<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 地震から、一月が過ぎで……。 | main | やっぱ築地寿司大は良い寿司屋ですね!!! >>
GOTH SAVES JAPAN 第一回報告書
『GOTH SAVES JAPAN』

jyuryousyou.jpg
『GOTH SAVES JAPAN』
第一回報告書

我々東京ダークキャッスルの東北大震災救済プロジェクト『GOTH SAVES JAPAN』の第一回募金、義援金活動、により集まった、皆様の御心を、先週の月曜日に、日本赤十字社に振り込みました。
第一回目の、振り込み額は、32001円と、少ないものでしたが、今後、支援グッズの販売、募金場所の拡大などを図り、
少ないながら、長期的に、コツコツと集めていくだけです。


ハッキリ言って、色々問題あります。

ここで、『GOTH SAVES JAPAN』を離れ、僕個人の事を話すなら、
とにもかくにも、僕のスタンスは、マズ過ぎます……。
何せ、末世の世を歌い続けて、30年。
僕らの歌は、ガチガチの物質主義、経済主義の
爛熟した世界においてのみ、咲き誇る徒花、
まさに世界の膿みたいな物で、拝金世界に一矢報いるみたいな、
ヘタれのテロリズム的存在でございます(笑)。
それが、目の前で、ほんとに世界が壊れ始めたら、
架空の恐怖はリアルな恐怖の前に手も足も出ませんよ・・・。
今、『滅びゆく東京』と歌う事に、そのリアリティーは空恐ろしいものとなっていきます。
昨年出した、新曲の『GOOD BYE』なんて、もう洒落になりませんよ・・・。

そして、僕たちのあのゴシックスタイル・・・。
やっぱりひんしゅく物でしかないですよね・・・。

その上、僕のブログは、食べ物ブログ、
B級と言いながらも、食い物がネタ。
こんな時期に、旨い物食って、旨い酒飲んで・・。
やっぱり、ひんしゅくを買う事時は当然です。

はっきり言って、僕の存在はすべてが大ひんしゅく。
まあ、づっと30年以上続けたROCK人生。
人に眉をひそめられながら、
後ろ指さされ続けた30年、
いまさらひんしゅくなんて、屁でもありませんが、
事これが、救済活動をするとなると、色々考えてしまいます。
ストレートに被災地に支援に行けないジレンマもあります。

まあ、僕なんかが休みの日に、被災地に行った処で、
結局足でまといになるだけだし、
毎週日帰りで、被災地に邪魔しにいくなら、その交通費を寄付した方が、良いに決まっています。

結局人それぞれ、出来る事しか出来ないんですよ……。

なら、ひんしゅく者の救済活動、
根性決めてやるだけです。
Goth Saves Japanゴスセーブズジャパン



IMG_1753.jpg




まだ、始めたばっかしで、成果が伴わないのは、当たり前ですが、
どうしても偽善、売名行為のそしり、己の未熟さに苛まれてしまいます。
でも、この己の武器をつかわなけりゃ、僕なんて、
なんの役にもたた無い只のおっさんだし・・・(涙)。

どうせ募金活動するなら、東京ダークキャッスル名物の、
ハロウィンパレードを毎月やって、募金箱片手に練り歩けば、
化物見たさにお金が集まるかもしれないし…(笑)。
其れはそれ、ヤッパそんな事僕らにしか出来ないし。
結局人それぞれ、出来る事しか出来ないんですよ……。
そんな訳で、動き始めた『GOTH SAVES JAPAN』、
底辺からの支援ではありますが、
皆様の協力無くしては、動きません。
どうか、今後とも宜しくお願いいたします。
皆の力で日本を作り直して行きましょうよ!!



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
丸くなったから?いいんじゃね。
コウ | 2011/04/13 18:29
ジュネさんは、一文化人として素晴しい人です。
悩む事は何も無いと思います。
安藤淳平 | 2011/04/14 09:57
非難されても
ヒンシュクかっても
堂々と自分の信じる道を行く
それがパンクだと思います。

(Mのつく)某アーティストの曲で
自分のした単純作業が回りまわって
誰かの笑顔を作るって歌詞がありました。
自分に力がない、
何も出来ないと思っても
ジェネ様の言うとおり、出来ることをやっていく。
今はそういう時なのだとおもいます。

U | 2011/04/14 11:52
本当にジュネさんは本当に素敵な方です カリスマであり 人間的にも尊敬出来ます 言葉よりも行動 結果がどうであれ動いたことに価値があります 俺もそうやって動ける人間で居たいです
ポジパン君 | 2011/04/22 22:55
COMMENT









Trackback URL
http://genet.jugem.jp/trackback/3094
TRACKBACK