<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
上野のお山は修羅にて候。
JUGEMテーマ:日記・一般



ゴールデンウイークに、上野で冷汗(後編)。



皆さんゴールデンウィークは、何かスペシャルな事ありましたか?!

残念ながら僕は、特別な事は何もなかったな・・・。
特別なイベントへの顔出しと言うと、築地春祭りに行ったぐらいかな・・・。
この築地夏祭りは、この記事書いた後にでも、着手します。

このゴールデンウイークは、他には、家族でサイゼリア行ったり、地元のラーメン屋『じぇんとる麺』に行ったり、天狗でランチ食べたり、そんなんで終わっちまいましたね(笑)。
たった一つ、どこかに行こうと言うのは、上野西洋美術館でやってる、ラファエロ展に行こうとした位でしたね。

そんな訳で、前述の様に、僕たち家族は、上野のお山に向かったんですが。
正直美術より食い気のうちの家族は、上野野お山に向かう前に、アメ横の裏ストリートの居酒屋『地魚屋台浜ちゃん』で、軽く食事と軽く一杯(笑)。

どうも、落ち着き過ぎたか、時間は二時半を軽く過ぎてましたね。
いや、三時近くって表現の方が的確ですね。

西洋美術館は五時半には閉館、しかもチケットは二枚しかなく、家族で入るには、もう一枚チケットを買わなきゃならない。
もしチケット売り場が混んでたら、更に時間はなくなる、でも酒も入って、ぐうたら家族三人、どうにも行動が遅くなりがち(笑)。

上野のお山の西郷さんも、連休日和にご機嫌顔です(笑)。


西郷さんを超えて、山に入ると、何故か、嫌な感じ。
何なんだろう、この変な感覚、何かが来てるんですよ。
それは、森に進むうちに、聴覚にしっかりと働きかけて来た。
何かが聞こえてくるんですよ・・・。
それはだんだん子供の鳴き声の様な・・。
でも、それが、子供の声だとしたら、それは絶叫。
山の中と言っても、人通りの多いこの上野の山で、虐待もないだろう。
なんか事故、かなり嫌な気分は深まりましたね。

足を進めるうちに、その声の発生源を発見、山道からちょっと山の中に上がった処で、ひと組の男女が、物凄い勢いで言い争っているじゃありませんか・・。
でも、見てると、それは言い争いの範疇で、男性は、手は出してないみたいです。
しかし、この女性の絶叫は、ちょっと凄すぎですね・・・。

実は、前日もちょいとあったんですよ・・・・。
地元でヤバめなおっさんが、じいちゃんに喧嘩ふっかけ様としてて、ロクでもない恫喝してたんで、そのおっさんビビらせて、揉め事終了させたりしたんですが・・。
まあ、こんなのよく在る話しなんですが、此方は男女の痴話喧嘩、まして暴力沙汰って訳じゃなし、しかも激高してるのは女性だけとなると、こりゃ顔を突っ込む余地も無しって感じですよね。

どうしようかなと思って見てたんですが、なんかこれ以上悪くもならんだろうとの予想の元、その場を去る事に。

それで、しばらく歩いたら、又々聞こえて来る、狂気の絶唱・・・。
これにカミさんが反応、さっさとさっきの場所に戻っていくではありませんか・・・・。

おい、おい、何、やってんだよ、野次馬もたいがいにしろよと、仕方無しに娘と僕も付いて行き、結局またもやさっきの修羅場の麓に。
なんか、さっきより野次馬増えてますね・・・。

よしてくれよなんて、思って娘に同意を求めようとしたら、なんか娘もはまっちゃったみたい・・・。

あ〜あ、やだやだ、此れだから女は嫌だなんて、普段の自分を棚に上げて、かなり愚痴り気味。
マジ展覧会終わちゃうよ、なんてぶつくさ言いながら、そんなゴールデンウィークの修羅場を見てたら、なんかだんだんエスカレート気味、女性が男性の首絞めたり、殴ったり。
男性も「いい加減にしろよ」と押し倒したり。

いやあ、どうしたもんでしょうね・・・。

なんか麓にや、修学旅行生まで集まって、なんだか派手になって来ましたよ!!

