<< February 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
ゴーゴーカレーが激辛?カレーを出しました!!

あのゴーゴーカレーが、激辛カレーを出したとか……(笑)!?


ゴーゴーカレーと言ったら、どちらかと言うとあまり辛くないカレーと言う印象を受けますよね。
辛いカレーが好きな方にとっては全く辛くないと言われそうなカレーでもあります。
そんな、ゴーゴーカレーが、辛口のゴーゴーカレーを出したんですよ。
しかもレトルトで、あのドン・キホーテ限定の販売との事。

このカレー、その名を『驚辛ゴーゴーカレー』これ、『驚安の殿堂ドンキホーテ』に因んだネーミングなんでしょうね。

そんな訳で、早速ドンキで買ってきましたよ、『驚辛ゴーゴーカレー』。

一緒に喰べるのに、松乃屋のロースカツとカキフライを購入。
ゴーゴーカレーと言ったら、絶対揚げ物と喰べたいカレーですよね。
いや、揚げ物と一緒に喰べる為にあるカレーだと言っても間違いないとさえ僕は思ってますよ!!

そんな訳でこちらが、『驚辛ゴーゴーカレー』にロースカツとカキフライを乗せた、『驚辛ゴーゴーカツ&牡蠣フライカレー』です!!

これ、意外に旨かったですよ!!
やっぱり、ゴーゴーカレー、揚げ物にあいますね!!

このカレー、『ハバネロの威力で史上最強の辛さ』なんて、コピーで紹介されてるみたいですが、LEEの20倍よりは、辛くないんじゃないかな。

元々、ゴーゴーカレーってのは、しっかりし過ぎる位のしっかりボディの味付けなんで、ちょとやそっと辛口なった位じゃ、全然味がぶれませんね。
辛く成ろうと、正真正銘ゴーゴーカレーの味で責めまくってくれますよ(笑)!!

てな訳で、ゴーゴーカレーならと、カツにソースかけて、刻みキャベツ絡ませて、いや、ゴーゴーカレーは、この喰べ方がベストですね!!

カツカレー喰べるなら、ゴーゴーカレー、しかも辛くて尚美味しい!!

辛口好きな僕には、当然、通常のゴーゴーカレーより、好みと言うか、結構はまりましたよ。

こりゃ、買い溜めるか(笑)!!

出来るなら、この辛口カレーお店で喰べてみたいな……。

レトルトだけなんて、もったいないですよ。

ゴーゴーカレーに、辛口ファンが押しかけるかもよ(笑)!!

まあ、激辛マニアには、序の口だけど、まあ普通に辛いカレーって事で、中々ですよ!!


そんな訳でこちらが、ドンキホーテ限定、『驚辛ゴーゴーカレー』にロースカツとカキフライを乗せた、『驚辛ゴーゴーカツ&牡蠣フライカレー』で、かなり楽しめたジュネ様でございました(笑)!!

ドンキホーテのみの限定販売で、1個税抜き313円、まあ、妥当な値段じゃないですか………!!

又、買ってこよう(笑)!!


そういや、僕達東京ダークキャッスルの本拠地、新宿MARZの上には、ゴーゴーカレー歌舞伎町スタジアムが在るんですよ!!
夜23時には、閉まっちゃうんで中々行けないんですけど、今度リハーサル前にでも、行ってみようかな!!

そんな訳で、次のダークキャッスルですが、ベルリンから、お洒落な連中がやってきますよ!!

■AUTIST (from Berlin)
日本でも近年人気のベルリン拠点のファッション・ブランド、TATA CHRISTIANEのデザイナーであるJulie Bourgeois(Synth)とHanri Gabriel(B. Vo)を中心に、VJアーティストのValを加えた3人で活動していたオルタナティヴ・ロック・バンド。
だ。

ANIAETLEPROGRAMMEUR(2012年来日)。そこに元CRYSTAL CASTLESのドラマー、Christopher Chartrandが融合して発展的に進化した新バンドがAUTISTだ。


ヨーロッパではエレクトロ・シーンからモダン・ポスト・パンク/モダン・ゴス勢にも圧倒的に支持されている、ストロボ・ライトとスモークに包まれながら放たれる、サイケとグランジ、ダンスとパンクが融合した硬質で尖った分厚いオルタナティヴ・ダンス・パンク・サウンドは、先鋭的なポスト・パンク好きの方なら瞬殺されること必至!今回の来日はJulieとHanriの2名でのライヴ・セットですが、見逃し厳禁です!!

