<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今年最初の東京ダークキャッスル凄いデス!! | main | AUTO-MOD結成35周年記念公演第1弾 『時の葬列〜方舟の章 Vol.3』 >>
初激辛は鷹の爪でございました!!
初激辛は鷹の爪でございました。

近頃はマジに多忙でブログも更新できず、楽しみにしてくださっている皆様には、誠に申し訳ない事だと思っております。

取り敢えず、少しでも時間を見つけて、ブログを愉しんで頂くべく、頑張りますので、今後とすも宜しくお願いします!!

そんな訳で、この暇の無さと、とんでもない寒さに、ケチョンケチョンに殺られそうな、チキンな根性にヤキを入れるには、激辛しか無いと、久々に激辛破滅衝動に突き動かされたジュネ様でございますが
……。

やっぱり直ぐ様頭に浮かぶのは、激辛の殿堂、蒙古タンメン『中本』。
実は、今年に入って何度か、渋谷や高田馬場の中本の前を通り過ぎてたんデスが、どうも時間が無くて、入る機会を逸してたんデスよ。

しかし、中本に行けなくとも、我が地元行徳には、『鷹の爪』が在るんデスよ!!

これは、十分『中本』に対抗出来る、必殺激辛店でございますよ!!
中本をパワフル激辛とするなら、鷹の爪は、技巧派激辛って感じかな(笑)!!

鷹の爪の辛さは、、ピリ辛、旨辛、極辛のスリーステップ、更にプラス300円でスペシャル唐辛子プラス、天国直行の扉が開かれます(笑)。
新年早々昇天しちまう訳にもいかないし、こちらとて、それに対応できる程のアイアンアヌスを持ちあわせても居ないので、僕の限度極辛鳳凰DXで十分でございます。

そんな訳で、地元行徳の激辛ナンバーワン『鷹の爪』で、2015年初激辛体験。
極辛鳳凰DXラーメンで初激辛いかして頂きます!!
因み、今回も、麺硬めの、野菜増しでございます。

店内は満席、常に三、四人が壁待ちの状況。

今年も、髭のアニキが、中華鍋をカンカン響かせ、テキパキと激辛仕事をかましてくれてましたよ。

いつもの様に、調理の仕上げは、フライパンの野菜炒めとスープを、威勢良く投入。

別容器の麻婆茄子を加え、メガから揚げをドカンと載せて、『極辛鳳凰DX野菜増し』の完成です!!

いやあ、今年も結構盛ってくれてますよ(笑)!!
このメガ唐揚げを含むボリュームは、かなりのモノデス!!

汁を吸った唐揚げが、柔らかくジューシーで、これを食べるだけでも、鷹の爪の価値が在ると言うもの、しかしこのボリュームは、普通の男性でも、ちょいと手を焼くレベルですね。

唐揚げの下には、炒めたキャベツ、ニラ、もやしがガッツリ。
新年早々、迎え討った激辛鷹の爪、手応え十分でございます!!

ガッツリきくらげも良いアクセントです。


硬めの麺が、激辛スープを吸い込んで、段々と味が練れてきます(笑)。


今回の極辛分の唐辛子は、前回より、幾分ペースト状になってましたね。

いやあ、極辛唐辛子、少しずつ溶かして食べましたが、やっぱりかなり来ますね(笑)!!
彩りも鮮やかな、生唐辛子が強烈に身体を覚醒させてくれます。
もう、身体の中は、完全な溶鉱炉状態。
額に汗にじませながら、新たなる活力源を体内に取り込んでいる感じです。

しっかり喰い切り完食させて頂きました。

これで、今年の激辛ロード、しっかりスタートさせて頂きました。

今年は、僕の人生も色々とハードな事の連続に成りそうな感じですが、まあ、しっかり体内から爆発させて、ガッチリ乗り切って行きますよ!!

皆さんも、へこたれ気味な時は、激辛エネルギー投入で、ガッチリ乗り切って下さいよ!!

まあ、でも激辛は程々が一番ですから、悪魔デーモ、自分の身体と相談してやって下さいね!!

間違うと、活力源どころか、メチャ自爆撃沈致しますので、十分ご注意の程を(笑)!!





東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
COMMENT









Trackback URL
http://genet.jugem.jp/trackback/5032
TRACKBACK