話は分からないけど、一体何が二人にあったのか、僕には全く興味の無い話です。
それより、ラファエロの時間が気になって、気になって。

ってそんな時、一人の粋なおばさんが、山に登っていき、言い争ってた女性を連れて降りてきました。

何故かそのおばさん、僕たちの方にその女性を連れてきて、もう大丈夫だからね、可哀想にって始めちゃいました。
あ〜あ、連れてきちゃったよなんて思いながら女性の顔をみたら、ちょっとぞっとするものを感じつつ、そのお腹を見たら、なんと妊娠してて、かなりの大きなお腹をしてるじゃないですか・・・。
エッツ、妊婦さん・・・・・・!!!

これには、ちょっとビックリしたと言うか、こんなお腹の大きな女性が、あんなに悲鳴の様な絶叫をあげて、男とやりあってるなんて・・・。
しかも、この子、うちの娘と同じか、ひょっとしたら年下ななじゃないかって感じの若さ。
身なりは、派手ではなく、清楚ながら、フアンシーな服装。
ほんと、普通の女性と言う感じ。
でも、その表情は、かなり異様なものがありましたよ。
やめてくれよ、何やってんだって思いが膨らみ、ちょっと僕のスイッチ入っちゃったみたいで、その女性連れて、男の元まで連れて行ってしまってましたよ。
なんか、男の方は頭抱えて座り込んでましたが、立ち上がったその姿、やっぱり普通の若い男の子でしたね。
二十ちょっとの男女、そして妊娠、これは結構ヘビーな話になりそうです。

妊娠させた上の別れ話か、認知を巡ってのイザコザかと思ったのですが、聞くと、何と二人は、夫婦との事。

えっ、もうすぐ父親、母親に成ろうと言う二人が、一体何をやってるんだよと、その常識外れ振りに、怒りも覚えましたが、母親の事も考えて、なるべくソフトに話しを聞く事に。
女性の目を見ると、かなり精神的に疲弊した状態。
彼女のマリッジブルーは、既にかなりやばいステージに来てるのかもしれない。
しかも、かなり痩せたその女性のお腹は、目立ち難いものの、もう七、八ヶ月は過ぎているかもしれない状態。
これは、かなり難しい問題であるとともに、かなり危険な状況かもしれません。

妊娠中の浮気かと思うと、何と原因は、夫の暴力との事。
しかし、二人に確認しても、それは過去の事で、現在は暴力は、振るってないとの事。
実際、あの修羅場に於いても僕が見る限りは、夫は、妻に手を上げては無かった様だし、精神的に参っている妻に動物でも見せて、気分を変えて貰おうと、上野に連れて来たとの事、まあ今は、ちゃんと妻を気遣う気持ちは在るとも思われる。
はた目には、いくらでも良いお父さんに成れそうな好青年にもみえます。
でも、実際彼は、暴力を振るっていた。
そして、彼女は、明らかに精神のコントロールに不調をきたしている。
どうして暴力を振るったのかを聴く事は避け、兎に角過去を捨て、新たなる生命の誕生、そして新たに、父親、母親として、全く別な人生が待って居る事を説き、説得するが、落ち着いて僕の話しを聴いては、くれてるものの、彼女の目を見る限り納得してくれた感じは、全く感じられません。
そして、彼女の一言『こんなの要らない……』。

えっ、こんなの……。
これは、絶句してしまいましたね。
此れから生まれる命に対してこんなのって……。

その後彼女の口から続くこんなの要らないの言葉。
『こんなの要らない……』
『こんなの要らない……』

やめてくれよ、マジやめてくれよ。
これは、街でオヤジの喧嘩を止めてたような事とは訳が違う、こんなの僕の手に負い切れる問題じゃ無い事を実感。
ある種の恐怖も感じましたね。
旦那は、何とか彼女と接しようとしてますが、まだ二十歳越えたばかりの元DV旦那に、此れだけ心を閉ざしちゃってる奥さんの心を開くのは、きっと無理なんじゃないかと思ってしまう。

時間だけは過ぎていき、話しは、堂々巡りのスパイラル地獄。

ただ、二人とも僕の話しをちゃんと聞いてくれてるし、旦那の方は、すがってさえ来てくれます。
二人とも誰かの助けを必要としているのは、確かにです。

でも、いったい誰がこの二人を助けられるのか……。
考えれば考える程絶望的な気分に成ってしまいます。

時間は、四時を回り、寒く成ってきたので、身体に良くないよと言うと、旦那が彼女に自分の着て居たジャケットをかけた。
何でそんな優しさを持つ男が、愛すべき妻に暴力なんて振るったんだ……。
何でこんなにしてしまったんだと、悲しくさえ成ってくる。

ある程度落ち着いた彼女と彼を山からおろし、兎に角もう一度頑張ってごらんとさとし、彼等と別れる事に。

しかし、本音は、何の解決にも成ってない事、そして、なんか結局僕は逃げただけじゃないかと言う敗北感。
ほんと、此れからどうなるのか、全く予想もつきません。
生まれるてくる、子供の事を考えれば、悪い事しか浮かんできません。

生まれるて来た子供を二グレクト、虐待。
もし、奥さんが今以上に壊れた時、旦那がどうなるかも分かりません。
悪く考え無い方が良いのは、その通りですが、彼女のお腹の子に、かなり良くない未来が待ってる可能性は捨てきれません。
でも、これ以上僕に何が出来るんだと、考えれば考える程ブルーになるばかり。

結局ラファエロは、時間がまともに取れないだろうと、次回に回しました。
今月いっぱいは、やってますからね。

しかし、今でも、あの若き母親になるべき女性の顔が頭に浮かび、ハットする事があります。
『こんなの要らない……』。
『こんなの要らない……』。
ああ、キツイですよ。

何処の誰かも知りませんが、元気に成ってくれたかな……。

生まれて来る子供達の未来が、決して平等で無い事は、分かっています。
もっと悲惨な運命のもと、この世に生を受けて来る子供達もいっぱいいます。

生きるって何なんでしょうね。

なんか、日本中浮かれている、ゴールデンウィークのさなかに、何故か上野のお山で出くわした修羅場は、極楽キリギリスの僕に、結構ブルーな影を落としてくれました。

再び彼女達に会う事は無いと思います、もし会う事があったら、幸せそうなパパとママの笑顔を見せて貰いたいものです。

なんかゴールデンウィーク明けに、暗い話しですみませんでした。
とんでもない、スペシャル話しを披露してしまいましたね……。

皆さんは、毎日を楽しくお過ごし下さいね!!

家族仲良くが一番ですよ!!




東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
幹事なんて、絶対するもんじゃありません。
二度と、幹事はしたくない……。


いやあ、久々に冷汗でしたよ!!
水曜日は、東京ダークキャッスルの忘年会!!

まあ、忘年会と言うより本当は、主要メンバーによる、ミーティングを、兼ねた飲み会をしようかと思ってたんすが、なんかやはりみんな呼んで、どんと、忘年会をしようかと言う事になり、成り行き幹事に成ってしまいました。

金も無いし、暇もない、そんな僕選らんだのは、サクラ水産、大体3000円の、呑み放題二時間のセットで、お願いしちゃいました。


当日5時頃お店に最終確認を入れて、人数のチェックを入れて、 30分後、欠席者在りのメールが届き、再度サクラ水産に電話を入れ、なんとか頼み込んでメンバー変更。
しかし、これは単なる予兆に過ぎなかった……。
本番は、これからでしたよ!!
家を出る前に、ユキノから電話、実は、この二、三日、かなり気に成ってたユキノの体調、やはりかなりヤバく欠席との事。
まあ、一名位なんとかなるさと、家を出ると、kenzo、キャンディーのJACKとPEGGY、病欠、トラブル発生と連絡が在り、なんかマジ暗雲立ち込めちゃいましたよ!

そして、会場に10分遅れで到着!!
そこには、AUTO-MODスタッフのシュウイチの姿も無し……。
あの野郎と、マジブチ切れ、連絡無しのバックレかよ……。

そして、九時迄には、来る筈のナオヒロもなんか暗雲立ち込めて来てるし……。

何せ五人づつ四つ並んだテーブル一つが、まるっきり手付かず状態……(冷汗)!!

こりゃ、ヤバイと兎に角辺り構わず呼びかけまくり、もう、Twitterでも、囁いちゃいましたよ(笑)!!

もう、みんなして、スマホ、携帯総動員!!

