<< July 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
暑い夏、パクチーで頑張りましょう!!
昨晩の晩餐は、パクチー三昧!!


昨日は、昼間地元の名物八百屋、『行徳フード』で、パクチーを買ってきたので、鶏肉と野菜で、パクチー祭り!!

鶏肉を酒で低温でじっくりゆでて、ジュネ様得意のジュネ風『よだれ鶏』。


鶏皮ポン酢!!

和風です。
これだけは、パクチー入れませんでした(笑)!!

そして、チキンステーキのチリソースのレタス包み。

チリソースには、パクチーいっぱい入れました。


それから、豚汁じゃ無いけど、豚肉の味噌汁にも、パクチー入れちゃいました。


そんな、バクチー尽くしで、日本酒いっちゃいました!!

日本酒でパクチーも、又いい感じデス!!

そんな感じで、昨晩は、パクチー三昧!!

なんか、サッパリして、夏に最適でした!!

そんな訳で、今日も暑い一日がはじまりました!!

さあ、頑張って暑さを乗り切りましょう!!

そんな訳で、皆さん今日も身体に気を付けて、お仕事頑張って下さいね!!






東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
地元行徳の焼き鳥屋『大好き』お勧めです!!
地元行徳の焼き鳥屋『大好き』やっぱり愉しいお店です。

一月以上前の事になりますが、100回目のダークキャッスルあれは、流石に疲れましたよ(笑)!!
もう、打ち上げもしないのに、ヘロヘロで地元行徳に辿り着いたジュネ様……。
いやあ、マジ、完全燃焼で御座いましたよ(笑)。

あの日は、自宅に10時頃着いて、シャワーを浴びて、一人オリーチェをつまみに祝杯を挙げて、そのままバタンキュー(笑)。

16時半位迄寝てて、身体は重いながらも、幾分腹も減ってきて、飯でも喰べに行くかと起き上がり、家族と向かったのが、地元の旨い焼鳥屋『大好き』。



うちの家族は、三人ともこの店のファン。


安くて旨い、それに、焼き鳥以外のアイデア料理も在ったりと、色々楽しめる店なんで、たまにしか行きませんが、良く行きたいねと口に上がる店です。

中々の人気で、時間によっては、混んでてなかなか入れません。

この『大好き』行徳だけじゃ無く、浦安、森下、平井など全部で5店舗もだしてる、やり手の店でもあります!!

その上大将の、大池さんが元気いっぱい、これも人気の一つじゃないかな……。

今回も店の戸を開けると、いつもの様に、ねじり鉢巻きの大池さんが威勢良く焼き鳥を焼いてます。

今日も元気が充満してますよ(笑)!!

店開けて、まだ20分足らずなのに、半分以上席が埋まってましたよ!!
さすが日曜。
でも、早々5時半前の訪問でしたので、家族三人、楽に入店できましたけどね。

奥の座敷も空いてたけど、カウンターを選択。
お店の雰囲気楽しみながら、家族三人あーだの、こーだの、楽しい時間です。

今日は、なんとワインからスタート。
しかも赤、いやあ僕の嗜好、随分変わったもんですよね……(笑)。

あっさりしてて、嫌みのない、爽やかな赤でしたよ!!

焼き鳥屋さんで呑むワインなんて、こんな感じで十分ですよね(笑)!!

そりゃ、ラ・フォルジュなんかで一杯なんてのも、素敵だけど、そんな焼き鳥屋、却って嫌だな(笑)!!

そんな訳、乾杯で御座います。

ダークキャッスル100回記念の成功と、家族三人で、こうして再びこの『大好き』に来られる事に感謝でございます!!

そして、この日出されたお通しは、チーズ揚げ。

頭から、良いもんだしてくれますよ!!

ホント『大好き』のお通しは、いつも一捻りで、最初から楽しませてくれます!!!!

ワインにトロトロチーズ、もう間違い無いスタートとなりました。


今回は、厨房には、大池さんしか男性スタッフが居なくて、あとは女性スタッフ2名。

一人は、ベテランさん、もう一人の若いお姉さんは、新人さんって感じですね。

今日は、早い時間なので、売り切れ必至メニューの、『はつおち、銀皮、ぼんじり』からスタート。

はつおち、

そして、少量しか入らないと言うハツおち。

中々の美味、これ好きなんですよ!!
ちょいと鰻の倶利伽羅みたいな見た目ですが、風変わりな食感は愉しく、これはほんとに、旨いデス!!


銀皮

そして、銀皮150円。
こちらも、直ぐ無くなる希少部位。
ハツの周りの皮と言う事らしいけど、初めて喰べました。

ぼんじり

脂がいい感じに抜けた焼き加減がたまりません。

ねっく

鶏の首肉、世に言うせせり身デスね。
柔らかくて、好きな部位です。


ハツや砂肝なんて結構癖のある定番も、此処では、安心して旨いです(笑)。


鶏モツの薫製

今回目をひいたのがこの、鶏モツの薫製。
新商品なのかな?

これ旨かったですよ!!
そんなに薫製感は強く無く、良い感じにレバーの旨さが引き出されてて、実に良いつまみでしたよ!!

これ、定番になりそうですよ(笑)!!

ササミのワサビマヨネーズ

これ、ササミレンジャーって、五色セットの一つでもあるんですが、創作焼き鳥なんでしょうね(笑)!!

ピーマンチーズ

ここら辺で、『大好き』名物の、ピーマンチーズ220円。
ピーマンにチーズ入れて、豚バラ肉で巻いちゃってます!!
これ、チーズがとろっとして、旨いんですよ!!
ピーマンにチーズ入れて、豚バラ肉で巻いちゃってます!!
うちのかみさんは、これが一番の好物です(笑)。

そして定番月見つくね。

こちらは、二本セットで、260円。
卵を絡めて喰べる、人気メニューです!!

ふあふあエッグのニンニク焼き
ニンニクの旨みが、卵に移り、まろやかな味に仕上がってます。


軟骨

なんで骨の周りの肉って旨いんでしょつね……(笑)。
コリっとした軟骨と周りの肉を同時に喰べる食感、たまんないんですよね(笑)!!
旨いデス!!


当然締めは、ラーメンでしょう!!

鶏スープのアッサリ塩バターラーメン。

ツルッとした麺は、喉越しも良く、居酒屋のラーメンとしては、上出来ですよ!!

そんなラーメンで締めようとしてたんですが、どうも、もうちょっとばかり、お腹が、寂しくて……。

頼んでしまいました、大好き丼デス!!

早いはなし、焼き鳥丼デス!!
あっさり鶏スープと一緒に、キッチリ喰べさせて、頂きました。

やっぱり、ここに来たら、焼き鳥で締めよ るのが、スマートと言うものです!!

これで、本当にお腹いっぱいです!!

ダークキャッスルの打ち上げ1人でやった様なものです。


この日は、僕が疲れてたのもあって、些かセーブ気味だったので、家族三人で、7千5百円でお釣り来た感じでした。

楽し美味しい物を呑んで、喰べて、この値段なら、やっぱりこの店、大好きデスよ(笑)!!

ダークキャッスル100回記念企画をやらかした次の日、身体はガタガタでしたが、家族と心落ち着く一時を過ごした、ジュネ様でございました。

そんな訳で、僕の地元行徳の人気の焼き鳥屋『大好き』、行徳消防署の斜め前です。
浦安店・森下店・平井店も在るみたいだから、皆さんも一度いらしてみて下さいね!!

行徳発の焼き鳥の味をお楽しみ下さいね!!

取り敢えず、一月前のネタで、済みませんでした………(冷汗)!!



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
今日のランチは、冷製夏野菜カレーです!!
夏野菜カレーって良いですよね!!



先程某食堂で冷製夏野菜カレーなるものを頂きましたが、味はさておき、夏野菜の彩りが良いですよね!!

夏野菜って、なんか唆られるんですよ(笑)!!


取り敢えず、カレーソースは、冷たく冷やされています。

生唐辛子をトッピングしたので、かなり辛みも味わえますが、カボチャや茄子の甘みが柔らかく包んでくれます。

近頃、あんまり辛いのは、ちょっと敬遠気味かな……(笑)。

今度自宅で、冷製夏野菜カレー作ってみよう!!

夏野菜いっぱい載せたいですね!!


しかし、それにしても暑いですね!!
皆さん、熱中症に気を付けてくださいね!!

午後からのお仕事頑張って下さいね!!

(^O^)/



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
永谷園のお茶漬けで冷たい鰻茶漬け!!
今日の昼飯は、永谷園のお茶漬けで、冷たい鰻茶漬け!!


暑いですね……。

本当に嫌になります!!

そんな、暑い日を乗り切ろうと、今日喰べたのは、冷たい鰻茶漬け。

別に「ひつまぶし」じゃ有りません。

単なる鰻茶漬けです。

冷たい御飯の上に、鰻並べて、その上に永谷園のお茶漬けを掛けて、ワサビ載せて、その上から、冷たい水をぶっ掛けました。

お茶漬けじゃ無くて、水漬けですね(笑)!!

本当だったら、ちゃんと出汁とって、冷やして、冷たい出汁掛けたお茶漬けと行きたいところですが、暑くて、そんなまどろっこしい事やる気も起きません(笑)!!

まあ、出汁とった茶漬けと比べると、イマイチかも知れませんが、とにかくかき込んで、元気が出れば良いんです(笑)!!

ワサビと鰻、相性良いんですよ!!

これなら、いくらでも喰べられます。

贅沢言ったら、三つ葉位欲しかったな!!

まあ、良いでしょう、そんな訳で、今日の昼飯は、冷たい鰻茶漬けで、満足のジュネ様でございました!!



東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング
緊急告知 時の葬列に灰野敬二氏参加!!
緊急発表
TOKYO DARK CASTLE presents
『時の葬列〜方舟の章 Vol.4』
2015年9月12日(土) @ 新宿 MARZ


撮影:船木和倖


今年は、AUTO-MOD結成35周年と言う事で、色々とこの節目に、我々AUTO-MODの活動を再確認する為のイベントを組んで居りますが、今回9月12日、新宿MARZに於いて、灰野敬二氏をゲストに迎え、AUTO-MOD / 灰野敬二 / DER EISENROST / BAALと言う、今迄のポジティブパンク在りきを前提の元に開催されて来た、過去の『時の葬列』とは、明らかに一線を画する、進化した時の葬列を提案する事に致しました。

今回、ゲストとして出演して頂く灰野敬二氏は、言うまでも無く、日本のノイズ、フリー・ジャズ、フリー・ミュージックの第一人者であり、ソニック・ユースのサーストン・ムーアをはじめとして、世界的にも数多くの信奉者を生んでいる、アンダーグラウンドミュージックの正に、カリスマ中のカリスマであります。

そんな、灰野敬二氏を迎えた今回の時の葬列、AUTO-MODと言うか、ジュネ個人にとって、灰野敬二氏とやると言う事は、大きな意味を持つ事と成るのです。
実は、35年以上昔、未だ10代の頃、僕は吉祥寺のマイナーで、ノイズシーンと関わり、僕自身もノイズミュージックの真似事などをしといました。
そんな僕は、吉祥寺のマイナーで、灰野さんと何度となく同じ時間を共有し、灰野さんのそのアンダーグラウンドミュージシャンとしての在り方には、多くの影響を受けたものです。
こうして35年以上経った今、ジャンルは全く違うモノでありながら、再び同じ舞台に立つ事により、さらなる血と肉を与えて頂けると、震えさえ、禁じ得ない処であります。

又、今回、灰野さんと共演する事となる、アーティスト達との科学反応も、大変興味深いものです。

前回の時の葬列で、その衝撃のパフォーマンスで、観客のど肝を抜いた、日本インダストリアルミュージックの至宝、DER EISENROSTが、前回に引き続き登場!!

中心人物の石川忠は、1993年、塚本晋也監督の「鉄男」他、数々のサウンドトラックを手がけ、現在まで、打ち込みエレクトロニクスに頼らぬ、自作のメタルパーカッションで、世界的にみても孤高なアーティストとして、先鋭的活動を展開し続け 、現在Der Eisenrost独自のサウンドを追求し、さらなるインダストリアルミュージックの飛躍を目指している。

そして、今回大抜擢されたBAALは、御存知、東京ダークキャッスルの若手インダストリアルバンドであり、ダークキャッスルの最強インダストリアルバンドとして知られています。

そんなBAALですが、度重なる、海外ツアーを続け、昨年は、あのインダストリアルロックのビッグネーム、Skinny Puppyと共に、アメリカ主要五大都市でのツアーを熱狂的成功で、終了させ、今や海外での知名度の方が国内での知名度より、遥かに高いと言う、今や確実にワールドワイドなバンドに成長したバンドに成りました。

そんな、バンド、ミュージシャンを集めての今回の『時の葬列〜方舟の章 Vol.4』、凄みに関しては、そのクオリティと共に、最強とも言うべきものとなりました。

今や、あらゆる音楽が又混沌の中に存在し、アンダーグラウンドの領域は、大きく拡がっています。

9月12日土曜日、時の葬列は、新しいテーマを提示します。

テーマの意味は、その目で確かめて下さい。

我々AUTO-MODも全力で頑張ります!!

時代は、まだまだ、動いて行くんですからね!!



AUTO-MOD結成35周年記念第三弾
TOKYO DARK CASTLE presents
『時の葬列〜方舟の章 Vol.4』
2015年9月12日(土) @ 新宿 MARZ
■Band
AUTO-MOD / 灰野敬二 / DER EISENROST / BAAL
■開場/開演
18:00 開場 / 18:30 開演
■料金
前売:3,300円 (+ドリンク) / 当日:3,800円 (+ドリンク)
■チケット取扱
イープラス
■発売日
2015年8月1日
■入場順
1.イープラス → 2.当日券
■会場
新宿 MARZ (03-3202-8248)
■お問い合せ
新宿 MARZ (03-3202-8248)





東京ダークキャッスル公式サイト 人気ブログランキング