<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
岩下の新生姜天、塩で喰うと最高です!!
岩下の新生姜を一番美味しく喰べる方法!!



これは、あくまで、僕の独断と偏見に満ちた言葉ですが、岩下の新生姜を一番美味しく喰べる方法は、天ぷら、しかも塩で喰べる事じゃないかと思うんです!!

先日よもだそばで、バジル天そばを頂いた時、新生姜天を丁度これから揚げる処だと言うので、別皿で、岩下の新生姜天を頂きました。


揚げたてと言う事で、別皿にしてもらい、塩で喰べたんですが、これがびっくりする位に美味くて、病みつきに成ってしまいました(笑)。

岩下の新生姜天は、今迄と、何度と無く喰べて、来てましたが、あくまでそばに載せるトッピングとして喰べたので、今回、独立した料理として、揚げたての新生姜の天ぷらに塩を付けて喰べたのは、初めての事。
これが、かなり鮮烈な味で、衝撃をうけましたよ(笑)!!

この天ぷらだけで、幾らでもつまめちゃいますよ!!

衣のせいか、岩下の新生姜の酸っぱさも、抑えられ、上品な味に成って、マジ旨いんですよ!!
サクッとした、衣の下に生姜の味が閉じ込められ、そのシャキとした食感とと共に、岩下の新生姜の新しい味の世界が、僕をワクワクさせてくれます。

もちろん、そばに載せても旨いですよ(笑)!!



これに、日本酒とか、ビール、たまりませんよ(笑)!!

あんまり、美味かったので、次の日、春菊天そばと一緒に、又喰べちゃいました(笑)。

でも、この日は、揚げたてでは無かったなので、感動は、薄れてたかな………。

やっぱり、揚げたてが一番美味しくですよ!!

こうなると、自宅天ぷらとなりますよねさ!!
これから、うちで天ぷら作る時、岩下の新生姜は欠かせないな(笑)!!

あっ、そうそう、この日喰べたバジル天そばも仲々面白い味で、楽しませて貰いました。

バジルの天ぷらなんて、面白いですよね(笑)!!

なんか、イタリアンな味がしましたよ!!


やっぱり、『よもだそば』は、面白いですね(笑)!!
揚げたてだったら、バジル天も塩で、喰べ見たかったな……!!
こちらは、ケチャップも良いかも知れませんよ(笑)!!

そんな訳で、只今岩下の新生姜天の旨さに、マジはまってしまっている、ジュネ様でございました(笑)!!

皆さんも、是非、岩下の新生姜の天ぷらを揚げたてを塩でいっちゃって下さい!!

夏バテにも良いとおもいますよ(笑)!!







東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
久々なのに激不味い蕎麦喰べました!!
何が起こった、台湾油そば?
檄まず……(涙)。



ゆで太郎の台湾油そば、大ガッカリちゃんでした。

ここの処、忙し過ぎて、ブログ更新が全く出来ず、申し訳ございません。

身体は、かなりガタが来てますが、何とか大丈夫です(笑)。

今回のネタは、まあ復帰第一弾のジョブ的な下らない話しなんで、大して気にしないで、読んで下さいね。
今晩、大事なインフォも流しますので、宜しくお願いします!!

では、軽いお話しで、お口濁しを(笑)!!

日曜日、家族3人で、軽く蕎麦でも食べて、ビールでも引っ掛けて帰るかと、地元行徳の『ゆで太郎』に行ったら、店頭に大きく『台湾油そば500円』の垂れ看板が……。

春の新メニューかな……?
台湾混ぜそばといったら、名古屋起源のインチキ台湾料理ですよね(笑)!!

まあ、そんな名古屋飯は置いといてって感じで、実は、以前食べたタコのかき揚げが旨かったので、タコのかき揚げに蕎麦にビールでもと、思っていたんですよ。
処が、タコ天は、季節メニューだったらしく、もうメニューからサッパリ無くなってました………。
しかたないので、じゃあ店頭に張られていた『台湾油そば』なる物で良いやと、名古屋発の台湾そばを注文(笑)。
他に、盛りそば頼んで、そしてかき揚げ頼んで、暖かいツユを付けて貰って、ビールを注文。

いや、この時は、こんな悲劇が待っていようとは、思ってもみませんでしたよ(苦笑)。

先ずは、かき揚げを摘み
日曜日は、暖かだったので、冷えたビールは、旨いでしたよ。

『台湾油そば』の写真を撮って、その後卵潰してかき混ぜて、食べてみたら、これがマズイ。

なんか、全然味に成って無いと言うか、かなりいい加減極まり無い味付け。
殆ど味が無いと言った方が良い位かな……。

しかも、麺は茹ですぎのちょいグタ……。

久しぶりにこんなマズイ物喰べたな………。

なんか、『スパスが香る、濃厚、汁なし蕎麦』って書かれてたけど、何処が、スパイシーなんだ、何処が濃厚なんだと、呆れた口が、塞がらない状態でしたよ!!

