシューが、ガッツリ元気をくれますよ!!

一気に食いまくり、元気いっぱい。
なんか、力湧いてきましたよ!!


そんな大将の姿を見て、そして大将のラーメン喰って元気になってる奴がいっぱい居るんですと心でメッセージ送って、完食デス。

なんか、せっかく築地に来て、井上のラーメンだけ食べて、おとなしく帰るのも残念なんですが、色々やる事が在るので、取り敢えず、とんぼ返り。

なんか、近頃、井上でラーメン喰って、築地に来た気持ちに成ってる自分が寂しいですね。
かっての築地ブロガーは、何処に行ったんでしょうね(苦笑)。

まあ、又時間が出来たら築地、思いっきりぶらつこうじゃありませんか!!

そんな訳で、一月も終わりにかかり、やっと初築地を果たしたジュネ様でございました(笑)!!




TOKYO DARK CASTLE Vol.97



2015.02.07(Sat Midnight) at Shinjuku MARZ

Open / Start 24:00
Adv 3,000yen(+1Drink)
Day 3,500yen(+1Drink)
Ticket Reservation(前売予約)
Shinjuku MARZ

[Band]
AUTO-MOD / bulb / 湾岸の羊 / W.A.R.P. / KASSTRICK BACTERIA
[DJ]
Chihiro / TAIZO / WAKANA
[VJ]
Akky
[Fashion Show]
CYBERESQUE from Berlin
[Fashion Effects]
SEX POT ReVeNGe / PureOne Corset Works / TADACy / CYBERESQUE
[Photograph]
GR-TAKA
[公式カメラマン]
はっしん






東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
COMMENT









Trackback URL
http://genet.jugem.jp/trackback/5035
TRACKBACK