AUTISTの音は、こちらでチェックお願いします!!
AUTIST - Serial
https://www.youtube.com/watch?v=VICR4qZbUXY

皆さん、2月27日深夜、新宿MARZで待ってますよ!!

TOKYO DARK CASTLE Vol.105


2016.02.27(Sat Midnight) at Shijuku MARZ

* Open / Start 24:00
* Adv 3,000円(+1drink)
* Day 3,500円(+1drink)
Ticket Reservation(前売予約)http://tokyodarkcastle.org/info/reserve/reserve.html

* Ticket Reservation(前売予約)
* Shinjuku MARZ

予約は、此方からお願いします!!http://tokyodarkcastle.org/info/reserve/reserve.html


《band》
AUTO-MOD
AUTIST (from Berlin)
REMNANT
D×U×S
W.O.R.M
666(Three Six)


[VJ]
kihito / AZVSA chainsaw
[Fashion Effects]
PureOne Corset Works / TADACy / and more!!

[Photograph]
GR-TAKA
[公式カメラマン]
はっしん













東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
今年初のダークキャッスル、今年も最高の幕開け致しました!!
お疲れ様でした、今年最初のダークキャッスル、最高に楽しく終了致しました!!


写真は、全て公式カメラマンはっしん君が、撮ってくれた物です。

先週の土曜の深夜は、本当にお疲れ様でした。
やっと今年も、いい感じに、東京ダークキャッスル、スタート切れましたよ。

まあ、全てが良い感じって訳でもなかったデスけどね。
いやあ、天気ですね。
雪確実みたいな、前予報。
夜中に出歩くには、ちょと辛い状況でしたからね……。

いやあ、しかし、自分で言うのも変な話しですが、本当に僕は、晴れ男デスね(笑)!!

今回、あれ程降るぞ、降るぞ、雪だ、雪だと騒ぎ立てといて、やっぱりダークキャッスルの前には、雪どころか、雨も降りませんでしたよ!!

ホントに、ダークキャッスルは、傘要らずのイベントです。

実際もう、軽く100回以上やってるダークキャッスルでございますが、思うに、傘さして、ライブハウスのドアを潜った覚え、二、三回あるか、無いかでございますよ!!
実際台風などには、再三ぶち当たって居るんですが、これが又、台風さえ、避け切って来ましたからね(笑)!!
これって、かなり驚異的な事ですよね。

そんな訳で、かなりの雪の前評判に、客足は、かなり遠退きましたが、今年最初のダークキャッスル、しっかり熱いイベントかまして、2016年の幕を切って落としました!!


今年初のダークキャッスル、面子は、飛び切り豪華にやらせて頂きましたよ!!
兎に角、実力派揃い。

今年1発目のダークキャッスルと言う事で、今回は、ジャンルに囚われず、ロック本来の暴力的パワーをバーストさせるような、パーティを作るつもりでのブッキング、どのバンドもその道のトップと言う、凄みのました一夜でしたよ!!

一番手は、 W.A.R.P.


やっぱり、最高のダンスビートミュージックを炸裂してくれましたよ!!

リーダーで、ギターのYONEちゃんをはじめ、兎に角メンバー全員実力者揃い。
しかも、あれだけ骨太なサウンドなのに、全員がトリッキーな雰囲気持ってて、実力に裏付けられながらも、とことん見せる演奏が出来る。
なんか、全然違うけど、ジグジグスパトニックみたいな、デジタルギミックな雰囲気さえ見せてくれるし、ほんとに不思議なバンドです。

ギターのYONEはギターからレーザー発射し捲りの、天井から逆さにつるしたマイクスタンドにかぶりつきのと。
そして出してる音は、超ギミック、超クール。

ボーカルのカナブンはとにかく踊りまくり。

その狂ったように踊り狂う、巨大なゴキブリ、いや、巨大カナブンを止める事は誰にもできません。

まさにダークキャッスルのダンスキングといったところでしょうか(笑)!!
そんなカナブンにつられ観客たちもダンスのるつぼにその身を委ねる。
一発目から、ホントに盛り上げてくれましたよ!!

まさに、DANCE Crazy、ほんとにかっこいいバンドです。
これからもダークキャッスルにどんどん出しますんで、宜しくお願いします!!


2番目のバンドはCRACKS

最高にカッコイイ、今日本で1番のサイコビリーバンドです。
全員がゾンビメイクを施した、まさに血みどろのゾンビ軍団、ご機嫌なサイコビリーサウンドで、観客をショックホラーの奈落に引きずり込みます。

サイコビリーと言うと、ちょっとやばい連中のやばい音楽と言う感じもしますが、基本はロカビリー。

パンクや色々の影響受けてますが、基本は、ウッドベースのスラップ奏法を多用したバチバチの激しいロカビリー。
意外と僕は、ストレイキャッツとか大好きで、サイコビリーとかも、かなり好きなんで、楽しくてしょうがないんですよ!!
海外ではゴスバンドとサイコビリーバンドは、幾分近いとこにも居る様で、同じ場所で演奏することもあるようですよ。
ほんと別にサイコビリーだとか、ゴシックだとか分ける必要もないので、面白い物は、面白い。

ガンガンやっちゃえば良いんですよ。
今回で、ダークキャッスル二度目の出演となる、CRACKS。
ダークキャッスルのお客さんも、皆んなCRACKSの事が分かって来てて、ご機嫌のなクラックスサウンドに載せて、サイコビリーには、欠かせない、サイコモッシュ、レッキンを誘発。

会場は、狂乱のレッキンタイム!!
本当は、僕も加わりたかったのですが、何せ、出番が次だったので、残念ながら、楽屋で、メイクしながら、レッキンしてましたよ(笑)!!
ほんとにこれから東京でもガンガン、サイコビリーと、ゴシックで、悪夢のダンスパーティーを繰り広げていきたいと思ってます。
CRACKSさん、今回はダブルヘッダーになるのに、無理言って出て貰って、本当にありがとうございました!!
又、ガンガンやりましょうね!!

AUTO-MOD
てな感じで、かなり盛り上がった中、三番手に登場しながら、そんな盛り上がりに、水をさす静寂と荘厳さを前面に出したSEで、始まったのが、我がAUTO-MOD……。

じつは、当初は、ハードな曲ばかり集めて、飛び切りハードでヤバ目な曲ばかりでやるつもりで居たんです。
何せ今回のダークキャッスルのサブテーマは、『暴力的に愛したい』だった位デスし…。
まあ、新年早々どれだけハードにやれるかの挑戦してみようかとも思ってたんデスが……。
実は、デヴィッド・ボウイが先月の10日に亡くなってしまい、それは、僕達にとって。余りにも大き過ぎる死でありました。

デヴィッド・ボウイ、その存在は、ロックヴォーカリストと言う道を選んだ僕にとって、あまりにも大きく、その影響は、計り知れぬものが在り、僕のヴォーカルスタイルの何割かは、確実に彼から派生したものである事は、否めない事実です。
又僕だけで無く、ユキノやヒカルにとっても、デヴィッド・ボウイの存在は同じ、または、それ以上のものであり、ユキノに至っては、そんなデヴィッド・ボウイの死は、正に事件だったんじゃないかな。
そんなデヴィッド・ボウイの死に、追悼の意を表さないなんて、あり得ない事な訳で……。

そうなると、自ずと今回のセットメニューは、変わって来る訳で……。

因みに、今回は、こんな感じで、やらさせて頂きました。

SE Warszawa
1. Ziggy Stardust

2. Queen of Vicious
3. Devil Dance

4. Dance with 20th Century
5. Belzebuth

6. 禁呪

そんな訳で、ちょっと、AUTO-MODだけ『暴力的に愛したい』とのテーマから、かなり離れたステージとなってしまいましたが、ロック界の偉大なる巨星の死に、全身全霊をかけて、この日の演奏を捧げ、プレイいたしました。
まあ、上手く行ったかどうかは、別として、皆さんにも、気持ちをシェアして頂けた様な気もしたので、まあ悪くは無かったんじゃないかな……。
そんな、訳で、一人ノリノリの雰囲気を壊しちゃったAUTO-MODですが、どうか分かって下さいね!!
気持ちは、伝わったと信じております。
そして、改めて、ここに、偉大なる、ロックスター、デヴィッド・ボウイの偉大なるフィナーレに、謹んで祈りを捧げます。
デヴィッド・ボウイありがとう、そして、安らかにおやすみ下さい。


BAAL
そんな、ちょっとしんみり目のAUTO-MODの後を受けて三番手としてステージに立ったのは、日本のパワーインダストリアルロックの至宝BAALです。


今年からは、日本とアメリカを又にかけた、グローバルな活動を展開することになったBAAL。
しかし、アメリカの活動が増えると、日本での活動は、やはり少なくなる訳で、今回以降の日本のライブは、10月以降になる予定。

そんな訳で、今回のBAALの気合いの入れようも、正に半端ない出来でしたよ………!!

いやあ、もう最高の盛り上がりで、バーストしてましたよ!!
まさに雷鳴、畳み掛けるようなアランの超パワフルドラム。

巧妙に配されたエレクトロのジャングルに絡みつき、大木をもへし折る、ミキトのアナコンダのうねりの様な獰猛なギターリフ。


そして、聞く度に、バイオレンスとパワフルさを増す、U-tarouのデス・ヴォイス。



MIKITO(Guitar&Programing)
U-tarou(Vocal)
Alan(Drum),
この3人の邪神が繰り広げる、ラウドインダストリアルの衝撃は!まさに、嵐の雷光、その鋭き爪に弄ばれた観客達は、陶酔と、興奮に、死ぬまで踊りつづけてましたよ(笑)。
ほんとに、最高の時を満喫しましたよ。
やっぱり、ダーキャのBAALは、最高デス!!

DEMONS
そしてラストを飾ってくれたのは、僕の大好きな、ヘビーラウドハードロックバンド、DEMONSです。

ほんと、DEMONSカッコイイですよ!!
そして、この安定感物凄いものがありますよ!!

こんなカッコ良くて、楽しいバンド、ホントにもっとみんなに、知ってもらいたいものデス……。

マジ勿体無いとしか、言い様が無い。
まあ、今回集まったバンドは、みんなそんな感じのバンドばかりデスけどね(笑)!!

兎に角DEMONS、BAALで、ガンガンに盛り上がったステージを更に熱くしてくれましたよ!!

そして、その貫禄と、ご機嫌なビートで、第104回東京ダークキャッスルのトリをしっかり勤めてくれました(笑)。
おかげで、今回のダークキャッスルは、年初めから、超ホットな夜になりました!!
DJもChihiro / TAIZO / WAKANA/裏口入学の、四人が、最高のパーティを盛り上げてくれました。

マジ楽しかったですよ!!

ホント東京ダークキャッスルは、楽しいイベントですよ(笑)!!

今回残念だったのは、雪の予報で、客足が遠退いた事だけでしたね!!

まあ、降らなかっただけでも良しとしようじゃありませんか。

ホントに新年早々、熱い夜を過ごせました。

ダークキャッスル、やっと年初めとなりましたが、これから一年、更にご機嫌で楽しい夜をお届けしますよ!!
最高に面白いパーティで、今年もメチャクチャ盛り上がって行きましょうよ!!

最後に、関係者、出演者、観客の皆様、本当にお疲れ様!!


2月のダーク、海外のアーティストも参加しますよ!!
かなり、バリエーション豊富な夜になると思います。
楽しみにしてて下さいね!!
また来月お会いしましょうよ!!


TOKYO DARK CASTLE Vol.105


2016.02.27(Sat Midnight) at Shijuku MARZ

* Open / Start 24:00
* Adv 3,000円(+1drink)
* Day 3,500円(+1drink)
* Ticket Reservation(前売予約)
* Shinjuku MARZ



《band》
AUTO-MOD
AUTIST (from Berlin)
REMNANT
D×U×S
W.O.R.M
666(Three Six)


[VJ]
kihito / AZVSA chainsaw
[Fashion Effects]
PureOne Corset Works / TADACy / and more!!

[Photograph]
GR-TAKA
[公式カメラマン]
はっしん

















東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
雪も雨も降りません、だって今夜はダークキャッスル!!
雪も雨も降りません、だって今夜はダークキャッスル(笑)!!


お待たせしました。
今夜は、今年初のダークキャッスル、今宵深夜より、妖しく開城いたします!!


2016年東京ダークキャッスルは、雨雪の心配も有りましたが、本日1月30日土曜日の深夜、何の問題も無く、ガチガチに激しくスタートさせて頂きます。

1発目のダークキャッスルは、ジャンルに囚われず、ロック本来の暴力的パワーをバーストさせるような、パーティで、正月ボケした頭をかち割りに行かせて頂きます。

ロックのヤバサを何時でも発動できる、ヤバヤバな、極上ガチガチダークロックぶちかましたいと思っています。

出演は
[Band]
AUTO-MOD

ロック界の偉大なる巨星の死に、全身全霊をかけて、この日の演奏を捧げます。

BAAL

今回を逃すと、暫くダーキャでは、BAALを見れないかも……。
今回のBAALは、絶対見逃しては、なりませんよ!!


CRACKS

日本で一番カッコイイ、サイコビリーバンド『CRACKS』。
明日の夜は、最高の悪夢が待ってますよ!!

DEMONS

最強のデモンズロックが、バーストしまくりますよ!!

W.A.R.P.

兎に角、死ぬまで、ダンス、ダンス、ダンス!!
ダンスクレイジーW.A.R.P.の底力を感じて下さい!!

そして、我がAUTO-MODを含めどのバンドを見てもかなりの実力者揃い(笑)、かなり豪華な顔ぶれじゃないかと自負しております(笑)。

DJはChihiro / TAIZO / WAKANA/裏口入学の、四人、こちらも、ダークキャッスルを代表する、DJで固めてみました。


絶対、満足して頂けるパーティになる事、確実の新年1発目のダークキャッスル、是非いらして下さいね!!

予約は、此方からお願いします!!http://tokyodarkcastle.org/info/reserve/reserve.html







東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
いよいよ明日は、初ダークキャッスルですよ!!
いよいよ明日は、初ダークキャッスル!!


お待たせしました。
今年初のダークキャッスル、遂に明日、土曜の深夜となって参りましたよ!!


2016年東京ダークキャッスルは、明日1月30日土曜日の深夜から、激しくスタートさせて頂きます。

1発目のダークキャッスルは、ジャンルに囚われず、ロック本来の暴力的パワーをバーストさせるような、パーティで、正月ボケした頭をかち割りに行かせて頂きます。

ロックのヤバサを何時でも発動できる、ヤバヤバな、極上ガチガチダークロックぶちかましたいと思っています。

出演は
[Band]
AUTO-MOD

ロック界の偉大なる巨星の死に、全身全霊をかけて、この日の演奏を捧げます。

BAAL

今回を逃すと、暫くダーキャでは、BAALを見れないかも……。
今回のBAALは、絶対見逃しては、なりませんよ!!


CRACKS

日本で一番カッコイイ、サイコビリーバンド『CRACKS』。
明日の夜は、最高の悪夢が待ってますよ!!

DEMONS

最強のデモンズロックが、バーストしまくりますよ!!

W.A.R.P.

兎に角、死ぬまで、ダンス、ダンス、ダンス!!
ダンスクレイジーW.A.R.P.の底力を感じて下さい!!

そして、我がAUTO-MODを含めどのバンドを見てもかなりの実力者揃い(笑)、かなり豪華な顔ぶれじゃないかと自負しております(笑)。

DJはChihiro / TAIZO / WAKANA/裏口入学の、四人、こちらも、ダークキャッスルを代表する、DJで固めてみました。


絶対、満足して頂けるパーティになる事、確実の新年1発目のダークキャッスル、是非いらして下さいね!!

予約は、此方からお願いします!!http://tokyodarkcastle.org/info/reserve/reserve.html







東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
今週の土曜日の深夜は初ダークキャッスルですよ!!

今週土曜深夜は、初ダークキャッスルですよ!!




お待たせしました。
今年初のダークキャッスル、遂に今週末となって参りましたよ!!

2016年は、今週末、1月30日土曜日の深夜から、東京ダークキャッスル、バリバリに激しくスタートします。
1発目のダークキャッスルは、ジャンルに囚われず、ロック本来の暴力的パワーをバーストさせるような、パーティで、正月ボケした頭をかち割りに行かせて頂きます。

ロックのヤバサを何時でも発動できる、ヤバヤバな、極上ガチガチダークロックぶちかましたいと思っています。

出演は
[Band]
AUTO-MOD


BAAL


CRACKS


DEMONS


W.A.R.P.


の5バンド、我がAUTO-MODを含めどのバンドを見てもかなりの実力者揃い(笑)、かなり豪華な顔ぶれじゃないかと自負しております(笑)。

DJはChihiro / TAIZO / WAKANA/裏口入学の、四人、こちらも、ダークキャッスルを代表する、DJで固めてみました。


絶対、満足して頂けるパーティになる事、確実の新年1発目のダークキャッスル、是非いらして下さいね!!

予約は、此方からお願いします!!http://tokyodarkcastle.org/info/reserve/reserve.html







東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング