<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 惨劇前に屋外で幸せ@上野 地魚屋台浜ちゃん | main | 公園ランチは中々楽しいものですよ!! >>
上野のお山は修羅にて候。
JUGEMテーマ:日記・一般



ゴールデンウイークに、上野で冷汗(後編)。



皆さんゴールデンウィークは、何かスペシャルな事ありましたか?!

残念ながら僕は、特別な事は何もなかったな・・・。
特別なイベントへの顔出しと言うと、築地春祭りに行ったぐらいかな・・・。
この築地夏祭りは、この記事書いた後にでも、着手します。

このゴールデンウイークは、他には、家族でサイゼリア行ったり、地元のラーメン屋『じぇんとる麺』に行ったり、天狗でランチ食べたり、そんなんで終わっちまいましたね(笑)。
たった一つ、どこかに行こうと言うのは、上野西洋美術館でやってる、ラファエロ展に行こうとした位でしたね。

そんな訳で、前述の様に、僕たち家族は、上野のお山に向かったんですが。
正直美術より食い気のうちの家族は、上野野お山に向かう前に、アメ横の裏ストリートの居酒屋『地魚屋台浜ちゃん』で、軽く食事と軽く一杯(笑)。

どうも、落ち着き過ぎたか、時間は二時半を軽く過ぎてましたね。
いや、三時近くって表現の方が的確ですね。

西洋美術館は五時半には閉館、しかもチケットは二枚しかなく、家族で入るには、もう一枚チケットを買わなきゃならない。
もしチケット売り場が混んでたら、更に時間はなくなる、でも酒も入って、ぐうたら家族三人、どうにも行動が遅くなりがち(笑)。

上野のお山の西郷さんも、連休日和にご機嫌顔です(笑)。


西郷さんを超えて、山に入ると、何故か、嫌な感じ。
何なんだろう、この変な感覚、何かが来てるんですよ。
それは、森に進むうちに、聴覚にしっかりと働きかけて来た。
何かが聞こえてくるんですよ・・・。
それはだんだん子供の鳴き声の様な・・。
でも、それが、子供の声だとしたら、それは絶叫。
山の中と言っても、人通りの多いこの上野の山で、虐待もないだろう。
なんか事故、かなり嫌な気分は深まりましたね。

足を進めるうちに、その声の発生源を発見、山道からちょっと山の中に上がった処で、ひと組の男女が、物凄い勢いで言い争っているじゃありませんか・・。
でも、見てると、それは言い争いの範疇で、男性は、手は出してないみたいです。
しかし、この女性の絶叫は、ちょっと凄すぎですね・・・。

実は、前日もちょいとあったんですよ・・・・。
地元でヤバめなおっさんが、じいちゃんに喧嘩ふっかけ様としてて、ロクでもない恫喝してたんで、そのおっさんビビらせて、揉め事終了させたりしたんですが・・。
まあ、こんなのよく在る話しなんですが、此方は男女の痴話喧嘩、まして暴力沙汰って訳じゃなし、しかも激高してるのは女性だけとなると、こりゃ顔を突っ込む余地も無しって感じですよね。

どうしようかなと思って見てたんですが、なんかこれ以上悪くもならんだろうとの予想の元、その場を去る事に。

それで、しばらく歩いたら、又々聞こえて来る、狂気の絶唱・・・。
これにカミさんが反応、さっさとさっきの場所に戻っていくではありませんか・・・・。

おい、おい、何、やってんだよ、野次馬もたいがいにしろよと、仕方無しに娘と僕も付いて行き、結局またもやさっきの修羅場の麓に。
なんか、さっきより野次馬増えてますね・・・。

よしてくれよなんて、思って娘に同意を求めようとしたら、なんか娘もはまっちゃったみたい・・・。

あ〜あ、やだやだ、此れだから女は嫌だなんて、普段の自分を棚に上げて、かなり愚痴り気味。
マジ展覧会終わちゃうよ、なんてぶつくさ言いながら、そんなゴールデンウィークの修羅場を見てたら、なんかだんだんエスカレート気味、女性が男性の首絞めたり、殴ったり。
男性も「いい加減にしろよ」と押し倒したり。

いやあ、どうしたもんでしょうね・・・。

なんか麓にや、修学旅行生まで集まって、なんだか派手になって来ましたよ!!

