<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
最後のアングラの砦 水族館劇場 花園神社にて!!
水族館劇場 花園神社で観て来ました。
!!

先程娘と新宿花園神社に、最後のアングラ劇団『水族館劇場』を観て来ました。

『水族館劇場』、その存在は、今や絶滅危惧種となったアングラ演劇の最後の伝承者として、今や文化人の指示と注目を集め、座長であり、演出家であり、座付き作家の桃山邑は、近頃大学での講義、講演などに引っ張り出されるなど、ずいぶんアカデミックに活動してます。

しかしその正体は、結局流浪の河原者、小屋さえ建てれば、やりたい放題、治外法権当たり前のパンク演劇、そんな水族館劇場、昨年に続き、再び花園神社での公演です。

花園神社と言えば、アングラ芝居の聖地、 昔から行われていた、見世物小屋の流れを汲むかのごとく現れた唐十郎の赤テントは、この花園神社の地に、深く根を張り、テント芝居と言う河原者の観点から既成の演劇に牙をむき、その存在は其の後の日本の演劇に大きな影響を与えました。
其の後花園神社は、はみだし劇場、新宿梁山泊、その他、名だたるアングラ劇団が、公演、
その異空間に、独自の演劇世界を現出させ、正に花園神社は、アングラ演劇の聖地と成りました。
そんなアングラの聖地花園神社に、昨年春から、我が親愛なる『水族館劇場』も、その名を連ね、公演をする事と成りました。

其れまで、東京での公演場所が無くなり、一時は完全に活動停止状態にまで陥った水族館劇場、ベテラン俳優達の離脱もあったものの、アングラの聖地での公演と言う、有り余る再スタートに、見事に復活を見せ、水族館劇場花園神社からの新しい時代を歩み始める事が出来ました。

そんな水族館劇場が今年もあの花園神社で、春の公演を敢行する事と成りました。
ある意味では、水族館劇場も、アングラのメジャーと認められた様なものです。

水族館劇場は、過去には、馬が出て来たり、飛行機が落ち、列車が はしり、巨大な船が現れたたり、何トンもの水が頭上から鉄砲水の如く砕け落ちたりと、
常に、非常に大掛かりな舞台装置によるスペクタクルな展開を見せ、既存の劇場空間では不可能な、野外劇ならではの驚愕の演出を繰り広げて来た、超絶アングラ芝居、
そんな荒唐無稽なアナーキー芝居が神社のど真ん中で繰り広げられるなんて、ある意味其れ自体が信じられない、あり得ない事なんですよ!!


今回の公演は、2018年4月5日初日
?4/5〜9・4/12~18 二週にわたり全12日間興行!! 
もう、後半戦に入り、残る処5日、下手すると見逃す処でした。   
今回の題目は、 新宿花園神社 春の陣!!
「望郷オルフェー来たるべき追憶の後にー」
脚本、演出は、我が友 桃山邑。
2回目となる花園神社公演で、どんな芝居を見せてくれるか、正に楽しみな処で御座います。
そんな訳で、本日土曜日に訪れた水族館劇場、実は、昼に座長の桃山に電話した時、『全然客が入らない……』と嘆いていたので、些か心配して花園神社の鳥居をくぐりました。
ましてや、雨もぱらつく天気、マジやばいかなと思い整理券を見たら、174番げっ、後ろや……(笑)!!
開演30分前でのこの番号、これは、今日はお客大丈夫じゃんと、思いつつ、娘と周囲をぶらぶら。
七時からは、恒例の劇場外での顔見せの無料芝居のスタート。

顔見せ舞台の方に、客が集まりだしていました。
僕は貰いませんでしたが、観客には、ピニールの白いカッパが配られたみたいです。
今日は200以上は、いるな、大丈夫みたいです(笑)!!

で、顔見せ芝居を前に、雨もやんで、 七時を五分ほど回って顔見せ芝居のスタート。
恒例の座長桃山自らの、開場前のアナウンス!!


スクリーンには、3.11の津波の映像が流れ、否が応でも、緊張感が張り詰めていきます。 そして、薄暗がりに、フクロウを手に現れた、水族館劇場の女帝 、時空超越女優 千代次。

彼女の存在こそが、水族館劇場の時空超越の鍵、彼女の悪夢巡りの迷宮譚こそが、水族館劇場が辿りつづける迷宮そのものなのかも知れない。

7、8メートルの高さに乗り上げた、漁師の小船から溢れ落ちる激しい水しぶきに晒されて水の劇場の住人達は、脈絡も無さげに、迷宮の呪文を唱え始める。

突如夕闇の天空に現れたクレーンにつるされ、空中ブランコの少女、

原発、新興宗教、津波、
時空の螺旋に翻弄される日本古来の民族と流れ者、


国家の意思とその利権の暗躍、
またもや、摩訶不思議な多次元劇芝居のプロローグが、繰り広げられました!!
この顔見せ芝居で、客も役者も、テンション上がって行くんですよ!!
さあ、無料芝居はここまで、
木戸銭払った客は、ここからテントの中に、
役者共々抜け出す事のない、
迷宮劇の水底へと呑み込まれていきます。