でも、Twitterの反応ゼロ……(涙)。
俺って、怖がられてる(笑)……。

そんなんで、何だか忘年会してんだか、人集めしてんだか分からず、呑むに呑めない忘年会、もう、ヤダ〜、で御座いますよ!!

まあ、途中で腹括って呑み始めましたけどね。

刺身に、

蟹、

鍋に、サラダ、

3000円で、飲み放題なら、割りと良い感じかも知れませんね(笑)!!
勿論人が、揃えばの話しですけどね(苦笑)!!

処で、うちのHIKARUが、面白いマグロの食べ方してましたよ!!

赤身のマグロに、ネギトロ載っけて喰べてました。
これ、良いかも、中トロの味になるかも(笑)!!

それからは、何だかんだと盛り上がりましたが、結局シュウイチは来ず、ナオヒロが来たのは、10時過ぎ……。
宴会10時迄だったんですけど……(笑)!!

もう、鍋はグツグツでしたよ!!

でもナオヒロ、13th.moonのドラム連れて来てくれたし、千尋が頑張ってカストリバンドのゆーちゃんや、SEXPOT TOKYOの友達三人とか呼んでくれて、なんだかんだと乗り切って、十一時過ぎ迄呑んでましたよ(笑)!!

まあ、結果なんとか成りましたが、もう、二度と幹事なんてしたくないって感じDEATHね!!

このあと、ウイルと皆川の三人で、歌舞伎町のユナイテッドの横山のBAR、 FROM DUSK TILL DAWNで朝迄呑んで……。

ご機嫌な音の渦に沈没致しました(笑)!!


それからは、殆どゾンビ状態!!
フラフラ一人で、MARZの近くで担々麺喰べて。

なんか、記憶曖昧だけど、かなり旨かったような気がするな……。
今度再度行ってみよう(笑)!!

そして、其処で知り合ったタイ人女性実業家と意気投合して、連れてかれた謎のタイ人カラオケ屋。

歌って呑んで、出たら朝8時は軽く廻ってたな……。
しかし、ヤバイとこじゃ無くて良かった(冷汗)。
まあ、無事にかえって来たジュネ様でございましたが、全くもって、わけ分からん(笑)!!

本当、なにやってんだかのジュネ様でございましたが、兎に角にもう、幹事は懲り懲り、二度とゴメンと心に誓ったジュネ様でございましたよ(大笑)!!



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
ごめんなさい!!
ブログ記事一つ削除しました。

今回は、僕の糞マズイ発言から、なぜかしら反原発運動をしている、僕の大事な仲間にまで、攻撃をする輩が現れたので、皆さんへの迷惑を考え、ひさびさにブログを削除しました。

いやあ、糞なんて下品な言葉を使った報いですかね(笑)。
馬鹿って言う者が馬鹿なんだよと、よく娘が言ってましたが、やっぱり糞と言ったやつが糞な訳で……(苦笑)。
まあ、糞が糞を呼んでしまったと言うか……。
類は類をよぶ、全く私の不徳のいたす処でございました。

ところで、コメントってなんなんでしょうね!!
匿名である事をイイ事に、糞と言う言葉ジリだけ押さえ、お前こそ糞だとか、教育がない、馬鹿だと言われ、音楽、そして仲間迄侮辱され。
それでもコメントって載せなきゃ成らないのですかね……。
こんな礼儀知らずのコメントは、コメントでは無く、中傷と言うんじゃないですかね。

僕は、よっぽど悪質でないコメント以外は、たいがい批判も載せてきましたが、何処の世界に自分を馬鹿呼ばわりしてる文章を喜んで載せる馬鹿がいるでしょうか?
たいがい、このての文章は、批判と言うより、馬鹿だなんだといちゃもんをつけ、喧嘩を売ってるとしか思えない文章です。
そんな文章を載せなくては成らないと思うと、喧嘩の一つも買ってやろうと言う気になるのも本音です!!

しかし、在る第三者の方のコメントで、叱られ、全くもって反省する次第であります。
まさに、此れって当事者だけの問題であり、他のこのブログを楽しみにしていて下さる方には、全く関係ない事で在り、そういった第三者の方には、特定の喧嘩を見せて、かなり不快な思いをさせたような気がします。

やはり、感情的に成った時点で負けですね!!
本当に、第三者の方にご迷惑をおかけしてしまった事に対して、ここに謝罪を申しあげます。
そして、やっぱり言葉には、少し気をつけますよ(笑)!!

そして、今後は、礼儀を欠いたコメントは、容赦無く削除させて頂く事にいたします。
冷静な批判なら、汚い言葉を使わずとも出来る筈ですからね!!

よって、二度とブログ状で喧嘩を晒すような事はいたしません。

沢山の方にご心配をおかけしてしまい、本当に申し訳御座いませんでした。
まあ、もともと喧嘩っ早い性格なものなので、以後気をつけます。

まあ、今頃某掲示板では、ボロカスに叩かれてるみたいですが、それもこちらが見なけりゃどうって事無いし(笑)!!
まあ、このブログは、楽しさをモットーにやっていきますよ!!

では、今後とも、応援宜しくお願いいたします!!

おやすみなさい!!



いつも、ブログのコメント返さなくてすみません、
出来れば、Twitterにコメント下さい!!
こちらだったら、簡単に返せるので、遅くなっても御返事しますよ!!
良かったらコメント下さいね!!!!


なんとブログランキング
1位に復活Death(笑)!!
こちらは、暫く大丈夫そうです!!
ホント皆さんのお力添えのおかげデス!!
今後とも、再び強い御支援宜しくお願い致します!!

でも一難去って又一難!!

なんとブロぐるめ、
関西の怪物が攻めて来ました。
ちょっと太刀打ちできないかな・・・。
暫く2位が定位置になりそうDEATH(苦笑)!!!

ホント気が抜けない状況デス。

兎に角頑張ります!!
今後とも、応援宜しくお願いします!!!


人気ブログランキング
人気ブログランキング

ぽちっとなで、宜しくお願いします。

も忘れないで下さいね!!!





東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
iPhoneのデータが吹っ飛びました…(涙)。
JUGEMテーマ:日記・一般

iPhoneのデータがふっとびました・・・・。

iPhoneのデータがふっとびました・・・・。

iPhoneのデータがふっとびました・・・・。

iPhoneのデータがふっとびました・・・・。

ホント何にも無くなりました・・・・(涙)。


僕と関係のある方は、

大至急メールアドレスと

電話番号を教えて下さい!!

宜しくお願いします!!!


    ジュネ
 



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
クズの青春を語るクズなひと時……。
僕のクズな青春断片を語ります!!

『マイナー音楽祭』
クズなトークイベントです……。
IMG_4894.jpg

議論するつもりは在りません。
30年以上も前の下らない記憶です。
単なる昔咄、余りにも腐った青春の思いでを
ちょっとだけ吐露するだけの事です。
かなりヤバイ話しばっかりなんで、
こんな処で話さず、僕も本にでもしようかな……。
映画にするって手もあるな……(笑)!!
ちょっと勿体無い気もしますが、
取り敢えず話しますわ……(笑)。
まあ、僕にとっては、それでも素敵な、
青春ストーリーだったんですけどね(笑)!!
まあ、明日の夜暇だったら見に来て下さい。

爺さん同士の喧嘩が見れるかもしれませんよ(笑)。



「1978〜80年吉祥寺にあったジャズ喫茶「マイナー」は有象無象のミュージシャンを呼び込み、のちの日本のパンク、ニューウェイヴ、ノイズほかさまざまなシーンの源泉となったといっても過言ではありません。そこにかかわった故大里俊晴(ガセネタ、タコ、元横浜国立大学教授、2009年11月17日没)の三回忌(大里俊晴BOX『タカラネタンチョトタカイネ』5CD+1DVD発売)を記念して、吉祥寺マイナーに出入りしていらしたゆかりの方々とともにマイナー音楽祭を開催します」(公魚)


■ゲスト:ECD、AYUO、工藤冬里、園田佐登志、竹田賢一、ジュネほか

■司会・企画:公魚(ポチョ☆ムキンコ[高橋智子]、柿野ぱち子[渡邊未帆])

□日時:11月18日(金)19:00開場/19:30開演

□料金:¥1,800(ドリンク付き/予約できます)

    ※UPLINK会員は¥1,600(1ドリンク付)

*協力:米本電音研究所




東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング