<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カップ酒ギャラリー107 白鹿 しぼりたて原酒 アルミ缶 | main | お疲れ様です! >>
スイニートッド フリート街の悪魔の理髪師
スイニートッド フリート街の悪魔の理髪師



見てきましたよ、ジョニー・デップの最新作、 「スイニートッド フリート街の悪魔の理髪師」。


哀しみの復讐ゴシックミュージカルスイニートッド見てきましたよ!!

ティム・バートンが盟友ジョニー・デップと6度目のコンビで描く、同名ブロードウェイ・ミュージカルの映画化。

19世紀のロンドンを舞台に、無実の罪を着せられ、愛する者を奪われた理髪師の復讐劇。

ティムバートン色100%のまさにゴシックミュージカルでした。


この話は、18世紀に実際ロンドンで起こったと言われる事件が題材。
150人を殺して、パイにして売っちまったというとんでもない話が元ネタ。

まあ、実話といっても、本当にこの話が実際にあった話かどうかを証明する資料は何一つ残ってないみたいですけどね。



まあ、嘘か真か判らない、そんなトンでも無い話が題材のこの作品、
今までのティムバートンの作品のなかじゃ、かなりブラックきついですね(笑)。

オープニングのタイトルバックの流れる血が、全てを導くって感じで、さすがR15指定。

グロさもレベル高いですよ(笑)!!


まあ、暫くひき肉が食べられなくなるんじゃないかな(笑)!!




でもほんとは、悲しく美しい映画なんですけど、R15指定のせいか、客入ってませんでしたね。


でもこれは、れっきとしたミュージカル、しかもブロードウェイの巨匠、スティーブン・ソンドハイムのトニー賞8部門も取った傑作ミュージカルですよ!!

決してグログロのホラー映画じゃないんですよ!!

でもR15・・・。
う〜んどうなんでしょうねそこら辺・・・・。



とにかくこの映画はティム・バートンとジョニー・デップが初めて挑むミュージカル。

しかし、ミュージカルってのは、どうしても歌を歌うテンポで時間が支配されるもの、
果たしてこれだけの猟奇的作品のパッションをましてや映画と言う極めてクローズアップされて映し出される世界で、成立させられるものかどうかと心配していましたが、
さすが巨匠ティム・バートン、初のミュージカルながら、100%自分のカラーに染め上げ、独特のゴシックホラーミュージカルを作り上げる事に成功。


その重く、陰鬱なロンドンの町を舞台に出演者は、この血まみれの惨劇をとことんブラックにそしてもの悲しく歌い上げてます!!

処でジョニー・ディップの歌って結構いいですよ!!

感情押し殺し、 そして爆発させる彼の歌い方はまさに見事の一言。


かなり難しいメロディーをまさにスイニートッドになりきり歌い上げてます。

やっぱりジョニー・ディップ凄いです。


僕は飽きる事無く最後まで楽しんだのですが、今作品興行的にはキツイかもしれませんね。

劇団四季があれだけ頑張ってても、やっぱり映画のミュージカルってもの自体が日本人にはしっくりこないのかもしれませんね!!

その上、話が話しだし・・・・。


しかしラストの鮮血の抱擁シーンはもう鳥肌ものですね。

僕はこのシーンだけで泣けました(笑)!!


ゴシック好きな紳士、淑女、是非とも映画館に足を運んでくださいね!!



僕は満足しましたよ(笑)!!

JUGEMテーマ:映画


JUGEMテーマ:映画館で観た映画





東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
この作品。
多分単なるジョニデ好きの女子にはきついかもしれないですね。。。
ミュージカルがなければ題材が題材ですし。
みっつ | 2008/01/29 04:54
ジョニーデップ普通でしたが、この映画をみてすごい!!!と思いました☆
グロさには、驚きましたがミュージカルな感じで歌が結構気に入りました?
stargirl | 2008/01/29 22:20
私も観たいです!
美沙姫 | 2008/01/31 23:04
TB送らせていただきました。
ミュージカルというと明るく、悪く言えば空々しく感じたのですが、この映画では人物の感情に合っていてgoodでした。またミュージカルでなければ陰惨さが際だってしまったかもしれないとも思いました。(血がダメな人にはどうやってもダメでしょうが)。
デップは何かのインタビューで、歌は「最初で最後」と苦笑していましたが、なかなかどうして。また歌うところを見たいものです。
かもね | 2008/02/01 14:07
今頃yahoo映画でみました。
」24時間見られるので2回みてしまいましたよ。
それだけよかった!
トッドの悲しみと恨みに泣けました。

グロさなんて感じない。むしろこのご主人の写真と演奏のほうが・・(失礼)
ミュージカルは全然すきではないけど、これは素晴らしい♪

デップの歌は自然であのロンドン♪のところ、私も思わず真似しています。
H・Bカーターもパンダメイクが似合って、流石名女優!

今度はデップくんは何に挑戦してくれるのか楽しみで〜す。

まりあ | 2008/09/18 16:09
COMMENT









Trackback URL
http://genet.jugem.jp/trackback/1373
TRACKBACK