ネタバレになるといけないので、話しはここまでに、しておきますが、今回もしっかり見せてくれましたよ!!
感じたのは、役者の著しい成長。
昨年看板俳優達の離脱を乗り切って来た、現役者陣達の自信が、今回の芝居をしっかりと支え、花園神社での芝居に決して泥を塗らぬ体当たり芝居を見せてくれていました。
特に女性陣凄いです!!
ファニーさん、狂気(笑)!!
石井理加さん、美人です!!
空中ブランコ少女本物ですよ!!
そして、千代次さん、鉄板の千代次節を力強く演じてくれます。


今、水族館劇場女性陣が凄いです(笑)!!

そして当然ながら、今回も危険な大スペクタクル芝居、度肝を抜いてくれましたよ!!

やはり水族館劇場は、命がけのスペクタクルなんですよ!!

役者達の年齢を考えると、本当に頭がさがります。

芝居終わりには、テント内で恒例の打ち上げ!!

久々の桃山の元気な姿になんか嬉しく成りました(笑)。
小さい時から、水族館劇場を見ている娘ですが、昨年は見られなかったので、花園神社での水族館劇場の勇姿に大満足!!


皆さんお疲れ様でした!!
さあ、そんな水族館劇場、残るは、日、月、火、水の四公演のみ。
こんな芝居、もう水族館劇場が無くなったら見られませんよ!!
興味を持った方は、こちらをチェック!!

http://suizokukangekijou.com/information/2018_hanazono.html

そして、花園神社の鳥居をくぐって下さい!!
其処には見た事も無い世界が待ってますよ!! そして、もう、あなたは、アングラの闇から抜け出せなくなりますよ(笑)!! まあ、皆さんマジ行ってみて下さい!!
僕も最終日までに、もう一回行きたいな!!

と言う事で、花園神社で、最後のアングラ劇団『水族館劇場』を見て来たジュネ様でございました!!




東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
お疲れ様デス!!
お疲れ様デス!!

今日は、仕事が休みなので、ゆっくり身体を休め、溜まってた事を幾つかやって、ブログもちょこっと一つ書き上げて、何となくやった感もあって……。
それが、6時半頃、メモの整理するつもりで、データ整理してたら、フッと気がつくと、今ひらいてるのメモじゃ無くて、ブログ……。
えっ〜!!!!!

気が付いた時は、もう遅い……。
5、6件消したかな……。
あ、あ、やっちまった………。
何ぼけっとしてたんだろう……。

そんな訳で、今、浪速屋鳥造で一杯やってます。

はっきり言って焼け酒です!!
鳥造、落ち着きます!!




沈んでてもしょうがないので、明るく生きる事にいたします!!
そんな訳で、皆さんも、小さい事にくよくよしないで、楽しいお酒呑んでくださいね!!
明日は、きっと良い事ありますよ(笑)!!

そんな訳で、今晩は、浪速屋鳥造で、まったりしながら、小さな傷心を癒しまくってるジュネ様でした。

皆さまも、旨いお酒呑んで、明日又頑張って下さいね!!

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
築地で退院祝い!!
築地で退院祝い!!


カミさんの手術成功しました!!


ご心配お掛けしましたが、カミさんの脳腫瘍の手術、無事成功致しました!!

退院と手術の成功を祝って、築地の竹若築地本店で祝杯を挙げました。

色々な方に御心配して頂き、又励ましのお言葉を頂き、本当に有難う御座いました!!

で、何故築地で退院祝いをしているかと申しますと、実は、今回の手術した病院は、何と築地の病院でした!!

築地と言えば、喰い物の街と言うイメージが強いですが、実は築地と言えば、国立がんセンターも在るし、聖路加病院もある、最先端医療の街でもあるんですよ!!

でも、今回治療して頂いた病院は、築地神経科クリニックと言う、街のクリニックでした。

街のクリニックと言いながら、こちらは、今回のガンマナイフと言う治療に特化して、年間のガンマナイフ治療の件数は1000件を超える、国内屈指のガンマナイフ施設として、多くの患者さんが、全国から訪れる病院です。

ガンマナイフと言うのは、ピンポイントに悪性腫瘍をやっつける、定位的放射線治療装置と言う物で、現時点では、最小限のダメージで完治出来ると言う優れ物。
ピンポイントで、腫瘍のみをやっつけるので、髪の毛が抜ける心配も有りません。
夫婦揃ってスキンヘッドなんてのも、チョット凄すぎますしね(笑)!!


今回の入院は、二泊三日で、すべての治療を終えると言う、短期決戦での手術でございました。

今回取り除くべき腫瘍は、ミリ単位の小さい腫瘍というものの、カミさんの頭には、13個もの腫瘍があり、あと、一つ、二つ多かったら、ガンマナイフでの治療は受けられず、全脳照射の放射線治療となったそうです。

全脳照射となると、脳に及ぼすダメージ、副作用もガンマナイフ治療と比べると遥かに危険度をますので、ギリギリだったんだと胸を撫で下ろしつつ、後から、実は結構やばかったんだなと、冷汗が出ましたよ……。

やっぱり、脳にたいする放射線治療は、シビアな問題含んでますからね……。

でも、取り敢えず、うちのカミさんは、ガンマナイフによる、脳内の集中照射治療が受けら、無事脳内の13の腫瘍を退治する事が出来ました!!

ガンマナイフによる治療は、開頭手術などとは違い、手術前日に入院、手術の翌日には退院と言う、極めて短期間の入院で済むと言うスピード感も、この治療法の大きな特徴の一つですね。

そんな訳で、退院して、お腹も減ったって事で、退院と手術の成功を祝って、竹若築地本店で祝杯を挙げました。

こちらのお店は、築地の交差点の築地KYビルの地下一階にあるお店。

本当は、米花にでも行きたかったのですが、場内は、チョット遠いと、駅の近くを選択しました。
何せマジ病み上がりですからね(笑)。

竹若は、築地本店をはじめ、別館だ、鮨竹若だとか、この周辺に五店舗も構える、築地の一大勢力です(笑)!!
平日は、ランチも安く、米花のジローさんも外人観光客に勧めてる、まあまあのお店です(笑)。

開店前にいったんですが、この日も団体ツアー客が、しっかり食事を待ってましたよ。

僕らも団体客と一緒に店の前の椅子に腰掛け、地下一階フロア真ん中に飾られた、豪華な花を見ながら、開店の時間を待ちました。

この若竹築地本店は、築地の庶民的食事処としては、かなり高級感ある作りしてますよ。

店内には大きな生簀があり、囲む様にL字カウンターが作られております。

その生簀の奥の壁は、渓谷をイメージした様な岩が組まれ、水が滝のように流れ落ち、水の流れる音を聞きながら、広々としたのランチを楽しめます。

病院からの帰りにこんな場所で、水音に癒やされながら食事だなんて、贅沢な気がしますよ。

生簀には、あまり魚は泳いでいませんでしたが、生簀で泳いでる魚が本当に上手いのか、って話もありますすし。
折角築地なんだから、築地市場から届いたネタを楽しんで貰おうかって、ことじゃないですかね……(笑)。

でも、折角こんな大きな生簀があるんだから、もうチョット泳がして貰っても良かったかな(笑)!!

そんな若竹築地本店で、頂いたのは、ランチメニューの、若竹御膳1.295円と魚河岸御膳2.160円。

人気NO.1と書いてあった、竹若御膳。

お刺身

煮物

天ぷらは、海老、パプリカ・かぼちゃ・茄子

たっぷりのひじきに、
茶わん蒸し、香の物、ご飯、味噌汁。
まあ、1295円なら悪く無いかも知れないけど、やっぱり観光客向けランチと言う感じも見え隠れしてしまいたすが、まあ、良いじゃ無いですか……。
ボリュームも有るし(笑)。
この値段で、昼間っからこの空間で、水の音を楽しみながら、喰べられれば、文句ないですよ!!
茶碗蒸し美味しいです。

そして、カミさんが生きてるだけで、幸せですよ(笑)!!

魚河岸御膳は、刺身を中心に、サザエのつぼ焼きを添えた物。

結構お刺身は、色々楽しめたんですが、もうチョットだけ刺身に旨味を感じたかったな……。

まあ、サザエのつぼ焼きも付いてるし、雰囲気あるし、手軽な食事として楽しめましたよ!!

二人で、この御膳をシェアしながら、喰べれて、良かったですよ。

適当にお腹もはりました。

一番美味かったのは、瓶ビール(笑)!!
中瓶の瓶ビール一本だけたのみましたが、マジ美味かったですよ。

生きてるって事の素晴らしさ感じましたよ!!

生きてさえいたら、なんだって美味しいし、なんだって楽しめるんです。

気がつくと、カウンターもテーブル席も、個室もみんないっぱいに成ってて、人の声が水の音を押し消すかの様に成って来てたので、潮時かと、退散しましたが、病院帰りなら、又寄っても良いななんて思いながら、カミさんと行徳に帰りました。

兎に角、こうして又二人で食事を出来た事に感謝です。

皆さん、本当に有難うございました。

カミさんもだけど、僕ももう少し頑張って生きてみます!!

そして、旨い物喰べて、旨い酒呑んで、本当の未来見つけて、最高のロックをやって行きますよ!!

皆さんも、頑張って生きて下さいね!!


TOKYO DARK CASTLE Vol.109

Flyer 2016.08.06(Sat Midnight) at Shijuku MARZ

Open / Start 24:00
Adv 3,000円(+1drink)
Day 3,500円(+1drink)
Ticket Reservation(前売予約)
Shinjuku MARZ

[Band]
AUTO-MOD / PHAIDIA / Vanished Empire / Error:666 / ド・ロドロシテル
[DJ]
Chihiro / TAIZO / WAKANA / and more!
[VJ]
kihito / AZVSA chainsaw
[Fashion Effects]
PureOne Corset Works / TADACy / Grotesque Athena / and more!
[Photograph]
GR-TAKA
[公式カメラマン]
はっしん
















東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
5年前亡くなられた全ての命に……
5年前の震災で犠牲になられた全ての方々に、慎んで祈りを捧げます。

一昨日は、あの大災害から、5年が経ったんですよね。
僕は、益々言葉が無くなってしまっています。

一昨日は、会社で、一分間の黙祷を捧げました。

ただただ、切なく、長い一分間でした。

東日本大震災、今もその爪跡は、深く日本中に刻まれています。

被災地では、未だに、色々な形での問題が、山程あるだろうし。

未だ未だボランティアに出来る事も沢山あるだろう。

なのに、今の僕ときたら、何にも出来やしない。

誠に情けない限りです。

しかも、あの大震災以降、日本と言う国は、それを利用するかの如く、民主主義を捨て去ろうとしているようにもみえる。

勿論そうなったのは、震災による問題だけじゃない。

でも、やっぱりあの5年前の3月11日が、一つの引き金だったのかも知れない。

そんな日本に対して、オヤジになっても、まだロックしてる訳だし、バンクスだし、だったら、やるべき事、分かってる筈なのに、どうにもそれが、一つの言葉に成らない。

託すべき言葉が、今ひとつ見つからず、僕は、今歌が紡げない。

僕がそうして、グズグズしてる間にも、被災地の人々も、そしてこの国自体も、どんどんヤバイ状況に向かって行っちまう様な気がする。

なんか、凄いジレンマでございます。

でも、先ずは、亡くなられた方達を思う気持ちを忘れない事、それが一番かも知れません。
沢山の亡くなった命に、そしてその生きた思いに、愛おしむ思いを向け、その記憶に触れれれば……。

なんか、そう思うと、歌が紡げそうな気がしてきました。

5年前の悲劇をしっかりこの胸に刻む歌を作るつもりです。

そして、それから、僕が行く道がみつかると良いなと思っています。

ですから、今は、5年前に亡くなられた方達に、こころから、お悔やみを申し上げます。
あなた達の思いは、あの海と共に永遠に光り輝き、人々の心の中に、問いかけ続ける事でしょう!!
だからこそ、この美しい日本を守って行かなくてはなりませんね。

5年前犠牲になられた全ての命に慎んで祈りを捧げます。

AUTO-MOD ジュネ




















東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
何か、身体に異変を感じました。
変な風邪ひいたかな……。

昨晩かなり、非日常な体験をしました。

実は、昨晩眠る前に、何となく、関節に違和感を感じ、少しばかりの怠さも感じ、咳も無く、熱は無さそうだったのですが、これは風邪気味かな……、薬呑んで寝ようと、トイレに立ち、水分を体外に放出し、戻った処、急激に激しい震えに襲われ、自分自身かなりの驚愕、かなりの不安に襲われました。
本当に、歯は、ガチガチ始めるし、手の震えは、風邪薬を瓶から中々取り出せない位のはげしさ。
ホント、頭の先から足の先迄、ガチガチと激しい震えを起こし、かなりの不安を覚えました。
30分程前は、何の異常も無く、3分程前には、ちょっと風邪気味かな、程度の症状だったのが、毒でも口にしたかの様な急変ぶり。

こんなの初めてです。

兎に角薬を呑んで、布団の中で、震えて眠りましたが、翌日の仕事にかなり不安が残る就寝でしたね……。

一夜明けて、まあ、ちょっと違和感がありますが、現在嘘の様な抜け切り様。

熱も無さそう、咳も出ません。

何だったんだろうとの感じです。

勿論今会社に向かってます。

取り敢えず、気を付けながら仕事しますが、未だちょっと不安デス……。

ホントに風邪だったのかな……。

なんか分かりませんが、皆さんも気を付けて下さいね!!

これから益々寒く成って行きます。

皆さんもホントにお身体気を付けて下さいね。

取り敢えず、今日1日頑張りましょう!!

でも無理は、しないように、程々にしたいですね……。

難しいデスけどね……(笑)。



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング