<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 焼き餃子@天海 行徳 | main | カツカレー490円@C&C 新宿 >>
久々のフランス映画、エディット・ピアフ 愛の賛歌
久々のフランス映画、エディット・ピアフ 愛の賛歌


 
なんか久々にフランス映画見て来ました。

エディット・ピアフ 愛の賛歌


いい映画でしたね。


実際のピアフの歌声を使ったこの映画、ピアフの歌、いっぱい聴けました!!!

マジ最高です!!






しかしピアフってやっぱりすごいです。


歌うたいが、これほど人生を切り刻まなきゃ歌えないものなのか・・・。




僕も歌うたいの端くれ。

といっても僕とピアフを比べるとゴキブリとダイヤモンドの違いですけどね(笑)!!






ピアフの歌、凄過ぎます。



この歌がどんな人生から生まれて来たのか、この映画、よく伝えてくれましたよ!!



しかし主演のマリオン・コティヤールすごいですよ!!


ほんとは、まだ32歳くらいのとても可愛い女優さんですが、この映画で演じたピアフは、もう醜悪の塊。

もちろんその醜悪さはピアフの天使性の裏返し。


実物に酷似するように作ったという制作ノートを見る限り、彼女はリアルなピアフを再現したはずです。


まだ二十歳と言うピアフはすでに30近くの容貌。


死に際はまだ50前というのに、もう70以上の老いを演じていた。


実際きっと、ピアフの容貌は、それほど生き過ぎたんだろう。


そこまで命を削るピアフのシャンソン、まさに鬼気迫るものです。



ああ、歌はとんでも無いものですよ。




僕も愛の賛歌、持ち歌にしてますが、僕の歌なんてほんと鼻くそみたいなものですね・・・・・(苦笑)!!




またまた、ピアフにはまりそうです!!







東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
私は昨夜美輪様☆の愛の賛歌を聴いてきました(高知公演だったの)。
ジュネ様の愛の賛歌ももちろん好きですが、美輪様の訳詞解説付き仏語愛の賛歌も鳥肌ものでした。
ところで、映画「愛の賛歌」は美輪様にはけちょんけちょんに言われてました(^^;
ピアフを支えた21歳年下の最後の恋人とのエピソードがちゃんと描かれてなかったとか?!(違うかも・・・)
江原さん曰く、ピアフが怒ってるらしい(^^;・・・と美輪様が仰ってました。
でも、映画も観てみたいですけどね。
舞台「愛の讃歌・美輪明宏版」も観てみたい☆

なんか、タイムリーな話題だったので、長々とすいません。
まーねーちゃん | 2007/10/03 14:03
はじめまして?
1994年11月3日文化女子大でMASA様の前で固まってた女です。覚えていらしゃったらごめんなさい!
私も指弾きベース族なので・・・つい引き込まれてました。
私はLUXURY BOYを勝手に解釈して独りでウルウルしてましたが・・・・。狂える愛のオラトリア・・・。私の中ではジュネ様はピアフさんに匹敵する偉大なお方なんですけど・・・・。
zeke | 2007/10/03 18:13
あ、勝手な解釈は、狂える「音楽への」愛の・・・です。人間へだとは思ってません。
zeke | 2007/10/03 20:00
>まーねーちゃん

確かに映画的には、今ひとつの感がありますが、なんと言ってもピアフの声が有り余る素晴らしさなんで、僕としてはOKでした!!


よかったらみてみたら!!



>zekeさん

懐かしいですねもう13年前になるんですね!!

今でもベース弾いてますか!!


頑張ってくださいね!!
G | 2007/10/09 11:53
COMMENT









Trackback URL
http://genet.jugem.jp/trackback/1120
TRACKBACK