話は分からないけど、一体何が二人にあったのか、僕には全く興味の無い話です。
それより、ラファエロの時間が気になって、気になって。

ってそんな時、一人の粋なおばさんが、山に登っていき、言い争ってた女性を連れて降りてきました。

何故かそのおばさん、僕たちの方にその女性を連れてきて、もう大丈夫だからね、可哀想にって始めちゃいました。
あ〜あ、連れてきちゃったよなんて思いながら女性の顔をみたら、ちょっとぞっとするものを感じつつ、そのお腹を見たら、なんと妊娠してて、かなりの大きなお腹をしてるじゃないですか・・・。
エッツ、妊婦さん・・・・・・!!!

これには、ちょっとビックリしたと言うか、こんなお腹の大きな女性が、あんなに悲鳴の様な絶叫をあげて、男とやりあってるなんて・・・。
しかも、この子、うちの娘と同じか、ひょっとしたら年下ななじゃないかって感じの若さ。
身なりは、派手ではなく、清楚ながら、フアンシーな服装。
ほんと、普通の女性と言う感じ。
でも、その表情は、かなり異様なものがありましたよ。
やめてくれよ、何やってんだって思いが膨らみ、ちょっと僕のスイッチ入っちゃったみたいで、その女性連れて、男の元まで連れて行ってしまってましたよ。
なんか、男の方は頭抱えて座り込んでましたが、立ち上がったその姿、やっぱり普通の若い男の子でしたね。
二十ちょっとの男女、そして妊娠、これは結構ヘビーな話になりそうです。

妊娠させた上の別れ話か、認知を巡ってのイザコザかと思ったのですが、聞くと、何と二人は、夫婦との事。

えっ、もうすぐ父親、母親に成ろうと言う二人が、一体何をやってるんだよと、その常識外れ振りに、怒りも覚えましたが、母親の事も考えて、なるべくソフトに話しを聞く事に。
女性の目を見ると、かなり精神的に疲弊した状態。
彼女のマリッジブルーは、既にかなりやばいステージに来てるのかもしれない。
しかも、かなり痩せたその女性のお腹は、目立ち難いものの、もう七、八ヶ月は過ぎているかもしれない状態。
これは、かなり難しい問題であるとともに、かなり危険な状況かもしれません。

妊娠中の浮気かと思うと、何と原因は、夫の暴力との事。
しかし、二人に確認しても、それは過去の事で、現在は暴力は、振るってないとの事。
実際、あの修羅場に於いても僕が見る限りは、夫は、妻に手を上げては無かった様だし、精神的に参っている妻に動物でも見せて、気分を変えて貰おうと、上野に連れて来たとの事、まあ今は、ちゃんと妻を気遣う気持ちは在るとも思われる。
はた目には、いくらでも良いお父さんに成れそうな好青年にもみえます。
でも、実際彼は、暴力を振るっていた。
そして、彼女は、明らかに精神のコントロールに不調をきたしている。
どうして暴力を振るったのかを聴く事は避け、兎に角過去を捨て、新たなる生命の誕生、そして新たに、父親、母親として、全く別な人生が待って居る事を説き、説得するが、落ち着いて僕の話しを聴いては、くれてるものの、彼女の目を見る限り納得してくれた感じは、全く感じられません。
そして、彼女の一言『こんなの要らない……』。

えっ、こんなの……。
これは、絶句してしまいましたね。
此れから生まれる命に対してこんなのって……。

その後彼女の口から続くこんなの要らないの言葉。
『こんなの要らない……』
『こんなの要らない……』

やめてくれよ、マジやめてくれよ。
これは、街でオヤジの喧嘩を止めてたような事とは訳が違う、こんなの僕の手に負い切れる問題じゃ無い事を実感。
ある種の恐怖も感じましたね。
旦那は、何とか彼女と接しようとしてますが、まだ二十歳越えたばかりの元DV旦那に、此れだけ心を閉ざしちゃってる奥さんの心を開くのは、きっと無理なんじゃないかと思ってしまう。

時間だけは過ぎていき、話しは、堂々巡りのスパイラル地獄。

ただ、二人とも僕の話しをちゃんと聞いてくれてるし、旦那の方は、すがってさえ来てくれます。
二人とも誰かの助けを必要としているのは、確かにです。

でも、いったい誰がこの二人を助けられるのか……。
考えれば考える程絶望的な気分に成ってしまいます。

時間は、四時を回り、寒く成ってきたので、身体に良くないよと言うと、旦那が彼女に自分の着て居たジャケットをかけた。
何でそんな優しさを持つ男が、愛すべき妻に暴力なんて振るったんだ……。
何でこんなにしてしまったんだと、悲しくさえ成ってくる。

ある程度落ち着いた彼女と彼を山からおろし、兎に角もう一度頑張ってごらんとさとし、彼等と別れる事に。

しかし、本音は、何の解決にも成ってない事、そして、なんか結局僕は逃げただけじゃないかと言う敗北感。
ほんと、此れからどうなるのか、全く予想もつきません。
生まれるてくる、子供の事を考えれば、悪い事しか浮かんできません。

生まれるて来た子供を二グレクト、虐待。
もし、奥さんが今以上に壊れた時、旦那がどうなるかも分かりません。
悪く考え無い方が良いのは、その通りですが、彼女のお腹の子に、かなり良くない未来が待ってる可能性は捨てきれません。
でも、これ以上僕に何が出来るんだと、考えれば考える程ブルーになるばかり。

結局ラファエロは、時間がまともに取れないだろうと、次回に回しました。
今月いっぱいは、やってますからね。

しかし、今でも、あの若き母親になるべき女性の顔が頭に浮かび、ハットする事があります。
『こんなの要らない……』。
『こんなの要らない……』。
ああ、キツイですよ。

何処の誰かも知りませんが、元気に成ってくれたかな……。

生まれて来る子供達の未来が、決して平等で無い事は、分かっています。
もっと悲惨な運命のもと、この世に生を受けて来る子供達もいっぱいいます。

生きるって何なんでしょうね。

なんか、日本中浮かれている、ゴールデンウィークのさなかに、何故か上野のお山で出くわした修羅場は、極楽キリギリスの僕に、結構ブルーな影を落としてくれました。

再び彼女達に会う事は無いと思います、もし会う事があったら、幸せそうなパパとママの笑顔を見せて貰いたいものです。

なんかゴールデンウィーク明けに、暗い話しですみませんでした。
とんでもない、スペシャル話しを披露してしまいましたね……。

皆さんは、毎日を楽しくお過ごし下さいね!!

家族仲良くが一番ですよ!!




東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
かなり久しぶりのコメントさせていただきます。

ジュネさんが遭遇された修羅場・・・

心中お察し申し上げます。

産後うつ病はもはや10人に1人の割合で発症する現代です。

みんな病んでるかもしれません。

でも子どもには何も罪はありません。

「子はかすがい」って言葉もあるし、新しい生命が

その若い夫婦に幸せをもたらしてくれることを

ただただ祈るばかりです。
ストフル | 2013/05/08 18:03
…ジュネさんのご家族もやはり、コレは間違いだろ?!正さなきゃ! と思ったら瞬時に反応なさるのですね!

放って置けない人間、熱い心の持ち主達…今のご時世、皆無か…

このご家族、立ち直って欲しいですよね。幸せで有る様に!

AXE BOMBER | 2013/05/09 01:36
ジュネ様、そして、ブログのお写真でしか拝見した事ないですが綺麗な奥様、ありがとうございました。
全くの赤の他人の私がお礼を言う筋ではないのですが、「お疲れ様」と言うのでは足りない気がします。お二人の行動を読ませて頂いて、有りがたく感じました。
お二人とも、アツイお方たちなのですね。
今では貴重な人たちです。

こうして、人を放っておけないジュネ様と奥様。
被災地を思い涙してくれるジュネ様、デモも見に行くジュネ様、政治にも関心もって皆に語りかけてくれるジュネ様...。

若い妊婦さん、どうか元気な子を産んで、うーんとうーんと可愛がって上げて欲しいですね。
赤ちゃんと対面した途端、”可愛い感情”が爆発してくれると良いなあ...。

ちょこ | 2013/05/14 16:38
COMMENT









Trackback URL
http://genet.jugem.jp/trackback/4560
TRACKBACK