<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 忌野清志郎さん永眠… | main | 裏竹虎つけ麺@麺匠 竹虎  新宿 >>
チャーシューつけ麺大盛@大勝軒十五夜 新宿
JUGEMテーマ:ラーメン

 チャーシューつけ麺大盛@大勝軒十五夜 新宿

新宿御苑からも、新宿3丁目から徒歩2,3分の場所に、大勝軒があるんですよ、名前は大勝軒十五夜、確か一年程前は東池袋大勝軒と名乗ってたお店です。


入口、なんか豪華ですよ!!


この大勝軒、元々永福町の大勝軒で修業した神楽屋の主人が、東池袋の大勝軒(山岸さんち)で修業した方と2ヘッドで始めたお店との事。

永福町と東池袋は系列が違うので、二つの違った大勝軒のコラボが楽しめると、人気を博した店です。

ところが、一年程前に東池袋で修業した方がやめてしまい、東池袋をとって、ただの大勝軒十五夜に名前を短縮してしまったお店です(笑)。

きっと東池袋で修業された方が暖簾分けしてもらってたんでしょうね(笑)!!

入ると店内は、モダンで意外と広いですよ。

カウンター、テーブルで23・4席かな……。


なんか十五夜お月さんと関係あるのかと思ったら、なんと壁に店の名前の由来が書いてあり、十五夜は尾崎豊の『十五の夜』から付けたそうです。

なんでも、店主の方が尾崎豊と同級生で、尾崎豊の『十五の夜』の実際のモデルらしい事が書いてあります。

「盗んだバイクで走り出す〜♪」ってやつですよね(笑)!

なんかこの店、いろいろ訳ありの大勝軒みたいですよ(笑)!!

それで、オーダーですが、東池袋の方は去ったみたいですが、既にここ大勝軒十五夜は、つけ麺がうりとの事。

迷わず、オーダーはつけ麺。

麺の量が小200g、中300g、大400gと、いずれも同価各650円。


当然の如く、つけ麺大盛をオーダー。


やってきました、大盛チャーシューつけ麺です!!


付けだれはわりとあっさりした感じで、いわいる大勝軒の甘・辛・酸味がストレートに来る感じじゃなくて、豚骨と魚介の節の効いた今風の味つけ。

これ、ひょとしたら煮干しかも・・・(冷汗)!!

近頃流行りのドロドロした奴じゃ無くて、あっさり系なのは、嬉しい事です。
結構うまいです!


しかし麺の表面がツルっとしてるせいかつゆの絡みがイマイチかな・・・。
この、大勝軒といったら極太、やや柔めでモチモチとし言うところが、大勝軒系つけ麺の特徴ですが、この大勝軒十五夜、大勝軒にしては細めで固め、ツルツルもちもち系の触感!!

麺自体はかなり旨いんですが、このつゆの絡みのゆるさ、マジ残念ですね。

細かい油滴が浮かぶ醤油抑え目のつけ汁は、旨いんですが、食べ進むうちに、味のインパクトの薄さを感じてしまい、途中酢と一味を投入、結局普通の大勝軒系の味に戻しちゃいました………(笑)!!

やっぱりこの方がいいですね(笑)!!

チャーシューは、これは残念の一言。

麺、スープのレベルが高い分、しかもチャーシューが旨いとの評判を聞いていただけにさらに残念………、
どうしたんでしょうね……。

これなら、チャーシューつけ麺にする必要は全くなかったですね!!

他に、刻みネギ、ナルト・メンマ、結構王道ですね!!

 

最後に、割スープにすると、なんかほのぼのラーメンができてしまいました(笑)!!


なんだかんで言って、400グラム、あっさり頂けましたよ!!


次回はチャーシューにせず、特盛り600グラムで行こうかな!!

まあ、美味しく頂けました!!

スタッフの方達も感じよく、お店もきれいだし、良いお店だと思いますよ!!

 

しかし全体的に悪くはないのですが、なんかいま一歩という印象も…………。

尾崎の歌から、店名をつけたとおっしゃるなら、もうちょっと強引な個性があっても良いような………。


又来ます、頑張って下さいね!!


 




東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
COMMENT









Trackback URL
http://genet.jugem.jp/trackback/2088
TRACKBACK
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2017/02/15 06:00