<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 色々あって、とにかく眠りました・・ | main | プルコギランチ@吾照里新館 渋谷 >>
ROCK LOVES ME FORVER
第一章
田舎街の変わった子


今でこそロックミュージシャン、ボーカルリストとして長き生涯をおくるTと楽器の出会いは、幼稚園の年長の時に遡る。

彼が最初に手にした楽器は鍵盤楽器、オルガンとピアノであった。

オルガンと言ってもそれはエレクトーンとかビクトロンとかの電子オルガンの類ではなく、小学校の音楽室に置いてあるような、なんの変哲もないただのオルガンであった。

Tの通っていた幼稚園では、ヤマハ音楽教室のフランチャイズとしてオルガンやピアノの教室をやっていて、初めての習い事に対する好奇心、そして音楽好きな祖母に進められるまま、通い始めただけの事だった。

ましてや、この時点に於いて特にTが自ら音楽に興味を示したと言うような話しでは無かった。


Tにとって初めての音楽体験となるこの教室は、別にピアニストを育てる英才教育を施すような場所では無く、単なる街の音楽教室だったので、ピアノではなく、まずは一様に皆オルガンから始める事が常だった。

小学一年迄オルガンをやって、その後ピアノに進むと言うのが子供達のお決まりのコース。


なんでも最初は首を突っ込みたがるTは、当然やりたいと言って大騒ぎして始めた。

自分でも音楽好きな祖母は電子オルガンではないが、カワイの最新式の電気オルガンを買い与え、一年もしないうちに、ピアノに買い替えた。

この時点で祖母はTにそのままピアノに進ますつもりだったのだろう。

何故か祖母はヤマハを嫌っていた。
教室の勧誘にも関わらず、わざわざカワイ楽器の製品を買う祖母の意図は解らないが、教室としては余り面白く無かった事は容易に想像しうる事であった。


この教室で子供達に音楽を教えていたのが、前回に述べたTに執拗にヒステリックに当たっていた園長の娘だった事もあり、程なくTはオルガン教室が大嫌いになった。

これ以後Tは人に何かを教わるのが大の苦手となり、反抗的な態度が生まれるようにもなった。


折角ピアノ迄買い与えた祖母の期待をよそに、Tはこの二年間のオルガン教室の後しばらくは、自ら鍵盤に向かう事は無くなった。


こんな楽器との最初の出会いであったが、Tは適度にこの一音階、黒鍵五つ、白鍵七つから成る、平気で6オクターブを超える鍵盤楽器が気に入っていた。


Tは楽譜を読まなくても、一度二度聞いた音楽はほとんど弾けた。

それがTにとって後年困った問題を引き起こす事となるのだが、それは後ほど語る事となるであろう。


お陰でTは楽譜を全く見ようとせず、それが教室のヒステリック教師には余計カンに障ったようだった。

そんなTはピアノ教師そっちのけで、巷に流れるヒット曲やアニメの主題歌、コマーシャルソング等をよく右手だけでなぞって弾いては歌っていた。

Tにとっては鍵盤はほんとに悪くないおもちゃであった。



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
COMMENT









Trackback URL
http://genet.jugem.jp/trackback/188
TRACKBACK