混ぜたのは、僕では無く、カミさんだったので、ドンブリの底にどんなタレが潜んでいたのか、もう知る余地も無いのですが、卵が薄まった様なタレが絡んだその味は、それにしても、なんなんだとしか言い様が無い味……。
混ぜそばなんで、ちゃんと混ぜたので、見た目も悪いので、混ぜた後を写真撮らなかったですが、撮っておけば良かったな……。
見事に、それらしいタレも絡んで無くて、本当に良く分かんない、ガッカリ蕎麦でした……(笑)。

御飯が付いていたんですが、全く絡める様なタレなど皆無でしたので、喰べもしませんでした(涙)。

このメニューは台湾のゆで太郎で出していたものが、逆輸入されたものだそうですが、台湾の人が本当に、これ喰ってるのって、疑いたくなりましたよ!!


まあ、かき揚げに暖かいツユを付けて貰ってたので、そのツユに付けてなんとか食べたけど、其れでも不味かったな……。

まあ、ビール呑んで、かき揚げ食べて、普通の盛りそばも摘んでたので、文句も言わずに立ち去りましたが、しかし不味かったと、家族で話題に(笑)。
いや、余りの不味さに、却って話しのネタに成ったから、悪く無かったかも……(苦笑)。

しかし、その後自宅に戻り、この不味い、台湾油そばを世間様は、何と言ってるか気になり、幾つかブログの写真を見て見ると、なんか見た目が違うんですよ………。

ちゃんと、そばに濃厚なタレが絡み付いてる写真が幾つか上がってるではありませんか……。
卵と薄いツユでじゅるじゅるに成ってた日曜日にたべた、地元行徳のゆで太郎の『台湾油そば』のビジュアルとは、まるで違ってましたよ!!

確かに、皆さんそんなに濃厚とは言ってませんが、僕の様に全くに近く味がしなかった、なんて言ってる方は、皆無デス………(唖然)。


これは、どうした事だ……。
これは、ひょっとすると、僕は昨夜やられたのかも知れませんね(笑)!!

実は、僕が先日食べた『台湾油そば』には、メインのタレが入って無かったなんてオチが在ったかも……(笑)!!
まあ、入っていても、量がかなり少なかったとか……。
なにせ、作ってたの、年配の方だったからな……。

いやあ、自分で和えずに、カミさんに任した僕が悪かったのか、兎に角今と成っては、事の次第は分かりませんが、僕が食べた行徳のゆで太郎の、恐ろしく不味い『台湾油そば』は、通常ゆで太郎で販売されているソレとは、別ものだったみたいですよ……。

まあ、天ぷら喰べるのに、暖かいツユを無料で付けといて貰ったから、良いやとしちゃいましたが、こんな事ってあるんですかね……。

まあ、たとえ今回喰べ『台湾油そば』が不味くとも、今後も僕は、ゆで太郎に顔を出しちゃうんだろうし、まあいいネタ貰った位にしか思ってませんが。
でも、もう二度と、『台湾油そば』だけは、ゆで太郎で頼まないだろうな……(笑)。

そんな訳で、久々にクソまずい物を喰べて、大笑いこいたジュネ様でございました。

今晩五月の東京ダークキャッスルVol.99と、池袋手刀でやるとんでもないライブの詳細を発表します。

これからもよろしくお願いします!!



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
呑んだくれた締めはコロッケそば!!
中野の駅のホームで、コロッケそば食べました。


『時の葬列』も終わり、朝9時迄呑んで、その後食事迄ちゃんとしたのに、何故か、其れでも喰べてしまうのが、駅の立ち喰いそば。

もう、これは、条件反射的に入ってしまうと言うか、吸い込まれてしまうと言うか……。
ある意味これは、性癖に近いものかもしれません(笑)。
いや、アルコールで、満腹中枢が麻痺してるんでしょうね。

そんな訳で、ライブも終わり、打ち上げも、三回位して、更に食事迄してますが、やっぱりこれは締めが大事と、中野の駅のホームの立ち喰いそばへ。

しかし、駅のホームの立ち喰いそばって、少なくなりましたよね。
大概在っても、改札前とか、そんな感じで、今駅のホームは、コンビニの方が圧倒的に多いですよね。

なんか僕は、駅のホームの立ち喰いそばに、堪らなく哀愁を感じちゃうんですよ。
そんなの駅のホームの立ち喰いそばが激減して居る現状は、一立ち喰いそばファンとしては、只々寂しいばかりです。

そんな中に、中野の1.2番線と5.6番線ホームには、まだまだしっかり駅そばが在るんですよ!!
『あじさい茶屋』、頑張ってますよ!!
嬉しいですね。

そして僕は、高円寺でライブをやった翌朝は、そんな『あじさい茶屋』に、必ず此処に寄ってしまうんですよ(笑)!!

そんな訳で、日曜日の朝も、性懲りも無く又お邪魔しちゃいましたよ!!

実は、この『あじさい茶屋』、ノイズ系の音楽やってる、蓮尾さん(もし、名前間違ってたらごめんなさい……(笑)
)って方が、バイトしてて、いつも良い雰囲気で迎えてくれるんです。

この日も、軽く挨拶して、コロッケそば注文。

昨夜のライブの事も知っててくれて、そんな話しをしながら、テキパキと作ってくれたコロッケそば。

いやあ、コロッケそば、ヤッパ旨いです(笑)!!

人によっては、このコロッケの汁が染みた崩れ感が、駄目な方も居るみたいですが、これが又良いんですよ!!

此処、『あじさい茶屋』のそばは、ほんと、昔ながらの立ち喰いそばの味なんですよ。

今街の立ち喰いそばは、進化してて、何処産のそば粉だ、十割そばだ、何処どこの鰹節で出汁を摂ってると、ほんと、ちゃんとした蕎麦屋より。こだわってる様な、立ち喰いそば屋なんてのも出て来てますが、それは、それで素晴らしい事だと思いますが……。

でも立ち喰いそばには、立ち喰いそばの旨さってもんがあるんですよ!!
ボソッとしたそばに、出汁がどうのこうのと言うより、甘いか辛いか、
薄いか、濃いか。
日本人のファーストフードに、四の五の言う必要なんてありません。
サッとかっ込んで、旨けりゃ其れで良いんですよ。

じわっと、汁が染みたコロッケかじりながら、つるっとそばをすすり込み、良い感で、呑んだくれの朝を締めさして頂きました。

結構癒されましたよ!!

皆様にも、呑んだくれた後のコロッケそば、お勧めしちゃいますよ!!

そして、皆様も、中野のあじさい茶屋の蓮尾さん、よろしくお願いします(笑)!!



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
『よもだそば』のごぼう天そば旨いです!!

『よもだそば』で、初めてごぼう天そばを頂きました。

二年位前、丁度日本橋で仕事をしていたのだ、良くお邪魔していた『よもだそば』。しかし、その後仕事場が変わり、全然お邪魔出来なくなっていたのですが、昨日銀座のラーメン店『 篝』に行ったら、長蛇の列の上、もう本日は売り切れとの事。
土曜日の夜7時ちょい過ぎで、もう売り切れとは、凄いですね。

まあ、売り切れならどうしょうもないと、有楽町方面に歩き出すと、おっと懐かしい、『よもだそば』の文字。

ああ、『よもだそば』の銀座店って、こんな処にあったんだと、思わず入ってしまいました。

さすが銀座店、日本橋店より、綺麗ですね(笑)。

入り口に券売機。


こちらは、カウンターに、全部椅子がセットされてます。

座って喰べる、立ち喰い蕎麦屋ですね(笑)。

きっと近所のお店の店員さんなのかな、店の奥で、お洒落な若いおねいさんが二人蕎麦を喰べてましたよ!!
これは、日本橋じゃ、絶対見れない光景ですね(笑)!!

久しぶりの『よもだそば』、当然インドカレーも喰べたいしと、半たぬきそば&半カレーセットを注文。
そこに、本当は、岩下の新生姜天をトッピングしたかったのですが、残念ながら、売り切れ……。

仕方ないので、『ごぼう天』トッピングにしました。

久々の『よもだそば』の半カレー&半カレーセット、ごぼう天トッピングです。

インドカレーと日本そば、よもだならではの、光景ですね(笑)!!

そして、目を引くのは、やはりごぼう天!!

いやあ、このごぼう天、でかいですね。
男性の指の爪位の太さの5、6センチサイズのごぼうが、イカダの様に横並びに揚げられ、蕎麦の海に浮かんでますよ(笑)!!

普通ごぼう天といつたら、きんぴらサイズに細く切ったごぼうのかき揚げじゃないですか!!
こんな太いごぼう天、初めて見ましたよ(笑)!!

いやあ、これ旨かったですよ!!

ダシの効いた温かいツユが、ジンワリとごぼう天に染みて、太いごぼう天が、絶妙な味わい!!

流石『よもだそば』ごぼう天でさえも、ただ者ではありませんよ(笑)!!

又、よもだそばに、ハマってしまいそうですよ!!

よもだそばのカレーも又久しぶりだな……。
辛味もそこそこの、よもだ式インドカレー。

ただ、ちょっと日本橋のカレーより、酸味がキツかったな……。
カレーに関しては、日本橋に軍配が
上がったかな。
まあ、これは、あくまでも僕の好みの上の話ですけどね。
しかし、日本蕎麦とインドカレーを同時に味わえる店なんて、やっぱり『よもだそば』しかありませんよね……。



やっぱ、『よもだそば』楽しいですね(笑)!!

しかし、銀座の真ん中で、立ち喰いそば喰うってのも、中々オツなものですよ。
今度は、岩下の新生姜天も是非とも、頂きたいものです。

そんな訳で、久しぶり訪れた『よもだそば』で、ワイルドなごぼう天そばと、インドカレーのセットを頂き、再び『よもだそば』にはまりそうな、ジュネ様でございました!!

TOKYO DARK CASTLE Vol.98


2015.03.07(Sat Midnight) at Shinjuku MARZ

次回 Tokyo Dark Castle vol.98は、3月7日デス!!
AUTO-MOD にBAAL 、久々の†13th MOON† そして、ほぼ伝説と成っていたPhaidia が復活します。
これは、かなり凄い話ですよ(笑)!!

DJは、Chihiro / KENZO-A / P.R.D / 裏口入学 と、新旧取りまとめて、中々面白いキャスティング!!

次回もかなり人騒がせな一夜と成ると思います!!
MARZでお待ちしてますよ!!

Open / Start 24:00
Adv 3,000円(+1Drink)
Day 3,500円(+1Drink)
Ticket Reservation(前売予約)
Shinjuku MARZ

[Band]
AUTO-MOD / BAAL / †13th MOON† / Phaidia
[DJ]
Chihiro / KENZO-A / P.R.D / 裏口入学
[VJ]
Akky
[Fashion Effects]
PureOne Corset Works / TADACy / DALKIMA / Fetis
[Photograph]
GR-TAKA
[公式カメラマン]
はっしん




東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
西葛西の人気立ち喰い蕎麦屋やしま行徳にオープン!!
西葛西の立ち喰い蕎麦屋やしまが行徳にもできました。


長年地元行徳に在った立ち喰い蕎麦屋、『まっちゃん』が閉店して、その後に、居抜きで、西葛西の名店『やしま』がオープンしました。

西葛西の駅の高架線下の、いつも人でいっぱいの、立ち喰い蕎麦屋です。 立ち喰いそばマニアには、かなり知られた名店です。

無くなった『まっちゃん』は、素朴な味ながら、地元行徳民に愛され続けた店。 僕は、『まっちゃん』のコロッケそばが好きだったんですよ!!
春菊天蕎麦とカレーうどんも好きだったな……。
本音は、僕としては、『やしま』が来るより、『まっちゃん』が無くなる、がっかり感の方が、大きいかも……。

まあ、無くなっちまったもんは、しょうがない。
新しく出来た『やしま』に期待しょうではありませんか!!
と期待いっぱいで『やしま』に行ってみました。

未だオープンしたばかりで、その存在を知られて無いのか、先客は2人、一人は、近頃良く外国人が集まる八百屋としてテレビに取り上げられる、行徳フードのモヒカン旦那でした(笑)!!
僕も良く行く八百屋さんですが、個人的には、一度も話した事が無い方なので、当たり前ですが、ここはスルー。 ひょっとしたら、パンク好きなのかもしれませんよ(笑)!!
行徳フードの旦那はさて置き、この『やしま』、居抜きと言いながら、結構綺麗に出来てます。
元々この店舗は、三、四年前にかなり綺麗に改装したばかり、座れる立ち喰い蕎麦屋として、しっかり生まれ変わってましたからね!!

『やしま』と言うと、やっぱり天ぷら、大きめのかき揚げや、鳥天が売り物ですよね。

値段は、かき揚げ天、春菊天、ゴボウ天そば等が380円と、立ち喰い蕎麦屋としては、安くもなく、高くも無いと言った処かな。

鳥天、イカ天などは、480円、イカ天も鳥天も、二つ以上は入ってます。
この天ぷらのサイズだけで考えれば、悪く無い店ですが、近所にあるもう一軒の立ち喰い蕎麦屋『ゆで太郎』が、生麺を茹でたて、さらに揚げたての天ぷらを出して、モーニングサービスまでして居る事を考えると、決して安心して商売出来る状態では、ありませんね。

それから営業時間が短いのもネックだな……。
かなり早く店閉めてるみたいだし……。

まあ、そんな事を上回る旨さを出してくれたら、全て帳消しになる訳で、まあ、御託を並べるより、頂こうじゃありませんか!!

今回は、初めてと言う事もあり、デフォルトの味を楽しみたいと、天ぷら系は避け、尚且つ『やしま』でしか楽しめない、オリジナルが喰べたいと、考え、選んだのが、アサリそば。
僕の地元行徳は昔からのアサリの産地、やっぱりアサリに惹かれます。 券売機で、アサリそばを購入すると、カウンター席に。

差し込む朝の日差しが暖かく、気持ち良くなります。
立ち喰いスペースは無く、全て座って喰べれる様に成ってますね。
更にホール係の男性が上げ、下げをしてくれる様で、完全に立ち喰い蕎麦屋スタイルでは無いみたいですね。
そんな訳で、僕の処にもトレイに乗ったアサリそばが運ばれて来ました。

アサリ結構載ってます。

他に、刻み海苔が結構載ってますね。
他にワカメと刻みネギ。
なんか、如何にも磯の香りがしてきそうなお蕎麦です。

先ずは、お蕎麦をひと啜り。

中々アサリの味が広がりますね。
美味そうに見えた麺でしたが、なんかピンと来ません。
『やしま』の麺ってこんな麺だったかな……。
なんか、口ではうまく言えないけど、なんか微妙にしっくりこない。
甘めなおつゆが、幾分ぬるい感じがするのも、この違和感に一役かってる様な気もします。
おつゆはもう少し、切れが欲しい処かな……。
僕が以前西葛西で喰べた味とは、些か違う様な気がしましたね。
とは言うものの、アサリが良い味出してくれてるので、残さず全部完食いたしました。
ちょと、首を傾げたくなる処もありましたが、アサリが助けてくれた感じです。

今度は、本命の天ぷら系を行ってみないと、この『やしま』の評価は下せませんが、結構前途多難かもしれませんね。
しかし、せっかく行徳にオープンしてくれた『やしま』なんとか頑張って貰いたい物です。

新店のため未だ味にブレがあるのかもしれませんし。
2回目が、本当の評価のしどころかもしれませんね。
頑張れ『やしま』と言う事で、再訪に期待を残こし、次回へと繋げるジュネ様でございました。


TOKYO DARK CASTLE Vol.97



2015.02.07(Sat Midnight) at Shinjuku MARZ

Open / Start 24:00
Adv 3,000yen(+1Drink)
Day 3,500yen(+1Drink)
Ticket Reservation(前売予約)
Shinjuku MARZ

[Band]
AUTO-MOD / bulb / 湾岸の羊 / W.A.R.P. / KASSTRICK BACTERIA
[DJ]
Chihiro / TAIZO / WAKANA
[VJ]
Akky
[Fashion Show]
CYBERESQUE from Berlin
[Fashion Effects]
SEX POT ReVeNGe / PureOne Corset Works / TADACy / CYBERESQUE
[Photograph]
GR-TAKA
[公式カメラマン]
はっしん








東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング