<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 目標達成 31077アクセス | main | エジプト料理???@LUXOR 渋谷文化村通り店 >>
Rock Loves Me Forever
第一章 田舎町の変った子




1963年頃から、Tの記憶が鮮明になりだす。

この時期世界はキューバ危機勃発、一触即発の危機を迎え凍りつくが、地球の裏側の日本人はどこ吹く風、働きアリが一丸となり大きな変革の年を迎えようとしていた。。

まずなによりも大きかったのは、次の年1964年にオリンピックを控えていたと言う事だろう。

日本社会全体がこのオリンピックをきっかけに、日本と言う敗戦国を一挙に文化、経済両面で先進国の仲間入りを果たそう、そして欧米諸国と対等に渡りあおうとやっきになっていた。


無残にもしかし一切の躊躇無しに野山を切り崩し新幹線整備工事は進み、東京の都心の町並みも大きなくかえた。

そしてその性急な変化は日本人のメンタリティーを根底から覆すようにまでなって行く。
化面で先ずなによりも大きかったのはこの時期オリンピックを前に一般家庭にテレビが普及した事であろう。


当日かなり庶民化してきたテレビではあったが、それでも、まだまだ高価な買物であり、今だったら大型ハイビジョンプラズマテレビを買うようなものだったのかも。


まあそんな高価な買い物も、敗戦国民である日本人がその復興の狼煙を上げる国家を揚げての一大イベントの応援をする為ならと国民全員が清水の舞台から跳び降りるつもりでこぞってテレビを購入した。

この年、幼稚園の年長になったTの家がテレビを買ったのもこの年だった。

中学の教員をしていたTの父親は陸上部の顧問をしている心底の陸上マニアであり、そんなTの父親がオリンピックに夢中にならない訳も無く、当然オリンピックの応援アイテムとして買われたテレビであったが、このテレビの購入がTの人格を作るのに多大な影響を与えた事は紛れも無い事実であった。

このテレビなるパンドラの箱、もうTにとっては飛んでもない宝箱になってしまった。

ちょうど一年前、1962年にはすでにテレビ界は続々とアメリカのファミリードラマの名作を続々と放送し始めていた。
ミスター・エド/お馬のエドくん Mr. Ed (フジテレビ、10月22日〜1964年4月13日)
これ好きだったな!!うまがしゃべるんですよ!!
とにかく面白かった!!

コンバット! Combat! (TBS、11月7日〜1967年9月27日) 
あの時代物凄く流行ってました。


 じゃじゃ馬億万長者 The Beverly Hillbillies (日本テレビ、12月11日〜1963年8月13日)
これはホントに好きでした!!
今でも大好きです!!

ドラマ ジャングル・パトロール The Everglades (日本テレビ)
カッコよかったですよ!!
割とマイナーですがTにとってはヒーローでした。


ルート66 Route 66 (NHK、4月〜)
アメリカの若者って感じのドラマ、車以外あんまり覚えてません!!


そして19673年には
宙家族 The Jetsons(1月〜)
これって最高でしたよ!!


ちびっこ大将 The Mischief Makers (4月〜)
これ、ちびっ子ギャングとは違うのかな?

ルーシー・ショー The Lucy Show (TBS、5月〜)
ホントにアメリカの笑いでした。


ドラマ 3ばか大将 The Three stoogers (6月〜)
ホントにこれは好きでした!!
主人公が幾分、フリークス気味なんですよ!!



ヒチコック・サスペンス The Alfred Hitchkock Hour(KTV、6月〜)
みんなが知ってるヒッチコック劇場ですよ!!

名犬ロンドン物語 The Littlest Hobo (10月〜)
ラッシーだけじゃないんですよ!!
なかなか良いドラマでしたよ!!

そして残念ながら見ることがなかったんですがエド・サリバン・ショー The Ed Sullivan Show (日本テレビ) なんてやってたみたいですね!!

歌物は、僕はまだ幼児だったのでミッチと歌おう Sing Along with Mitch Miller (NHK、4月〜) なんか見てましたね
ミッチミラー合唱団の番組です!!

そんな訳でテレビが日本の家庭に入ったとたんにアメリカ文化が一気に日本の巷に流れ込んできました!!
今までアメリカなんて、ましてや外国なんてたいして知ることもなかった日本人家庭に画面を通してアメリカの生活が流れ込んでくる。
完全なテレビっ子のTにとっては、全ての価値観はこの四角い箱の中から飛び出してくるものが全てでした。


そしてTに何よりも大きな影響を与えたのは、宇宙中継で届けられたケネディー大統領の暗殺場面だった。








東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
COMMENT









Trackback URL
http://genet.jugem.jp/trackback/118
TRACKBACK