<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
今回のダークキャッスルバンド紹介!!
今回のダーキャバンド紹介



熱烈予約受付中
http://tokyodarkcastle.org/tdc/ticket-reservation/

[Live]
AUTO-MOD / bulb / BACTERIA / W.A.R.P. / REMNANT / SICth
今回のバンドは、ダークキャッスルの新展開を記念すべく、実力バンドを集めてみました。 今回久々のbulb やBACTERIA の出演は、非常に楽しみなものです。 どちらも、ダークキャッスルのクオリティを遺憾なく見せ付けてくれるバンドです。

と言う訳で、先ずは一番手に演奏してくれるのは、久々のbulb。

いやあ、マジ楽しみてす!!

シラタマちゃんのコケテッシュなボーカルが、新しいダークキャッスルの幕を開けてくれます。

ギターの律をはじめ、超実力者揃いのスーパーバンドbulbのめちゃくちゃ楽しいダークポップロックをマジ堪能して下さい!!


そして、BACTERIA 。

今、インディーシーンで、最も熱く、且つ信頼出来るバンドが、バクテリアですね。


オルタナ、インダストリアル、グランジ、パンク、ハードコア、ゴシック、あらゆる要素を持ちながら、独自の進化を遂げたスリーピースバンド。
その重厚なビートと破壊的サウンドに、脳味噌搔きむしられて下さい。

そして、これ又実力派、めちゃくちゃ楽しいダンスクレイジーカナブンが踊り狂う、宇宙人バンドW.A.R.P. 。

強力なビートと、出し惜しみしない放出力で、ダンサブルで、骨太のサイバービートロックをかましてくれます。
楽しい事、間違いなし!!
マジ最高デス!!
ダークキャッスルは、W.A.R.P. を常に押してます。
皆さん、W.A.R.P. を楽しんで下さい!!

そして、ダークキャッスルのゴシックカラーを満たしてくれるのが、REMNANT 。

ゴリゴリのバンドが多い中、耽美と、妖艶さで、ゴシックロックを聴かせてくれる、ダークキャッスルには、絶対必要なバンドです。
昨年のキリストンカフェでのライブでは、体調不調の為、実力を発揮する事が出来ませんでしたが、その後ヨーロッパツアーを敢行、そんなREMNANT は、ダークキャッスルに今年初の登場です。


前回の雪辱を果たす為にも、最高のライブをしてくれる事と思います!!

そして、今回初登場のバンドがSICthです。

久々のニューフェイスバンドSICthは、初期ポジティブパンクを強く感じる女性ヴォーカルバンド。

馨のエキセントリックなヴォーカルスタイルは、静と動の狭間に響く狂気を震わせ、その声を包見込む、初代THE ZOLGEのギタリストだったTAGOの弾くエッジの効いたギターが、そのSICthのサウンドをしっかりとしたロックサウンドに昇華させている。
このバンドがSICthが、ダークキャッスルにどんな闇をつくり出してくれるのか、非常に期待する処ですね。


そんなバンド陣に、我々AUTO-MODは、久々の新曲を披露して、新しいダークキャッスルを盛り上げるつもりです。
さあ、新しいダークキャッスル、いよいよ、今週の土曜日の深夜とマジ迫って来ました。

皆さん、新しいダークキャッスル、楽しんで下さいね!!

場所は、東京都新宿区歌舞伎町1-2-13 新光ビルの地下二階のルイードk4と、同ビル5階のデカバーZですよ!!
お待ちしてますね!!


Tokyo-Shinjuku, Kabukicho 1-2-13, Shinko Bld.


[DJ]
Chihiro / TAIZO / WAKANA / Götediener / Takuya Angel / 裏口入学 / RayTrak / DORA(CyberAgeVooDoo) / kihito


[Gothic Bellydance]
MAYU

[Fashion Effects]
PureOne Corset Works / TADACy / …and More!!

[Photograph]
GR-TAKA

[公式カメラマン]
はっしん



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
ダークキャッスル迄あと11日!!
You can enter RUIDO K4&DecaBar Z.



熱烈予約受付中
http://tokyodarkcastle.org/tdc/ticket-reservation/

東京都新宿区歌舞伎町1-2-13 新光ビル
Tokyo-Shinjuku, Kabukicho 1-2-13, Shinko Bld.




[Live]
AUTO-MOD / bulb / BACTERIA / W.A.R.P. / REMNANT / SICth

[DJ]
Chihiro / TAIZO / WAKANA / Götediener / Takuya Angel / 裏口入学 / RayTrak / DORA(CyberAgeVooDoo) / kihito

[Gothic Bellydance]

MAYU

[Fashion Effects]
PureOne Corset Works / TADACy / …and More!!

[Photograph]
GR-TAKA

[公式カメラマン]
はっしん
Open / Start 24:00
Adv : 3,500 円+drink
Door : 4,000円+ drink



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
7月1日 新しいダークキャッスルが誕生

今回のダークキャッスルは、DJの魅力を最大限に出し切りますよ!!
次回東京ダークキャッスル迄二週間を切りました。
今回は、新しい東京ダークキャッスルのスタートを飾るかの如く、DJ陣は、ダーキャオールスターズを投入。
なにせ、今回はアンダーグラウンドクラブの最高峰デカバーZを拠点とする事で、DJプレイも完璧な形で楽しんで頂けるんですから出し惜しみしちゃいられません!!
さあ、後は楽しんで頂くだけでございます。

処で、今回の舞台は、新宿歌舞伎町、区役所通りの新光ビル。
この新光ビルの地下2階と、5階が今回の東京暗黒城となるのです!!
東京都新宿区歌舞伎町1-2-13 新光ビルの地下2階と5階にある、ライブハウスRUIDO K4とクラブDecaBar Zが今回のダークキャッスルの聖地となるのです。
同じビルに存在する、ライブハウスとクラブを繋げて、2フロアー同時開催として、ライブハウスである、RUIDO K4とクラブであるDecaBar Zを行き来自由にする事で、もっと自由な東京ダークキャッスルと言うダーク空間を楽しんで頂くつもりです。

しかし、正直言うと、不安もありますよ……!!
日本のゴシックシーンを何とか、よたりながらも、引っ張り続けた東京ダークキャッスルですが、やっぱりホームベースを失うってのは痛かったですね………。
新宿MARZを失い、次の聖地に選んだのが、今回の聖地、新宿歌舞伎町、区役所通りの新光ビル。
ライブハウスのルイードK4と、クラブのデカバーZを持つと言う、我々にとっては、かなり面白い場所です。
しかし、そのぶん対処しなくてはならない問題沢山あります。
かなり頭痛い話しもありますが、やっぱり、チャレンジ無くして、新しいものは生まれてきません。
ここは正念場、東京ダークキャッスル出演者、関係者一同で、力を合わせてやり遂げてみせますよ!!



そして、そんな新しい東京ダークキャッスルの最初の夜を華麗に彩る、ダークスタイルバンドとDJをしっかり集めて居ますよ!!
今回はまずDJ達をここに紹介致します。
DJ Chihiro
東京ダークキャッスルDJ陣達を率いる、日本のゴシックキング 『DJ Chihiro』 いつも、ご機嫌なダークタイムを作りだす、正に東京ダークキャッスルのキーパーソン。

今や日本のゴスシーンで、知らぬ者は居ない存在と成ったオンリーワンのDJです。
今回は、DJにとって最高の場所、デカバーZをこれから、どう使ってやってくか、すなわち、今回の東京ダークキャッスルの成功は、ある意味彼にかかってるって言っても過言じゃないです。
幅広く把握した、そのジャンルの広さは、唯一無二。
なんて、プレッシャーかましちゃいますが、マジ、今回期待してますよ。
今回も最高のゴシッククラブを約束してくれる事でしょう!!


DJ WAKANA

そして、DJ DJ Chihiroが、キングなら、正に東京ダークキャッスルのクイーンとも言うべき存在、今や彼女なくして、ダークキャッスルは語れない、もう一人のキーパーソンが、DJ WAKANAです。
東京ダークキャッスルの中でもひときわ目立つ存在。
魔女の様な容貌でフロアを魅了するWAKANAの姿は正にゴシッククイーン。
ハードなジャンルにも精通するWAKANAのDJ プレイ、今回もしっかり楽しんで下さい。


DJ TAIZO

AUTO-MODのダンサーとしても知られるDJ TAIZO。
その存在は、正にアンダーグラウンドの申し子。
そのDJ 歴は、正にベテランの領域。 誰よりも、1980年代のポジティブパンクに精通し、過去から、現在迄、ダークスタイルを誰よりも知る男。
今回も、不思議なTAIZOワールドに、引き込んでくれますよ!!
裏口入学
ここ、数年でダークキャッスルDJ陣の中でも、かなり目立つ存在と成って来た裏口入学。
そのスタイルは、かなり通を唸らせるテクニックを持ち、そのスタイリッシュなファッションと共に色々なジャンルのイベントからもオファーを受ける有望株です。
今回のフライヤーのセンター迄飾ってますので、更に期待してやって下さいね!!



RayTrak

ダークキャッスルで一番、ジェントルでスタイリッシュなDJ 。
其れがDJ RayTrakデス。
ダークキャッスルは元より、スチームパンク、フェテッシュ系イベントと、お洒落な場所で必ずプレイしている男。

本当に、引っ張りダコな人気DJです。
もう、ダークキャッスルに出て頂いて、二、三年に成るのかな…?
DJセンスも、抜群。
今回も、しっかり、バッチリ踊らせてくれますよ!!
皆さん、見逃さ無いです下さいね!!


Takuya ANGEL
今回も、DJ として登場してくれるのが、和ゴスブランドTakuya ANGELのオーナーデザイナーであるDJ Takuya ANGELです。

彼のDJ歴は長く、自らサウンドを作って行くスタイルは、関係者にしっかり支持された、絶対の存在であります。
過去、キリストンカフェでのダークキャッスルには、何度もDJとして登場してくれてますが、今回は又新しい一面を見せてくれるかも、本当に楽しみです!!
勿論、Takuya ANGELの販売もありますよ!!


Götediener
いつの間にか、ダークキャッスル常連DJに成ってしまっていた、ウッチーとKutaの二人の二人組みDJユニット。
まあ、元々Götedienerウッチーは、ダーキャ誕生の頃からウロウロしているベーシスト、ダーキャのステージにも何遍も上がっています。
そして、相方のKutaちゃんも馴染み過ぎるくらいの常連だし、その二人が組んだDJユニットがダーキャに合わない訳が無いってなわけで、ゴスセンス抜群で、駆け登って来ました。
今回も、目一杯ダークキャッスルしてくれる物と信じて居ます!!

DJ DORA

そして、本当は、一番の古株なんですが、色々ありまして……(笑)、長い放浪の旅から、帰って来た、放蕩DJ 、DJ DORA。
戻って来た途端に、調子に乗ってる感じも有りますが。
調子に乗らなきゃ、DORAじゃ無い(笑)!!
色々やらかしてくれますが、やっぱり東京ダークキャッスルには、ドラは合ってるのかな……?
何せこいつ、東京ダークキャッスル初代メインDJだった男ですからね(笑)!!
まあ、皆さんも一緒に調子に乗って踊っちゃって下さい!!
そんなDJ陣と共に、今回は新しい東京ダークキャッスルを楽しんで頂きますよ!!
実際、東京ダークキャッスルが此処まで来れたのは、DJ達の結束力のお陰でもあります。
大昔、反乱を起こしたDJも一人居ましたが(笑)、まあ其れも今じゃ笑話(大笑)。
これからも、素敵な夜が続く限り、世界中のアンダーグラウンドピィーポゥをそのクールなサウンドで楽しませて差し上げるつもりデス(笑)!!
そして、世界中のダークキャッスルのファンの皆さん、ダークキャッスルDJ達のご機嫌なサウンドで、死ぬ迄踊り続けて下さいね!!
You can enter RUIDO K4&DecaBar Z.


東京都新宿区歌舞伎町1-2-13 新光ビル
Tokyo-Shinjuku, Kabukicho 1-2-13, Shinko Bld.




[Live]
AUTO-MOD / bulb / BACTERIA / W.A.R.P. / REMNANT / SICth

[DJ]
Chihiro / TAIZO / WAKANA / Götediener / Takuya Angel / 裏口入学 / RayTrak / DORA(CyberAgeVooDoo) / kihito


[Gothic Bellydance]

MAYU


[Fashion Effects]
PureOne Corset Works / TADACy / …and More!!


[Photograph]
GR-TAKA


[公式カメラマン]
はっしん


Open / Start 24:00
Adv : 3,500 円+drink
Door : 4,000円+ drink



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
追悼 アナーキーのマリこと逸見泰成氏を偲ぶ。

マリ 逸見泰成を偲ぶ。
カッパンクとマリと最後の思い出。



6月4日朝、アナーキーのマリが死んだ。 未だ57だった。
今のバンド状況を見ると、未だ未だやれる年齢、やっぱ早すぎるよ……。
ましてや、あいつの今のバンドJacksも良い感じで、動いてたし………。


連絡を受けた時は、5日の昼だった。
その時は、未だ詳しい事が何一つ分からず、悪い冗談にしか思えなかった。
信じられない、だって、3月のカッパンクにAUTO-MODのゲストとして出て貰って、Born to Be Wild と I Wanna Be Your Dogで盛り上がったばっかりだし、その夜、マリのうちに泊まって、朝まで呑んでたんだぜ………。
まじピンピンしてたし、何一つ変わった事なんて無かったよ……。
マリの彼女に連絡すると、只々泣くだけで、要領を得なかったが、はっきりした事が一つ、やはりマリは、亡くなっていた。


逸見泰成 通称マリ、もう30年を遥かに越える友人だ。
マリ、マリと呼んでたけど、本名は泰成、マリってのは、単なる辺見マリから取られたあだ名だった訳で、でも俺にとっては、奴は永遠のマリだったよ。


あいつとは、何故か昔から仲が良かった。
あいつは、僕より二つ、三つ若くて、なんにつけても、初々しかったな(笑)!!
アナーキーって、元々。ヤマハ主催のアマチュアコンテスト「EastWest」出身で、しかも暴走族上がりで、しかもパンクだって言うから、ある意味何から何まで斬新で、ある意味ライブハウス上がりの俺達とは大違い(笑)。
そんなスタンスのバンド居なかったから、ライブハウス界隈じゃ、独特のスタンスだったかも知れないな。
当時は、此方から見てると、幾分閉鎖的と言うか、そんなに色々なバンドと付き合ってる感じじゃ無かったな……。

そんな、アナーキーのメンバーの中で、何故かマリだけが俺達とつるんでたな……。
ARBのキース、マリ、布袋、まこっちゃん、ハートビーツのシャイ、そしてAUTO-MODの貢と俺で、良く小滝橋通りにあったロフトで遊んでたな……。
だいたいロフトに行くと誰かがいて、結局朝まで呑む羽目に……。
あの頃の新宿ロフトは、まさに俺達の青春の1ページだった。


いろんな事があった。
マジいろんな事が色々あり過ぎて、人前で言えない様な話しも沢山あっ て………。
でも、其れが、俺達のリアルな時代だったよ。


そして、あれから、35年も月日が経って、でもマリは何も変わらなかった。
良く、遊んだよ、ここ、数年は、AUTO-MODのゲストとして、セッションしたり、飛び入りでステージ乱入して来たり、兎に角俺達は、ダチだったよ。
近頃マリは、Jacksって言うバンドやってて、中々良いバンドで、ライブもコンスタントにやってて、かなり良い感じだったのに。
結局あいつとの最後は、3月19日のカッパンクが最後と為っちまった。

「カッパンク」、パンクの祭典、歌舞伎町をパンクで埋めつくせと、三年前に始まったこのイベント。歌舞伎町の複数のライブハウスを使い、行き来自由にして、しかも三日間もやっちまおうって言う、かなり凄いイベントで、AUTO-MODは、三年連絡の参加。
残念ながら、今年が最後と言う噂も有り、僕としては、トコトン破茶滅茶に楽しみたかった。
しかもこの日は、同じロフトで、僕は、4時ごろメインステージで、マリのJacksは、バーステージで8時頃ライブやるってんだから、お互いのステージの間も良い感じに空いてるし、こりゃマリ誘って遊ぶしかないなと、即電話。

今回はステッペンウルフのBorn to Be Wild と ザストゥージズのI Wanna Be Your Dogをやる事に。

マリとは、何遍か、セッションらしき事をしているが、大概破茶滅茶になっちまう、まああいつが呑み過ぎて、メチャクチャになっちまうなんてパターンもあるが、兎に角楽しくてメチャクチャになっちまう(笑)。
今回は、メチャクチャに成らない様に、当日入り時間の一時間前にスタジオに入って、一時間程リハーサルしてステージに臨みました。

なんか、往年の名曲のコピーをやるって純粋に楽しいですよね!!

それで、ライブはどうだったかって? 当然大盛り上がりで大成功。

そして、やっぱり最後はメチャクチャ(笑)!!

AUTO-MODの曲を4曲やった後、マリをゲストに呼んで、ご存知Born to Be Wildを渋めにかまして、なんか、普通のロックバンドみたいに、ご機嫌になって(笑)……。

最後は、ザ ストゥージズのI Wanna Be Your Dogを、当然滅茶苦茶になるまでやってやりました。


最後は、モニタースピーカー客席に投げ込んでやろうとしたけど、頭の上まで持ち上がらなくて辞めました(笑)!!
久しぶりに暴れた感じでしたよ。
なんかマリもガキンチョみたいに楽しそうな顔してたな(笑)!!

そして、三時間後には、マリのJacksのステージ。
酔っ払ってたから、よく覚えてないけど、始まりに、なんか俺がMCみたいな事やっちまった様な気が……(笑)。
いやあ、Jacks、メチャロックンロールで、ご機嫌でしたよ!!

そしてやっぱりパンクバンドですよ。
メチャ盛り上がり、パンクス達も新しいマリのバンド、しっかり受け止めたって感じ!!
なんか、マジ良いイベントだったな……。
マリは、やっぱりパンクスには、大モテ、皆んなマリと写真撮りたがってましたよ!!

ヤッパリアナーキーは、パンクバンドだったんですよ(笑)!!
こんな写真も、 ハットトリッカーズのケンちゃんとマリ、不思議な写真になりました(笑)。

ライブが終わったら、お決まり新宿西口思い出横丁の「つるかめ食堂に移動して、全開馬鹿乗りで、大騒ぎ(笑)!!

マジ、呑みまくりました。
何故か混じってた名古屋のシステムファッカーのゆうたが良い味だしてくれてました(笑)!!

呑んだの初めてだったけど、良い奴でしたよ!!
AUTO-MOD、Jacks、SYSTEM FUCKERでライブやりたかったですね………。
そして、最後はメチャクチャに(笑)!!



あんな楽しい夜を迎えて三カ月後に、こんな事態を迎えるなんて、夢にも思いませんでしたよ。
最悪と言うか、悲し過ぎますよ……。


つるかめ食堂」でしこたま呑んで、タツシの家に泊めて貰おうとしたら、マリが、俺の家に来いってんで、東武練馬迄タクシーで連れてかれて、マリと朝迄呑みましたよ。
なんか、昔の事から、今の事迄色々喋ったな………。
ひょっとしたら、こんなに喋った事ないくらい話ししたな……。
しかし、まさか、あれが最後に成るなんて……。


帰りは、駅迄送ってくれて。
なんか、桜が、いっぱいあって、お花見しょうぜって言ってたんだけど、天候のせいか、花見は出来なかった。
花見したかったな………。

だからあの日の駅での別れが最後に為っちまった。
あの日の人なつっこそうなマリの顔が、頭から離れられないよ。

昨夜は、何度も繰り返しあのカッパンクでの演奏を見ていた、見れば見る程信じられない。
全てが、悪い冗談にしか思えない。
でも、もう、マリは其処には居ないんだよ。
AUTO-MODが解散したら、マリとバンドやるのも悪くないななんて思って居たのに、あいつのギターで歌う事は、もう出来ないんですね………。
それどころか、もう二度と一緒に酒を呑む事さえ出来ない。
哀し過ぎるよ。


マリ、馬鹿野郎、早過ぎるよ………。
暫く僕は、普通じゃ居られない感じです。
でも、今は、祈るしかない、マリ、お疲れ様、近いうちに、俺もそっちに行くから、宜しく頼むよ!!


兎に角安らかに眠ってくれ、そして先にあの世で、ロックンロールかましてくれよ。

そんな訳で、マリ、暫くおやすみな!!
そして、又あったら、ご機嫌なロックンロールしようぜ!!
そして又、呑みまくろうぜ!!

其れまで、あばよ!!
安らかに眠ってくれよ!!



マリ、永遠に!!

Good-bye Mari,see you soon !!


AUTO-MOD ジュネ




東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
ダークキャッスル新しい場所を発表します。
土曜日は、朝迄お疲れ様でした!!


東京ダークキャッスルVol.113 ジャパンゴスデー、無事終了致しました。
又もや天気予報を覆し、晴天の中でのダークキャッスルの開催!!
ダークキャッスル、本当に雨降りませんね……。
夜中なので、晴天の必要は無いのですが、兎に角又々雨は降りませんでした(笑)!!
ダークキャッスルの開催時の降雨率は、もう既に2%切ってるかも、しれませんよ!!
なんだか話しがかなり脱線気味で始まりましたが、6日の土曜日は、本当にお疲れ様でした!!

今回の東京ダークキャッスルは、5月第1土曜日をジャパンゴスデーと決めて、初めてのジャパンゴスデーの一環としての開催でした。
まあ、いきなりジャパンゴスデーと言われても、なんだそりゃとなるのが関の山ですが……(笑)。
そりゃ、かなり強引でしたが、物事、やってみなくちゃ始まらない!!

やってみたら、結構もりあがるものですよ!!

素敵なお客様、いっぱいやって来て下さいましたよ!!

大阪のブルーさんカッコ良かったな!!
アギちゃん、今日も素敵だったな!!

ワカニャンは、クローン連れて来てるし(笑)!!

今回も海外から、素敵なお客様がいっぱい来て下さってました。

バンド、パフォーマンス、DJと怒涛のライブも堪能して頂けたかな!!

まあ、そんな訳で、今回、かなり独断的でございましたが、兎にも角にもジャパンゴスデー第一回目を発進させた訳で、まぁこういうものは、今後、大事に育てていけば良いものだと思いますので、皆さまには、今後とも5月の第1土曜日は、ジャパンゴスデーと言う事で、宜しくお願い致します!!

そして、そんな強引な開催でございましたが、そんなイベントに、今回たくさんお集まりを頂き、皆様には大変感謝いたしております。 本当にありがとうございました。

来年も5月の第一土曜日にジャパンゴスデーを開きます。 連動して何かゴスイベントを開きたいと言う方がいらっしゃいましたら連絡ください、一緒にジャパンゴスデーを盛り上げて行きましょう!!

と言う訳で、土曜日の深夜から朝迄本当にお疲れ様でした。
改めて、いらっしゃって下さいましたお客様、出演者、関係者の皆さま本当にお疲れ様でした。
本当にありがとうございました!!

レポートの方は、後日アップ致します。

処で、ここに、次のダークキャッスルの開催を発表いたします。

情報解禁

皆様ご存知の通り、東京ダークキャッスルは、渋谷から新宿MARZを本拠地として、新宿の地で、10年に渡り活動して参りましたが、昨年12月をもって、聖地MARZを去る事と成りました。
MARZなき後、その去就を注目されていた東京ダークキャッスルですが、遂に新しい場所をみつけました。
そして、遂に、7月の1日土曜日深夜に、東京ダークキャッスルは、新しい歴史を刻み始めます。

新しい場所は、新宿区役所通りに在る、新光ビルの二つのお店。

デカバーZとルイードK4デス!! 住所は、東京都新宿区歌舞伎町1-2-13. 新光ビル5F&B2.での二ヶ所同時開催となります。

デカバーZは、皆様ご存知のクラブイベント東京デカダンスを運営している怪しいフランス人アドリアンがその本拠地として作ったクラブです。
今やその存在は、アンダーグランドクラブシーンを牽引している、まさに東京地下クラブシーンの要の様なお店です。
雰囲気はあるし、音響も良いし、今や、DJ系アンダーグランドイベントには、欠かせない場所となっています そして、同じビルの地下二階には、ライブハウスとしては、まさに老舗中の老舗、あの新宿ルイードが、移転して出来た、新宿ルイードK4があります。
今回は、このK4が肝なんですよ!!
かなり悩みましたよ!!
やっぱりMARZってのは、ダークキャッスルをやるのには最高の場所だったんですよ!!
何せ音は最高に良いし、雰囲気もある。 交通の便が良い。
しかも、楽屋も中々たのしめる。
そして、スタッフが良いと、かなり好条件が並び、やはりダークキャッスルの聖地となるべき場所であった貴重なライブハウスでありました。
そして其れに替わる場所を見つける事は、かなり大変な事でありました。
しかし、其れをクリアすべき場所の発見はかなり難航しましたが、今回デカバーZとルイードK4を同時に使用する事で、殆どその問題をクリアする事ができました。
K4なら、音も、照明も、広さも申し分なく、又、交通の便も悪くはありません。
そして、デカバーZと共に使用する事で、異空間のイメージを作り上げる事が容易にさえなりました。
この同じビル内の二つの施設の同時開催は、初めての試みとなります。
ある意味画期的イベントとなる事は、間違いありません。
と言う事で、東京ダークキャッスルは、この最高のクラブと、老舗のライブハウスを同時に使って新光ビルの五階と地下二階をエレベーターで繋いだ、新しいダークキャッスルを開催致します。 当然行き来自由デス!!
又K4のエレベーターの前には、たくさんのゴシックフェッテッシブースを並べ、華やかな、アンダーグラウンドマーケットも楽しんで頂くつもりです。

そんな訳で、今回、 クラブとライブハウスの二つの異空間を繋げ、ダークキャッスルは、新たなる世界を作り上げます。


最高のDJ環境とライブ環境で、ゴス&インダストリアルの新たなる聖地を作り上げるつもりデス。 そして、そこに新たなる歴史を刻むのは、皆様です!!
どうか、皆様なりの、新しい東京ダークキャッスルを作って行って下さい!!

そんな、デカバーZ、ルイードK4同時開催の東京ダークキャッスル、第一回目は、7月1日、土曜深夜に開催されます。
そして、デカバーZ&ルイードK4記念すべき第1回目の出演バンドを発表します。
AUTO-MOD bulb BACTERIA W.A.R.P REMNANT SICth
以上6バンドが、新しいダークキャッスルの幕開けを彩ります!!
他に、ダンス、SMパフォーマンス、その他色々企画していますので、楽しみにしていて下さいね。
詳細は、数日中に発表いたします。
取り敢えず、7月1日の深夜は、バッチリ予定を空けておいて下さい!!


これからも、東京ダークキャッスルを宜しくお願い致します!!




東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング